ホテル

お庭に出てみました。

14_2

ロビーがある本館には客室が2階に6室

1階に1室

11_2

別館は1階がレストランとバー

2階がスィート3室

私たちが泊まった部屋は右側の窓ふたつのところ

寝室の窓(右)と浴室の窓(左)

いちばん左が露天風呂付きのお部屋

21

25

レストラン前のテラス

23

暖かくなったら こんなとこで寝そべってみたいね

27

枝垂れ桜も見てみたいし。。。

24

プールサイドへ行ってみましょう。。。

31

32

33

ここさ

日本人はよっぽどナイスバディじゃないと入れないよね (=^_^=)

34

でも、暖かくなったらここでシャンパーニュ飲むのはいいかも

35

パラソルが開くとこんな感じ‥

A_002

Green_water3

Elegant_resort3

写真:公式サイトより

真夏は暑いからイヤだけど

GW明けぐらいが最高かも

41

お部屋に戻ってまたまったり

チェックアウトが12時なのも嬉しい。。。

ここは何もしないでゆっくり過ごす大人のホテルですね。

THE KEY HIGHLAND IZU

| | コメント (0)

朝です。

3月11日(土)

ぐっすり眠れました。

朝風呂へ入ってまったり

温泉に来ると 夕、夜、朝 と最低3回は入りますね (=^_^=)

11

芝生の上の右側の3本の木は枝垂れ桜だそうです。

昨夜レストランの窓からライトに照らされた枝ぶりが素敵だった

満開の頃にまた来てみたいなぁ

12_2

朝ごはんは「朝寝坊の朝食」と題して 9時、10時、11時と選べ

私たちは10時にしてもらいました

なので朝はゆっくりできました。

14_2

珈琲、紅茶、3種類のジュースからオレンジを選んで

まずは採れたてサラダ 近くの農家さんの水耕栽培だそうです

海苔のドレッシングと人参のドレッシング

私は人参ドレッシングが気に入りました 美味しい~

逆光で暗いですね

15_2

少し角度を変えるとこんな明るく撮れます

サラダ パリパリで美味しい

16_2

またまたお野菜のてんこ盛り

17

バーニャカウダでいただきます

お野菜はみんな美味しい~

うん 朝ご飯は気に入った

最近 どこでも夕飯より朝ごはんのほうが美味しくいただける

年齢的に体が変わってきているのかな

こんなんじゃフランス行っても食べられないじゃん (=^_^=)

バーニャカウダソースも朝なのでニンニク少な目でクリーミーなソースでした。

写真には写ってませんがパンも出て美味しかったですよ

21

変わりおにぎり

これ 美味しかった。。。

右から 山葵菜のおにぎり 真鯛の西京焼き乗せ

ソーセージとアスパラのおにぎり スクランブルエッグ乗せ

高菜のおにぎり 明太子クリーム和え乗せ

少し大きめで三つ食べるとけっこうお腹一杯に

でも 頑張って今朝は食べちゃった (^。^)

23

スープはマッシュルームでしたがこれも美味しい

24

最後にヨーグルト

25

ベリー、みかん、キィウィ からひとつだけ選びます

私はベリーを ケビンは静岡みかん

あぁ どれもおいしかったぁ。。。

珈琲をいただいて

26

お薬 飲まなきゃ

なんだ これは~ …。(^.^;)

やだやだ

さて、お庭に出て少し歩こうかな (^。^)

| | コメント (0)

お夕飯です。

レストランは私たちが泊まっている別館の1階にあります。

E_res_1

E_ajax_6

写真:一休.comより

12

16

夜は私も少しだけお酒を‥

Moët & Chandonのロゼをいただきました

~始桜~

21_2

天城軍鶏 新玉葱 あさり

22

新玉葱のムースにあさり  モモ、砂肝、ハツ

おぉ これは、焼き鳥ゴールデントリオですね

しかし、私たち二人とも砂肝とハツ(他、臓物系)ダメなのでした (=^_^=)

チェックインの時に「お食事で食べれないものありますか?」と聞かれ

「いえ なんでもいただきます」と答えてしまってたので

いただきましたとも~

砂肝はなんとかいけたけど ハツはシャンパーニュで流し込んだわ

駿河湾の深海から 春の香りと。。。

23_2

手長海老に春の山菜

独活、ぜんまい、うるい、せり、たらの芽、せり、のびる 等

ビーツのソース

なんとな~く プレゼンテーションが弱いよね (=^_^=)

