« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »

2015年8月

ちびたのワイン会 14e

12

8月16日のワイン会 やっとUPできました~

シェフ遅くなってごめんね~ (=^_^=)

詳細は↑の写真をクリックすると拡大されて読みやすくなります

とても丁寧に書かれています (^。^)

1

今回はお盆の真ん中ってのもあってメンバーがなかなか集まらず

シェフのお料理関係の若い方々が参加されました

20代後半で こんな高級ワイン飲めるなんて 皆さんすごいなぁ

会費だって決して安くはないのにね

皆さん職業柄、投資のようなものらしいです 若いうちの学んだ事は一生物だからね

将来に向かって頑張れや~ (^。^)

32

さて、乾杯のシャンパーニュはKRUG(クリュック)

クリュギストと呼ばれる熱狂的なファンを世界中に持ち

ココ・シャネルやヘミングウェイも愛した素晴らしいシャンパーニュ

私も大好きなシャンパーニュです

なかなか飲めませんけどね(=^_^=)

11

43

白はこちらの2本

Puligny-Montrachet Domaine Henri Boillot 2011

ピュリニー・モンラッシェ ドメーヌ・アンリ・ボワイヨ

Meursault les chevalières Domaine Coche-Bizouard 2010

ムルソー・レ・シュヴァリエール ドメーヌ コシュ=ビズアール

ブラインドティスティングで出されました

(黒板では1本でしたが 当日2本になりました)

やはり難しいブラインドティスティング

当てた方は居ませんでしたが 面白いことにムルソーをもうひとつのピュリニー・モンラッシェの方に言い当てたり

えっ こっちがムルソー なんて驚きの声もあがりました

香りも味わいも異なる二つのワイン その深さを思い知りました

522

赤はこちらの2本

Olivier Guyot Clos de la Roche Grand Cru 2009

オリヴィエ・ギュイヨ クロ・ド・ラ・ロッシュ グラン・クリュ

Jean Marc Millot Grands Echézeaux Grand Cru 2013

ジャン・マルク・ミヨ グラン・ゼシェゾー グラン・クリュ

詳しくは黒板読んでね (=^_^=)

最近 あまりお酒の量がいただけない私は 赤に入る前にほろ酔い加減

少し口をつけてあとはケビンに渡してしまいましたがどちらもとても美味しくいただきました

61

ムール貝の香草バターオーブン焼き

62

ファイヤ~ 

64

厚切りサーモンのポワレ ラビゴットソース

63

アシスタントで活躍してくれたかっちやんが盛り付けてくれたデセール

かっちゃん いろいろありがと~

そしてお疲れ様でしたm(_ _)m

53

ちびたのワイン会 次回は15回だね

楽しみにしています

シェフ いつもありがとうございます (^。^)

| | コメント (0)

これが‥ まずいんです…。(^.^;)

1

木曜日 朝起きたら あれっ 左の耳が ホワンホワン してる

水の中に入った感じだ

なんだろう と起き上がったら くら~りと大きな眩暈が‥

ケビンを見送って もう一度寝たら治るだろう と二度寝

だけどやっぱり ホワンホワンしてるぅ

気にしないことにしようと母のお見舞いへ出かけたりしたけど

一向に良くならないどころか違和感が増し これはやっぱりへんだ

と耳鼻科へ受診したところ「急性低音障害型感音難聴」と言われました

どういう病気かというと‥

突難(突発性難聴)の軽いようなもので

突難は全部が聞こえなくなるけど 私のは低音のみが聞きづらくなるようです

また突難は再発しませんが こちらは繰り返しおきるようです

治療法は突難とほとんど同じでステロイドや血管拡張剤、利尿剤、ビタミン剤等の投与

原因は不明ですが疲労やストレスではないかと言われているようです

ステロイド治療がベストらしいですが 既に飲んでいるので

この薬をもらいました

2週間分 二箱です…。(^.^;)

2

これが利尿剤らしくって 蝸牛に溜まった水を排出するとか‥

メニエール病とかにも処方されるそうです

3

コップに入れてみると無色透明

お砂糖のシロップのように少しとろみがあります

とにかくまずい!って聞かされてたので 覚悟して飲んでみましたが

ん? それほどでもないじゃん だったのですが

何回か飲んでいくに連れて 最初ヘンに甘酸っぱくて‥後味苦くて‥が

やっぱり まずい!

