« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

南仏 プロヴァンスの旅

Photo_2

今回の旅は、リュベロン地方とコート・ダジュール

山と海を楽しむ旅です

本当は リュベロン地方だけ コート・ダジュールだけ

と二回に分けて行きたいエリアでありますが…

次はいつ行けるのかわからないので(=^_^=)

欲張って南仏横断です (^。^)V

リュベロン地方は ピーター・メイルの「南仏 プロヴァンスの12ヶ月」の舞台

丘の上の古城を中心に石造りの家が折り重なる村々を回ります

またゴッホに安らぎを与え、セザンヌが生まれ愛し絵筆にとどめた風景がそこかしこに

私たちは大きな街 マルセイユやアルル、エクス・アン・プロヴァンスには寄らずに

ゴルド、ルシヨン、メネルブ、ボニュー、ルールマラン 等

たぶん南仏好きにはたまらない小さな村を目指して車を走らせます

もちろん 全部の村に寄る事は厳しいので

そんなに忙しい旅も私達には合わないし

まぁ ゆっくり行き当たりばったりで三つぐらい回れたらいいなぁ~ と思っています

そして 大事な宿

こちらももう何年も前から南仏に行くなら絶対行きたい宿が数件ありまして…

アットホームなシャンブル・ドット(民宿)もいいけれど

初日はドーンといい宿に泊まろうと決めました

飛行機の疲れもあるしね (^_-)

ただ かなりルートから外れる場所で悩みましたが…

ここに宿を取ったおかげで最初予定に入れていなかった

サン・レミ・ド・プロヴァンスやレ・ボー・ド・プロヴァンスという村を見ることが出来そうです

特にサン・レミ・ド・プロヴァンスはとても素敵な村のようなので楽しみが増えました;

レ・ボー・ド・プロヴァンスの五つ星ホテルに二泊

それから車で東へ東へと走り

フランスのグランドキャニオンと言われているヴェルドン渓谷へ

近くのムスティエ・サント・マリーのオーベルジュで二泊

このムスティエ・サント・マリーは陶器の村

ここで食器を買い込むのが今回の目的のひとつなのだぁ~

本当は三泊づつしたかったリュベロン地方ですが…

悲しいかな 休暇の少ない日本人なもので

その後は山を下って下って コート・ダジュールへ向かいます

コート・ダジュール(紺碧海岸) ここを地中海沿いにず~っと西へ西へと行くと

スペインはコスタ・デル・ソル(太陽の海岸)ですね (^。^)

独身の頃にアンダルシアの山からレンタカーで下りてきた旅をしました

今回も似たような感じかな (^。^)

Photo_3

フレンチ・リビエラのコート・ダジュール

ここには1991年にひとり旅で来た事があります

イギリスからパリへ渡り、ニース、エズ、アンチーブと回りイタリア(ミラノ) へ

そこからスイス(ジュネーブ、ベルン、ローザンヌ)を回ってパリへ戻って帰国しました

あれから23年かぁ 四半世紀じゃん

あの時は貧乏旅で

ユーレイルパス(ヨーロッパ主要国の鉄道乗り放題パス)を持って

泊まるホテルさえも決めずに本当の行き当たりばったりだったな

あの時の電車から見たコート・ダジュールの海の碧さがずっと忘れられなかった

ここでは賑やかなニースを離れてまた小さな海辺の町で二泊して日本へ帰ります

モナコにもちょっとだけお邪魔しようかと思ってます

あぁ だんだん気持ちが旅モードになってきたぞ~

あと一週間 何事もおきませんように (=^_^=)

|

7月も今日で終わりかぁ

7月31日(木)

暑中お見舞い申し上げます

ほんと 連日猛暑続きですねぇ

すっかり家に閉じこもりです。。。

そんなウダウダな毎日を過ごしていたら

あらっ もう旅行まで一週間じゃん って

早いなぁ~

私としては… 5月のアルザス・パリの旅ですっかり燃え尽きてしまったようで

なかなかエンジンがかかりませんが…

1

何年も前から溜めていた南仏の資料

どん! と出してきてケビンに「こことここは絶対行きたいから」と指示する (=^_^=)

