« BS Saison 1-4 | トップページ | 朝定 »

トラースマッタ

Taro_11

今日は東名に乗って伊勢原にある北欧家具のTaroさんへ行ってきました。

ガレージの中は北欧からやってきビンテージ家具がいっぱいです

P1050607

Taro_13

でも私のお目当ては…

キッチンマットに使いたい トラースマッタ

●trasmatta (トラースマッタ) スウェーデンやフィンランドで作られる伝統的な裂き織りマットをtrasmatta(トラースマタ)と呼ばれています。Tras とは、スウェーデン語で「端切れ 使用済みの布」という意味です。材料は、使わなくなったシーツや衣類などを、細く紐状に裂いたものが中心です。「大きな布は、一部が傷んで使えなくなっても捨てるのはもったいない。」こうして再利用し、綺麗なマットに生まれ変わります。配色やサイズは様々で、ほとんどがハンドメイドの為同じものは一つとなく、スウェーデンやフィンランドの家庭では廊下やキッチンに敷いて使われるのが定番となっている伝統的なマットです

Taro_14

Officeの上 二階がそのコーナーらしい

勝手に上がって 勝手に広げてみてくださいとの事

Taro_15

思ったほど品数がなくて残念

次回は7月ごろの入荷だそうですが、10本ぐらいしかはいらないとのことで…

この中から決めようと めぼしいのから開いていく

P1050611

けっこうすごい埃で 手があっというまに白くなってしまった

これらもビンテージなので風合いが出てるものもあれば

染みがついてたりやぶけていたり

で、下の2本に絞ってみました。

Taro_22

左側の白ぽいのがかわいくて これで長いのがあればいいのになぁ

と思いつつ 右側の濃い色の物にきめました。

ちょうど我が家のキッチンと同じ270cm幅 

ひとつひとつがハンドメイドなので幅や長さも全部違うの

その中から270cmが見つかるのも縁かもね (=^_^=)

流しの下からコンロの下まで一枚で敷けるからインパクトあるかも

柄も変化してて面白いよね

Taro_23

玄関マットも悩む…

どっちがいいと思う?

って写真じゃわからないよねぇ~

結局 下の幅広の物しました

廊下の幅を計ってこなかったので ちょっと心配でしたが

帰って敷いてみたらぴったりでした ほっ (^。^)

Taro_24

この白いのも惹かれたぁ

実物はもう少し光沢があって素敵なのよ

シルクが織り込まれているんだと思う

もう一枚欲しくなっちゃったけど がまん がまん

Taro_25

こんな風にソファの前に敷いてみるのもいいよね

定価より20%引きで クリーニングして10日前後でのお渡しで

クリーニングなしだとさらに10%引いてくれるとか…

聞いたら自宅の洗濯機で十分だそうで もちろん計30%引きで購入して持ち帰ってきましたよ

家に帰ってさっそく洗濯機まわす。

一応 2回洗剤入れて洗いました

乾いたら しかるべき場所に敷いて またUPしますね (^。^)v

北欧家具 Talo

|

« BS Saison 1-4 | トップページ | 朝定 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事