毎回覚悟して飲んでいます

耳閉感は軽くなったり 戻ったりを今のところ繰り返してます

けっこう楽観的に考えていたのですが‥

暇なので同じ病名で書かれたblogなんかを覗いてみたところ

皆さん 月単位で治療にあたっているのですね

私、二週間分も薬いらねーよ なんて思ってました (=^_^=)

再発もあるらしいのでしっかり睡眠をとってお薬飲んで治さないといけないらしい

くすん。。。

ストレスが原因って この薬飲むことがけっこうストレスなんですけどぉ …。(^.^;)

| | コメント (0)

朝です (=^_^=) そして最終章‥


11

おはよ~

今日は朝ごはん食べたらすぐに帰ります

朝食は8時からなので それまで少しお散歩しましょうか‥

と、思いつつ 荷作りもあってそんなにゆっくり出来なかった

あっ でも朝風呂は温泉に入ってきたよ(^。^)

13

お部屋の前のお庭‥

小川も流れてて蛍の季節は綺麗なんだって

14

なんか 写真綺麗じゃないね …。(^.^;)

15

お水は綺麗よ (^。^)

21

お庭のテーブルでゆっくりシャンパーニュでも飲もうと

実はミニボトル持参できましたが‥

このままお持ち帰りです (=^_^=)

さぁ 8時過ぎたよ~ 朝ごはん食べに行きましょう

朝ごはんも「ラ・ブリーズ」では和食 東館の「ガーデン・レストラン」では洋食となってて

やっぱり朝ごはんも和食にしました

113

テラス席もオープンしてて気持ち良さそう

13_2

早く来たから良い席取れました(^。^)

22

23

Photo

公式サイトより↑

63

前菜とデザートがブッフェになってます

キッチンガーデンの採りたて野菜が並んでます

ヴァン・ムスーも惹かれるけど 昨夜飲み過ぎたのでやめておきます(=^_^=)

献立

本日の野菜ジュース、宇和島 川村農園のみかんジュース、矢板特産 完熟りんごジュース

北海道産大豆で作ったこだわり豆乳

旬の採れたて彩り野菜サラダ 各種ドレッシング、お塩と金山寺味噌で

ジョセフィンファームのヨーグルト 季節のフルーツ

53

二期倶楽部 滋養たまご”純”の生卵

菜園のお漬物と有明産焼き海苔 油茂の胡麻油

卵 美味しかった

たまごご飯なんていつも食べないけど 新鮮な卵だと違いますね

胡麻油をすこ~し垂らすといいとか‥

黒い湯飲みは「黒豆茶」というのでした

香ばしくてなかなか美味しかったです

41

~朝餉(あさげ)のにき菜重~

本日の特選焼き魚 旬野菜の煮物 二期倶楽部 滋養卵”純”の出し巻き卵

柚子の香る大根の鬼おろし 北海道産大豆の豆乳で作った自家製豆腐

42

白梅の南高梅の天然蜂蜜風味 低塩熟成無農薬梅干

本日のお味噌汁

大田原産コシヒカリの炊きたてご飯 又は お粥

このメニューだったら やっぱり和食だよねぇ

東館のガーデンレストランも惹かれるものあったけど

(なんでもパン・ケーキが美味しいとか‥)

歩いて10分程かかるし 時間ないし

やっぱりここは2泊だね (゜∇^*)

63_2

二期倶楽部ブレンドの珈琲、紅茶、又はハーブティー

和風小菓子

私はお夕飯の時も朝も ハーブティー

摘みたてハーブの香りが強くて美味しかった

マクロビみたいな小菓子はお口の中でモサモサしてました (=^_^=)

72

さぁ 1時間あればゆっくり朝食いただけるでしょう

と思ったら もう9時!