そーいえばもう何年もガイドブックというものを買ったことがないなぁ と

先日本屋さんで「○○の歩き方 プロヴァンス編」を買うつもりでパラパラと見ていたら

なんだ 欲しい情報はみなネットで検索してきたものと変わらないじゃん

と購入をやめてしまいました

5月の旅行も行きたいエリアをピンポイントでGoogleマップを印刷して持って行きました

大きい地図やガイドブックをその場で開くこともなく

用済みになった印刷したマップは捨ててこれるし

なかなか便利でしたよ (^。^)V

2_2

で、こちらも数年前に買った「プロヴァンス・アルプ・フレンチリビエラ」のミシュランマップ

昔はこのミュランマップひとつでドライブしたものだけど…

3

すっかり老眼で読めんぞ! (=^_^=)

Googleマップを印刷するのはちょと広すぎるので

アヴィニョンに着いたらもっとエリア別のマップ買おうかなぁ

レンタカーのナビはiPadがあるから要らないってケビンは予約の時付けなかったけれど

こんな山道でタブレット見ながらのナビなんて絶対酔うじゃん

無理無理 

だったら自分で運転してナビしてもらったほうがよっぽど楽だぁ (^。^)

さて、 出発は来週の今日

深夜便でパリへ発ちます

どんな珍道中になるのかな (=^_^=)

体調は 実はイマイチですが…

フランスの風にあたったら元気になるかも!

|

夏野菜

7月26日(土)

1_2

夏野菜たっぷり ラタトゥイユを作りましたが…

キッチンで長く鍋に火を炊いていると暑い!!

だめだ とうぶん 煮物、揚げ物はしないと決めた  (=´▽`)ゞ

ズッキーニが柔らかくなりすぎは美味しくないので

後からフライパンで焼いてから煮込んだせいか 少し水っぽくなっちゃった

鍋にいっぱい作ったのでパンのおかずやパスタに絡めたりといろいろ

ラタトュイユも翌日の方が美味しいね (^。^)

|

暑いです。

7月25日(金)

2

暑い 暑い。。。

今日は35度超え?

枕干しには最適ですが…

1

暑いのにめっぽう弱い私は とても外出なんてできましぇん m(_ _)m

お仕事や学校に行かれている方には申し訳ないですが

家でごろごろ「のだめカンタービレ」の再放送見てます (=^_^=)

|

梅雨明けましたね(^。^)

7月24日(木)

7_2

今年も暑い夏のようです …。(^.^;)

我が家のギィ・ ドゥ ・モーパッサン これは5月の写真ですが

今も2番花、3番花と咲き続けてくれてます

11

切花としても楽しませてくれてますが

連日の猛暑で さすがに今はこんなにはとれませんませんが

それでも頑張ってくれている姿は勇気付けられますね (^。^)

私の体調の方も落ち着いてきて 今、脱ステロイドにむけて頑張っております

ステロイドを長期間使用していると、副腎皮質自体が糖質コルチコイド を正常値までつくらなくなります

糖質コルチコイド(肝臓での糖の新生や,血糖値の上昇など,糖質代謝に関与するステロイド-ホルモンの総称)

自分の力でホルモンを作り出す能力を回復するのに時間がかかります

なので急にステロイドを中止すると危険なのです

私は過去3回失敗しているので ここからはドクターも慎重です

失敗とは、ステロイド剤の量を減らしていく過程で症状が悪化してしまい

またステロイドの量を増やして炎症を抑えるといういたちごっこ

最初はステロイドゼロまでこれて 成功したかと思いましたが

(そのときはまんまる顔も元に戻り嘘のように体重も元にもどった)

半年後に病状再発 ( _ _ )..........o

二回目はプレドニン5mgまで減らしたところで再び再発

三回目は10mgで再発

とだんだん悪くなっている~

そのたびにプレドニンの量が増えて症状は抑えられますが身体はかなりキツイし

副作用もだんだん強くなっていく

糖質代謝に関与するホルモンなので ステロイド性糖尿病になるわ

また元に戻るのはぜったいイヤだから ゆっくり少しづつ減らしてゆきたい

そして麻薬と同じステロイド依存症から離脱するのだ!