富士山サーモンと幻のみかん『黄金柑』

24_2

黄金柑にクリームチーズを合わせたのと

みかんのスライスとジュレといただくものと‥

朝獲れ地鮮魚

25

鯛 さざえ 鯛の皮の湯引きおろし和え 黒むつ

美味し~

26_2

伊豆の生わさびと大根のツマもサラダ仕立てで‥

キャンディーキャベツ(春)

キャンディーと名がつくほど甘いキャベツでした

天然塩を少しつけてひと口でパクリ

27

そのキャベツの揚げだし仕立て

28

お出汁はとても美味しいです キャベツの揚げだしなんて変わってる~

あしたか牛フィレ&ふじのくにポーク

ここまででけっこうお腹が膨らんでたので この量でよかった

31

このポーク とても美味しい

チーズがかかっているものと 塩・胡椒をつけていただくものと‥

別の器に三種類のソースもありました。

お野菜がみな美味しい。。。

32

クレソンの下にあしたか牛

どれも地の物を使っていますね (^。^)

梅肉ソースとフォンドヴォーソースとポン酢がありました。

伊東産鰤のたたき 三島大根

33

ぶり大根もオサレに‥

少し魚臭さが後味に残りましたが

もうこのあたりお腹一杯でいくらかケビンに食べてもらいました

金目鯛寿司 赤出汁

34

これは美味しかった

へんに脂がのり過ぎてなくて‥

寿司飯に山葵の茎が入ってて シソの実つけていただきます

ここのシェフって和食あがりなのかな?

創作和食ってうたってたけど

お料理はまぁ どれも普通。。。

でも、出汁は美味しかっし 赤出汁も美味しかった。

35_2

ヨーグルトアイスに静岡産 紅ほっぺ

苺 あま~い

おいしい~

おなかいっぱいだけど これは完食 (=^_^=)

ショコラ

41_2

『JOHN KANAYA』のショコラだそうです。

チョコでコーティングしたオリーブやういきょう風味のカレ(四角いチョコ)等面白い

Elegant_resort4

写真:公式サイトより

食後はエスプレッソをいただいて

D_ajax_2

写真:一休.comより

BARへ

42

ケビンはアイラ島の 「ラフロイグ」を

43

私はジンジャーティー (=^_^=)

この後、満月を観ながら温泉にまったり浸かって休みました。

| | コメント (0)

宿泊先は‥

11

THE KEY HIGHLAND IZU

金谷ホテルの系列らしいですよ

12

伊豆高原の別荘地に佇むわずか10室のプチホテル

Elegant_resort1

写真:公式サイトより

13

15

18

19

21

プールを見ながらのウエルカムドリンクはMoët & Chandonでした。

313

私たちのお部屋は別館の2階 3室あるスィートのひとつです。

A_ajax_7

写真:一休.comより

36

ベッドからの眺めも良いです。

37

テラスに出ると‥

38

52

55

56

芝生が緑の頃は綺麗だろうね (^。^)

ハート型の植え込み

58

バスルームは‥

41

アメニティはパリ生まれのブランド omnisens オムヌサンス

442

窓を開放にすると半露天風呂

本当は露天風呂のお部屋が希望だったのですが急に決めたものですから取れなかったのです

でも、これでもじゅうぶん気持ちよかった。

46

テラスからみた浴槽 もちろん温泉です。

45

一風呂浴びて‥

61

またまたシャンパーニュ

こちらは自宅から(ケビンが‥)持ってきた Louis Roederer

59

風は少し冷たいけど、横浜よりはやはり暖かい。。。

62

私は夕飯まで少し寝ることにしました。

68

桜のボンボンショコラだそうです。

672

69

63_2

| | コメント (0)