9時20分にタクシー頼んであります

急いでお部屋戻って 歯磨いて お手洗い行って と慌しい最後になってしまいましたが

二期倶楽部よかったです

今度はもっとゆっくり来たいな

以下 公式サイトの写真より

3_3

今度は秋がいいかなぁ (゜∇^*)

2

ちなみに東館のNIKI・CLUB&SPAはこんな感じだそうです↓

コンラン&パートナーズがデザインしたモダンなパビリオンが森の中に点在しています

Photo_2

二期倶楽部

隣接するアート・ビオトープも素敵です。

| | コメント (0)

お風呂‥

11_2

寝る前に一風呂浴びましょう

本館の内湯は温泉だそうです

お風呂入る前にちょっと「森の露天風呂」まで歩いてみました。

21

カフェの横の小路を入って‥

足元が明るくなっているので怖くありません

23

側には小川が流れてて あぁ 昼間だったら綺麗だろうなぁ

写真撮りたかったなぁ。。。

24

こちらが「森の露天風呂」

昼間は↓こんな感じ

公式サイトより‥

4

27_2

再び来た道を戻り本館へ

13_3

その間ずっとビリヤードやってたケビン

さて、お風呂入ろっ

12_4

うふっ 独り占めでした

ケビン 男湯は熱くて入れなかったって言ってたけど‥

女湯はちょうどいい~湯でした (^。^)v

1_2

こちらは公式サイトからの朝湯の模様‥

翌日早く帰らなければいけなかったので写真撮る余裕がなく

今回はサイトの写真使ってます (=^_^=)

2

こちらは東館「NIKI・CLUB&SPA 」のお風呂

5

温泉ではないそうですが‥

内湯と露天とあります

1_3

次回、エステも受けてみたいですね

| | コメント (0)

リキュールルーム

11

さて、お夕飯の時シャンパーニュ1本で済ませてしまった私たちは隣接するバーでもう少し飲むことに‥

12

まずは‥ 食後酒の定番 ソーテリヌをそれぞれいただきました。。。

お食事が軽いものだったので ん~ん なんかちょっと合わないような

大好きなお酒ですが‥

で、バーカウンターなんてひさしぶりなので‥

ここはいつも頂かないカクテルなんぞ頼んでみたくなりました

でも、カクテルってよく知らない私なのです (=^_^=)

32

バーテンダーさんに相談して ウォッカベースで爽やかなベリーっぽいのがいいな♪

とリクエストして作ってくれたのがこちら‥

34

コスモポリタン

ウォッカ、ホワイト・キュラソー、クランベリー・ジュース、ライム・ジュースをシェークしたものだそうだ

うん おいしっ (=^_^=)

ほんのり甘くて いくらでも飲めちゃうね

22

おつまみはなんと 畑で採れたトマト

昔懐かしい味がします (^。^)

14

カウンターにずらりと並んだウイスキー

41

スコティッシュウイスキーが好きなケビンは、中でもアイラ島のものがお気に入り

42

ブルイックラディ スコティッシュ・バーレイをロックで‥

50度と強いお酒ですがフローラルでエレガント

13

ピアノの生演奏も心に響いてきます

この方 素晴らしい演奏でした。。。

この時だけは‥ 何も考えずにいられたなぁ。。。

51_2

3杯目は せっかくなのでここのオリジナルを作っていただきました

これまた大好きなカルヴァドスがベースのカクテル

カルヴァドスとトニックとソーダーと三層になってて

フレッシュミントでとっても爽やか

52

ケビンはジャパニーズウイスキー 笹の川酒造の「山桜」に

あのイチローズモルトと同じ樽で作られたと聞いて興味深く頂いたけど

イマイチだったそうだ …。(^.^;)

13_2

外に出ると、昼間のまとわりつく暑さは去って 風が心地よかった

15

お部屋に戻ると‥

届いてました ケビン待望のお稲荷さん。。。

18

ケビン 「えっ こんだけ。。。」 (=^_^=)

112

16

17

| | コメント (0)