そう これ 症状が元に戻った時のあの痛みや痺れとの闘いと

ステロイドでの副作用での辛さと どっちもどっちで 天秤にかけられないのだ

でも このままだらだらとステロイド剤を続けていくことは絶対身体に良くないことだけはわかっている

道のりはまだまだ長いけれど 頑張ろう (^。^)v

そうそう 週一回の整体で坐骨神経痛のほうも やっと楽になってきました

お尻から足までの痺れで、夜中に何度も目を覚ましていましたが

今は我慢できないほどのものもなく

立ち上がりの時の痛みはほとんどなくなりました

この際骨盤矯正して姿勢もよく整えていきたいな

なんかそれが 持病(頭の)の原因のひとつにもなっているんじゃないかって

最近密かに思っているのだ (医師は認めておりませんが) (=^_^=)

23

週一の整体と母の所ぐらいしか出かけていないので

こんな話題しかない 最近の私でした  (=´▽`)ゞ

|

ヴァカンスに向かって…

1

7月13日(日)

8月のヴァカンスに向けて… ケビンと二人国際運転免許証を取りに行ってきた

夏休み前でかなり混んでいて 国際免許の窓口は長蛇の列

昔はこんなに人いなかったのになぁ

日本人もどんどん外へと行動が広がってっていいことだなぁ なんて思う。。。

私達にとって5年ぶりの海外旅行で(私は5月に行ってきちゃったけどね)

免許も5年ぶりの取得であるのだ (^。^)

行き先は 南仏 リュベロンからコート・ダジュール

TGVでアヴィニョンへ出て そこからレンタカーでニースまで降りてくる

かなりの山路 くねくね路

なのでホテルではゆっくり何もしないでくつろぎたい

何十年ぶりに水着を買った

1_2

私 「ビキニ ですかぁ・・・」

店員 「皆さんそうおっしゃいますが 下着だと思えばいいのです。」

私 「なるほど…」

2_2

で、ショートパンツにシャツを重ねれば…

まぁ いいかな (=^_^=)

って 結婚前より3サイズUPしてしまった私に選択肢はあまりなかったのだ …。(^.^;)

これでホテルのプールで泳げるなぁ

5月の旅行は半年前からあーだこーだと計画練っていたけれど

夏の旅行はな~んにもしてなくて

航空券とホテルだけは4月にとってありましたが

気が付けば もう出発まで一ヶ月切ってるじゃん

問題は灼熱のプロヴァンスで私の体力もつかなぁ~ ってこと

でも アルザス・パリもあんなに元気に回れたから大丈夫だよね

さてと そろそろ旅の企画でも練ろうかなぁ (=^_^=)

|

7月7日は…

34_2

16回目の入籍記念日

今年はヴーヴ・クリコ ヴィンテージ 2004で乾杯

5

ん~ん エレガント (=^_^=)

4

ぷー太も一緒に歳とったね (^。^)

この後、ハンバーグとデセールにキルフェボンの期間限定フルーツタルトをいただきましたが…

写真がありましぇん。。。

最近 カメラで追うのが面倒になってきました …。(^.^;)おいおい

|

Restaurant Dominique Bouchet

先日 お友達のお誕生日と

私達の入籍16周年のお祝いに銀座にあるドミニク・ブシェ東京店へ行ってきました。

052

パリ8区にある「レストラン ドミニク・ブシェ」

実は5月のパリで行きたいレストランのひとつにあげていましたが

けっきょく別のレストランを選んでしまったので 今回東京店へ来てみました

去年の9月に銀座に東京店をオープンしすぐに2つ星を獲得したドミニク・ブッシェ

奥様は日本人で有名な親日家 (^。^)