ほてるらいふ

2_7

朝食を済ませ、私はエステルームへ

直前まで大丈夫かなぁ と不安だったけれど

パンパンに張っていたリンパを流してもらったら

身体がとても楽になった

ケビンは本を読んで過ごしたという

15時のチェックインから12時のチェックアウトまで

ゆったりと過ごせたホテルライフ

プールもジムもないけれど 箱根の自然の中で気持ちをリセットするには

いい~ホテルなのではないでしょうか

新緑や紅葉の季節もまたすばらしいのでしょうが

冬の箱根も 静かでなかなか捨てたものでもないですよ

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

ウイスキーがお好きでしょっ

2

写真撮影:ケビン

しばらくは暖炉のそばでパチパチと燃え上がる火をながめていた

さて、場所をかえて‥

今度はケビンにお付き合い

2_2

ホテルのバーは中庭に面した雰囲気ある空間

ここでもカウンターに座り バーテンダーとの会話を楽しみながら

お目当ての酒を頼む

2_3

写真撮影:ケビン

カチカチカチッ と営業前にバーテンダーがアイスピックひとつで球体に仕上げる氷

この透き通った丸い氷は少しづつ少しづつ溶けるのでお酒が薄まらないのだ

ケビンが「ひさしぶりに飲みたいなぁ」と楽しみにしていたモルトウイスキーは

イギリスはスコットランド西端に浮かぶアイラ島のもの

アイラ島のモルトウイスキーは強烈なビートの香りが特徴で

島の蒸留所は全て海に面しており、海草の臭いを含んだスモーキーな香りが特徴である

今宵 ケビンが選んだのがそんなアイラ・シングルモルトから

3_2

ラガブーリン 16年

アイラモルトの中でも強烈なビート臭とスモーキーな香りが特徴である

こちらをダブルでいただく

隣に座っているだけで香ってくる 煙の香り‥

一口含むとそれは喉にからまりながら鼻腔にぬけていく

2_4

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

鮨 会席

Restaurant_main_03_2

上の写真はホテル公式HPより引用させて頂きました

ホテルのレストランはフレンチと鮨処とある

実はこのホテルに決めた理由にもうひとつ

ゆっくりと冬の鮨会席を楽しみたい というのがあった

箱根は山の上ですが、麓の小田原港であがった新鮮な魚が楽しめるのです

暖簾をくぐり 今夜私たちのために用意された大人の席へ‥

2

カウンター席って大好き!

お鮨屋さんはもちろん 小料理屋も居酒屋も板前さんとおしゃべりしながら頂くお料理は最高だ

そして、お料理のヒントまでいただけてしまう。。。

2_2

先付け

芦ノ湖産公魚と エリンギ、姫筍の唐揚げ

それぞれの食感がたのしい

2_3

お造りは 本鮪中とろ、かんぱち、ぼたん海老

うん 旨い!

伊豆産の山葵が甘くて刺身の味を生かしてます

本当だったらここで旨い日本酒っていきたいとこだ

2_4

焼き物は本たらば蟹の黄金焼き

そして追加料金で白子の天麩羅もいただく

2_5

2_6

ん~ん やっぱり 日本酒だよね

ケビンも私に付き合って今夜は白ワインを楽しんでいる

早くお酒 復活したいな

2_7

お凌ぎ

風呂吹き大根 柚子味噌掛け

これが またやさしいお味でおいしいのです

板前さんは大阪のかたで 関西の御出汁が効いてます

2_9

さて ここから握りが7貫でるとのこと

ネタをお聞きしたら 本鮪大とろ、鯛、子持ち昆布、海胆、金目鯛、小柱、海老

だそうです

ここで私たちは、子持ち昆布を小鰭に変えて頂き

さらに私は金目鯛を本鮪の赤身に、小柱を帆立に変えていただきました

2_10

2_11

2_12

2_13

2_14

2_15

2_16

2_17

そして私たちは〆にもう1貫 大とろを頂き

デザートはリビングの暖炉の席へ移動させていただきました

抹茶のクリームブリュレは小豆と求肥が入ってて

これまた美味しゅうございました

2_18

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

冬の箱根

2

金、土で箱根に行ってきました

まだ体調が完全ではない私の 心身を癒しにとケビンが連れて行ってくれたのです

思えば‥ おととしも術後に箱根の温泉に浸かりに来たっけ‥

そのとき帰りに寄ったホテルがとても感じがよかったので

今回はそのホテルに一泊することにした

雪景色がのこる箱根もなかなかいいね。。。

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

2_2

マウンテンビューのお部屋はじゅうぶんすぎるほど広くて居心地がよかった

白い大文字焼きがきれいです

2_3

写真ではわかりにくいけれど右奥の水色は相模湾です

晴れた日には房総半島まで見えるとか

2_4

暖炉を囲んだリビングルーム

夕方からシャンパンやワインもはいったフリードリンクサーヴィスが始まる

2_5

パチパチと燃える暖炉の火を眺めながら喉を潤していく

私も今夜はちょっとだけ お酒を飲んでみようかな

Photo

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|