懐かしの「ラ・ブリーズ」

32

さぁ お夕飯の時間です

いろいろ頭をよぎりますが‥

ここはしばし楽しみたいと思います。。。

42

メイン・ダイニング「ラ・ブリーズ」

以前はフレンチでしたが 今年の5月から和食に変わったそうです

実はここのレストラン もう10年以上前になりますが‥

私の両親と4人で来たことがあるんです

その時はケビンの会社の保養荘(ここも素敵なんですよ)が近くにあってそこに泊まったんですけどね

翌日のお昼にここのレストランで当時フランス人のシェフだったお料理を堪能したのです

今ではその父も他界し、母も床に伏せておりますが

茶臼岳へ行ったり、沼ッ原湿原を歩いたのが昨日のように思い出されました。。。

1

公式サイトの写真から↑

二期倶楽部での夕食は、東館のガーデンテラスでフレンチとここの和食と選べますが‥

そんな思い出もあって ひさしぶりにこの空間に来てみたかったのと

やっぱり和食がいいかなぁ なんて年齢なのか 「ラ・ブリーズ」を選んだというわけです

皮の椅子があの頃と同じで これがとても座りやすくしっくりきました

12

奥に見えるガラス張りの厨房はそんなフレンチの名残で洋食風です (^。^)

65_2

ゲストも私達と同じぐらいな年齢層 お若い方もいらっしゃいましたが

ほとんどがご夫婦のようでした

厨房の横に個室もあって、お子様連れのご家族はそちらへと配慮されている

11

さぁ 今日のお献立は‥

夏の二期キュイジーヌ

~「畑からテーブルへ」をコンセプトに~

21_2

和食 といってもフレンチの要素が入ったお料理のようです

22

なので、お酒も日本酒と白ワインと悩みましたが

シャンパーニュをフルボトルでいくことにしました

テタンジェ・ブリュット・レゼルヴNVです

24

合鴨ロース 枝豆かき揚げ

25

白芋茎と湯葉のべっこう餡 独活の辛子酢味噌

26

味恋トマトのジュレ

31

32

鰻 薄葛仕立て 玉蜀黍(とうもろこし)進上 木の芽

41

二期倶楽部からの摘みたて野菜の焼き物

生姜醤油と藻塩

42

鮎蓼寿司

43

石川芋の塩蒸し

施設内にキッチンガーデンがあるので お野菜がとても美味しい

18

夜も更けてきました。。。

さて、メインは三つに分かれてて

私は‥

61

栃木和牛サーロイン 焼きしゃぶ風 卸ポン酢

これ とても美味しかった 和食にして正解 さっぱりしてて いいね♪

64

ケビンはこちら‥

山口・萩産 甘鯛の羽衣焼き

これもとても美味しかったそうです(=^_^=)

ちなみにもう一品は‥

特選栃木和牛フィレ肉に塩釜焼き 笹包み

ポートワインソースとアンデス紅塩

71

桃のコンポート 和三盆のアイスクリーム

72

74

私にはちょうど良い量だったけど

ケビンには少し物足りなかったようです

飯はでないのかぁ~ って…。(^.^;)

後でお夜食のお稲荷さんがお部屋に届くと聞いて 喜んでました(=^_^=)

ちなみにもうひとつのレストラン

東館にある「ガーデンテラス」はこんな感じです

以下 公式サイトの写真より‥

23

21_3

22_2

1_3

| | コメント (0)

そして‥

71_2

お散歩から戻ってきた私は‥

シャワーをを浴びて冷蔵庫からビールを取り出し くび~

あぁ これぞリゾートじゃ

会議が終わったケビンは変わりに探索へ出かけた。。。

まったりしてたらもうそろそろ夕飯の時間

と、そこへ 姉からの電話が

施設でお世話になっている母の容体が良くないらしく明日病院へ入院させたいと連絡があったと

心配で私も施設へ電話をかけ詳細を聞く

いますぐどうのってことではなく、痰の吸引が頻繁になり

施設では面倒がみれないので入院させたいとのこと

入院は明日の午後 ということで私達も明日、朝ごはんを頂いて急遽帰ることに‥

なんとかキャンセルしなくて済みましたが やっぱり母のことが気になって気持ちは沈んでしまいました

| | コメント (0)

本館エリア

112_2

さて、このブリッジを渡ると本館のレセプションです

23_2

下にはメイン・ダイニング「ラ・ブリーズ」が見えます

312

レセプションの横のパブリックスペース

33

342

今度は暖炉に季節に来たいなぁ。。。

12_7

ここからメイン・ダイニングへ降りますが それは後ほどのお楽しみに‥

212

奥には気持ちの良いライブラリーとカフェ・バーが‥

22

24_2

後でお酒のもうっと (^。^)

262

27

ゆっくり本読むのもいいね♪

112_3

レセプション棟の横にあるカフェ 奥には天然温泉の内湯とビリヤード場等がありました。

12_8

二階にはこれまたライブラリーが‥

2

3

42_2

ここでもゆっくり読書が出来そう。。。

5

再び‥ カフェにて

18_2

この小路の奥に露天風呂があるらしい

行ってみようかな?