23

天井が高くて白を貴重としたスタイリッシュな店内にかかった素敵な画は

東京店オープンにあたって ドガの踊り子 をモチーフにして描いてもらったとか

いいなぁ こーゆー画 我が家に欲しいなぁ (^。^) って買えないけど。。。

24

さて、お昼のムニュは3種類あって 私たちは真ん中のコースをいただきました

31

乾杯はSELECTION Dominique Bouchet から私とお友達はロゼを

殿方二人はブルュットを

32

アミューズ・ブッシュはグジェールに黒オリーブが練りこんだサブレ

どちらも軽くてとても美味しい シャンパーニュに合いますね(^。^)

33

そして、鶏のバロティーヌ これは… 可も無く不可も無く…

34

前菜は…

私は 蟹とトマトのシャルロット仕立て マンゴーとハーブのジュ

35

もう一品は こちらのスペシヤリテのひとつ

 ホタテ貝のムースリーヌを詰めたカブ オマール海老のビスク

36

もう一品 本日の前菜がありましたが

4人で上の二品を選びました。

41

お魚料理は

 スズキのポワレ バニラ風味のオリーブオイル

 イカのポワレと野菜を詰めたズッキーニ

なかなか美味しかったですよ (^。^)

42

もう一品 本日のお魚料理はムニュに載ってないので詳細は忘れましたが

美味しかったそうです m(_ _)m

43

さて、ワイン好きなお友達夫婦のときはちょっと弾んじゃいます(=^_^=)

ドメーヌ・マルク・コラン・シャサーニュ・モンラッシェ・プルミェクリュ・レ・カイユレ 2010

そして…

44

ラ・ジブリオット・ジュヴレイ・シャンベルタン・ キュヴェ・クロ・デュ・シャトー  2011

どちら美味しかった (^。^)

51

本日のお肉料理から 仔牛のロティ

52

もう一品はこちら牛テールの赤ワイン煮込み “ ミレニアムカップ ”

54

別のカップで付いてくるお野菜やジャガイモのピューレをお好みにのせて…

53

どれも美味しかったけれど…

ん~ん 記憶に残るようなお料理は残念ながらなかったかな

ごめんねさい (=^_^=)

さて、デセールの前に ランチのムニュには無かったのですが(なんで?)

お願いしてフロマージュを

61

シャリオではなく盛り合わせで用意してくださいました

どちらも食べごろでとても美味しかったよ (^。^)

62

デザートワインはソムリエお勧めのジュラ地方の辛口白ワイン

ドメーヌ・ジャック・ピュフネイ 2009 アルボワ・サヴァニャン

63

そして… やっぱり私はこっちが好き♪

ソーテルヌのシャトー・ラフォリー・ペラギー 2003

極甘口 こーゆーの何杯もいけちゃうから危ないよね

と、今回もお料理のお値段よりもワイン代にかけてしまった危ない夫婦二組でした(=^_^=)

71

お友達のお誕生日に…

お花って贈るのも贈られるのも胸がときめくよね (^。^)v

72

デセールに小菓子

74

お昼っから楽しいひと時を過ごさせていただきました

帰りにお友達は近くにあったダージリン専門店でお紅茶を

我が家は三越に寄ってジャン・ポール・エヴァンでショコラを買って帰りました

フランスで買ってきたショコラがもう無くなってしまったので

エヴァンのお店もパリのホテルの近くにあったのですが…

買ってくる余裕がなかったなぁ (^。^)

Photo

ひさびさの銀座

パリもいいけど東京も楽しいね (^_-)

1

リーフルダージリンハウス

Photo_2

JEAN-PAUL HEVIN

73_edited1

Restaurant Dominique Bouchet TOKYO

|

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »