« ミニ・パレ | トップページ | ルーブル美術館 »

ルブタンでお買い物♪

さて、ミニ・パレで美味しいランチを楽しんだ私たちは

メトロ「シャンゼリゼ・クレマンソー」駅から1号線でルーヴル・リヴォリ駅へ

2

1

あの赤い靴底で有名なクリスチャン・ルブタン本店です。

22

素敵ですよねぇ

やらしい話し(=^_^=) お高い靴は履き心地が違うんです

ヒールが高くても疲れないし。。。

でも 何足か履かせてもらいましたが

私が欲しいデザインで私の足に合うものが無くって残念でした

本当にシンプルなパンプスで黒(エナメルでも可)かベージュが欲しかったの。。。

お友達は出会いがあったようで(^。^)

3

二足をお買い上げ

素敵よねぇ~ (=^_^=) うっとり

4

ルブタンのお店は Galerie Vero-Dodat ギャルリー・ヴェロドダ というパサージュの入り口にあります

パサージュとは19世紀頃に作られたアーケード商店街とでもいうのでしょうか。。。

まだ馬車が通りを走っていた頃 歩行者専用の抜け道として作られたそうです

パリの中心部には趣の違うパサージュがいくつかあって

そのパサージュを廻る旅 なんて楽しんでいる方もいますよ

2_5

ギャルリー・ヴェロドダは白黒の市松模様の床がノスタルジックな趣を醸し出していますね

5_2

6

7

81

こちらのパサージュには個性的なアクセサリーや質の良い革製品のお店などが並んでいました

そして…

こちら↓は昔私が撮ったGalerie Vivienne ギャルリー・ヴィヴィエンヌ というパサージュ

保存状態が良くパリで一番美しいといわれているパサージュです。

1

2

3

|

« ミニ・パレ | トップページ | ルーブル美術館 »

2014 春 アルザスとパリの旅 パリ編」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ミニ・パレ | トップページ | ルーブル美術館 »