それとも東館のガーデンテラスでアフタヌーンカクテルやっているからそっち行ってみようかな?

いやいや とにかく暑くてだいぶ汗をかいたので今日は部屋に戻ることに‥

明日、ケビンとゆっくり回ろっと

| | コメント (0)

竜胆(りんどう)

四室あるスイートルームは全て異なる設計になっててどれも素敵

私たちが予約した際にはこちらの「竜胆」というお部屋しか空いていませんでしたが‥

唯一ベットルームからお庭を望め、大きなガラス窓で開放感もあり気に入りました

12_2

12_3

まずは、リビングルーム

目の前に桜の木が‥

満開の時は綺麗だろうなぁ

秋もいいよね♪

23

25

31

ソファは回転してテレビ側にもテラス側にも向けられます

32

暖炉使える季節もいいなぁ。。。

14

51

ウエルカムドリンクはなんと那須のやわらかい水

これが美味しかった (=^_^=)

水道ひねってもおなじじゃね? なんて思いもしたが‥

68

冷蔵庫の飲み物は全てフリー

まぁ このクラスのホテルでは通常ですね

珈琲は豆を自分で挽いて淹れるようになってますが‥

ん~ん ネスプレッソ系の簡単で美味しいマシンがあったらいいのになぁ

なんか旅先でまでお湯沸かしてやりたくないな

拘る方には嬉しい備えなんでしょうけど‥

ルームサービスもないし‥

結局お茶も珈琲も淹れませんでした

って そんな余裕もなくなったんだけど…。(^.^;)

54

12_4

リビングと寝室の間にバスルームがあります。

14_2

15_3

18

浴室に大きな窓があるのでとても明るく開放感があります

17

それぞれの部屋の前しか歩かないように言われているので覗かれることもありません

まぁ ブラインドも付いてますが せっかくなので光を浴びて入浴したいですね(=^_^=)

19

アメニティはNAOBAY(ナオベイ)のシャンプー&シャワージェル

ヨーロッパ物ってコンディショナーがないものが多いけれど(髪質が違うんだろうね)

日本人にはやっぱり欲しいよね

以前はMARKS&WEBだったみたいだけど そっちの方がよかったかな

どちらもオーガニックで香りも質も良いけれど‥

12_5

バスルームをはさんで寝室

162

大きなガラスに囲まれて、決して広くはない部屋ですが

それを感じさせない作りになってます

24

ベッドに寝ころぶとこんな感じです (=^_^=)

25_2

26

21

前に見える左奥が玄関 ブラインド下げているところがバスルームへ続く廊下です。

Nikirindou_2

さて、ここでケビンはテレビ会議のお仕事

パソコンで会議するんです

仙台でも毎日やってました

なので私は邪魔にならないよう館内探索へ行ってまいりまぁす (^。^)v

| | コメント (0)

二期倶楽部

42

やっと 那須紀行を書き始めました。 (=^_^=)

8月10日、11日 1泊2日のプチプチヴァカンスです。

1

二期倶楽部公式サイトからの写真↑

にき倶楽部1986

1986年にこちら水庭に面した和洋室6部屋からスタートしたそうです

今では本館に、それぞれ違った趣向を凝らした6室のダブル / ツインルームと

楓(かえで)、躑躅(つづじ)、撫子(なでしこ)、竜胆(りんどう)の4室のスイートルーム

そして、スイートに相当する水庭(茶室を備えた和洋室)から出来てます

東館は‥ 森の中にひっそりと佇むパビリオン

テレンス・コンランが手がけたNIKI・CLUB&SPA

と、大きく二つのエリアから出来ています

私たちが今回ステイしたのは別荘のようにくつろげる大人の空間 本館

15

レセプションから森の小路のようなところを通って

142

手前がツイン/ダブルルーム

その下が川沿いにあるスイートルームになります

12

11

1泊だったのでちょっぴり奮発してスイートにしました(=^_^=)

| | コメント (0)

残暑お見舞い申し上げます。

8月18日(火)

お盆も過ぎましたねぇ~

暑さもいくらか和らいだように感じます

実は、仙台の後、那須高原へ行ったのですが‥

そろそろ宿の夕飯へ行こうかって頃に姉から電話が入り

母が誤嚥性肺炎で入院することになったと‥

仙台へ行く新幹線の中でも、施設から「発熱した」と連絡もらってて心配はしていたのですが

熱があると面会は出来ないのでその後の連絡待ちだったのですが

その後何もなく 落ち着いてくれたのかな? と思っていたら

突然電話が来たそうです

で、 どうする 夕飯キャンセルしてすぐ帰る? とわさわさ。。。

入院は翌日の午後になったと改めて連絡をもらい

それでは翌日、朝ごはんを頂いてから帰ろう ということになりました

それからは 心にそのことが引っかかっていましたが

ここで考えたってしかたがない せっかくなんだから楽しまなくては‥

と1泊過ごしてきましたが‥

まぁ なかなか ね (=^_^=)

翌日は慌しく朝ごはんを頂き 新幹線を変更して私は母が入院した茅ケ崎の病院へ

ケビンは二人分の荷物を持って横浜の自宅へ向かいました

母は思ってたより元気で落ち着いていました

施設で抗生剤を投与され熱は既に下がっていましたが痰の絡みがひどくて苦しそうだった

血管がもう細くなっているので点滴の針がなかなか入らないのがかわいそうで‥

腕、手、足とどれもダメで結局頚部からとってました

痛かっただろうなぁ。。。

今はだいぶ落ち着いてその点滴も外れ頚管栄養も始まり

このまま問題なくいけばもう少しで施設へ戻れそうです

この一週間、毎日茅ケ崎まで通ってましたが

お盆で道路激混みだから 久しぶりに電車通いです

これもまた暑かった~ 日ごろ歩いてないから堪えましたよ

もう家に着くとぐったり

でも、かえって夜はぐっすり眠れるようになったし 体力ついたかも(^。^)v

これを機会に少しづつ私も歩かないとね

母もだいぶ落ち着いたので、昨日からは姉と交代で1日おきに行くことになりました

と、いうことで ひさびさ家に居られます(=^_^=)

那須の写真も少しづつ整理していたので、そろそろ紀行文も書きますね (^。^)

| | コメント (4)

那須高原は‥

8月10日(月)

1

仙台を後にして‥

那須へ向かいます

直行便がなんと1日5便ぐらいしかなくって郡山乗換えでした。

2

車窓からの日本の原風景を眺めながら‥ 40分と30分程で那須塩原駅へ到着

3

那須塩原に着いたら これまた暑い!

仙台の方が涼しかった

「二期倶楽部」のシャトルバスに乗ると冷たいおしぼりを出され

あぁ 気持ちいい

嬉しいサービスでした。

1_2

次は‥

ゆっくりするはずが 慌しくなってしまった二期倶楽部での滞在‥

| | コメント (0)

夏休みの始まりです

8月8日(土)

今日からケビン夏休み!

朝早く出て仙台へ向かいます。

1

今回はむくむくも一緒です (=^_^=)

2

新幹線 初めて乗りましたぁ~ by むくむく

お昼は両親とお弁当で済ませ

その後、ケビンがお兄さん夫婦を迎えに行きがてら夕飯のお買い物に行ってくれました

私はというと 東京駅のあまりの混雑と暑さと 新幹線の移動とで ちょっと体調を崩し

着いたそうそう 寝かせていただくことに

なんという嫁でしょう (=´▽`)ゞ

2_2

そんな夕飯は地元で評判の美味しいお魚屋さんで雲丹と鮪とヒラメを買ってきてくれました

あっ ヒラメのお刺身の写真がないですね…。(^.^;)

雲丹、ミョウバンにつかってないからコロコロでとっても美味しいです

12

翌日のお昼もお魚屋さんで買ってきてくれた切り身です

鮭とさわらの粕漬けと銀だらの醤油漬け

この銀だらがとっても美味しかった~

お値段も他の倍以上 うふっ 六人でふた切れづつだったので

皆で分け合っていただきました(=^_^=)

いろいろ食べたいものね

3

ご飯はお母さんが豆ご飯を作ってくれました

お味噌汁はいつも兄嫁さんの担当です

美味しいのです

えっ 私も働きましたよ~ お魚焼きました グリルでだけど(#^.^#)

この日は私も元気にみんなでお夕飯のお買い物に

お肉屋さんはお盆休みでヨーカドに行きました

日ごろ大型スーパーに行かない私達はたまに来ると品数の多さでわくわくしてしまいます

1_2

夕飯は焼肉です

皆が集まってこーゆーのって楽しいよね

焼肉も二人じゃしないもんなぁ

23

焼肉用とステーキ用の仙台牛赤身にしました

ステーキ用はカットして焼きました 美味しかった

パイナップルは私の沖縄に居る叔父が贈ってくれたものを持ってきました

これ 焼肉の上に乗せて食べたら絶品でした

食べ物ネタだらけですが

こうやって二泊三日、ケビンの実家で楽しく過ごしました

お父さん お母さん お兄さん お姉さん

お世話になりました

皆さんお元気で なによりでした。

| | コメント (0)

暑中お見舞い申し上げます。

Photo

8月6日(木)

ご無沙汰しております

毎日暑い日が続きますねぇ

先週は夏風邪をこじらせ一週間程自宅にこもっておりました

熱中症には気をつけていたのですが‥ まさかの夏風邪

流行っているみたいなので皆さんも気をつけてくださいね (=^_^=)

今週月曜日は 風邪とは関係なくいつもの診察日だったのですが

数ヶ月ぶりの検査も入ってて

心臓超音波にトレッドミルというルームランナーみたいなのに乗って

歩いたり走ったりして心電図測るってやつです

この日も暑くて‥ 病院へ着くまでにもうぐだぐだ‥

風邪で一週間寝込んでた私にとってこのトレッドミルはおしおきのようなものだった

ひぃえ~ 辛い 苦しい と 口には出しませんでしたがきっと出ていたのでしょうねぇ

ドクターに大丈夫ですか? 息切れがひどいですねぇ

と 心臓を心配しているのか 「胸痛いですか?」なんて聞かれ

いやいや これはただの運動不足ですよ~ なんて これまた口には出しませんでしたが

息も切れたけど 足が‥ 動かない‥ 情けなかぁ~ (=´▽`)ゞ

検査結果の方は心臓超音波は異常なし 弁も綺麗に動いてます 心臓は少し硬いようですが問題ないと

心電図の方はやはり変な波長があるらしく「ん~ ん~ ぎりぎり陰性かなぁ」だそうです(=^_^=)

でもよかった 前回は陽性でその後心臓カテーテルをやったので

ちょっと覚悟しておりましたが よかった

薬のんでるんだもんね よくなってなきゃ問題だよねぇ

脳神経内科の方も もう何度目だろ ステロイドの減量にかかってて今回

今日の服薬からプレドニン12、5mgに減りました

もう5年以上飲んでいるからねぇ ステロイドも 

いつも書いてますが 早くこの呪縛から逃れたい一心です

10mgまで減らすとまた痛みがでてまた増量を繰り返しているので(泣)

今回こそ と祈るばかりです

このまんまるお顔のムーンフェイスとも早くおさらばしたいですぅ

と、 いつもの病の話ですいませんm(_ _)m

今週末からケビンも夏休み

土日は仙台へ帰省してきます

帰りは那須に寄って つかの間のヴァカンス 二期倶楽部に1泊してきます

これまた10何年ぶりの二期倶楽部 どうかなぁ (^。^)

なんか口コミ見ると 若年層の方には評判が良いのだけど‥

それこそ 以前とてもよかったのに10年ぶりに来ましたが 正直がっかりしました

って口コミが多かった

見なきゃよかったかなぁ (=^_^=)

まぁ そんなこんなで行ってまいります

上の写真はぜんぜん関係ないけど 去年行った南仏の海岸です

あれから一年経つのかぁ。。。

231

また行きたいなぁ。。。

| | コメント (0)

« 2015年7月 | トップページ | 2015年9月 »