« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

お世話になりました

Photo

今日で仮住まい生活も終わりです

ベランダから見える保土ヶ谷公園の野球場

Photo_4

桜の花が満開です

この桜の下をケビンと何回も歩きました

夜桜も… スタジアムの照明に照らされて綺麗だった

Photo_5

Photo_6

ベランダの下には横浜新道が走ってて 騒音がけっこううるさかったけれど

事故も渋滞も何度も目にしたけれど…

あっという間だったな。。。

Photo_7

こちらは反対側 玄関側のバルコニーからの眺めです

静かな住宅街がひろがってます

丘の上の三角屋根のお家は今時のオシャレな家々で

前を通るだけで楽しかった

Photo_8

ここに越してきた2月の初めは 寒くて 木々も硬い蕾をつけたままだった

あっという間に季節が変わって

私達も新しい生活へのスタートです

わずかな時間だったけれど… 楽しかったな

お友達も遊びに来てくれたし

思い出も出来ました

ありがとうございました

明日 引越します。

|

最後に…

Photo_43

トイレはTOTOのタンクレストイレ ネオレスト

トイレの蓋の開閉が自動のものが欲しくってこれにしたら

使用前にきれい除菌水が流れて汚れが付きにくくなるとか

いろいろとすばらしい機能が付いていました

カウンター&キャビネットの色はもともとのドアの色に合わせて茶色にしました

吊り戸棚と小物を置く棚も茶色で付けてもらいました

壁紙はモスグリーンとシルバーの木立模様

さわさわと揺れている木々のイメージです

Photo_44

床はタイルにしました

別にトイレはこだわってなかったのですが…

汚れが拭きやすいのがいいなぁ とサンプルをいろいろ取り寄せて

触ってみた感じと質感で選んでみたらイタリア製

やっぱり いいな って思うのは舶来物が多いようです (#^.^#)

Photo_45

ねっ いい感じでしょ (^。^)

最後に 和室だったところの押入れを無くして本棚にしてしまったので

寝室にひとつクロゼットを作ってもらいました

ここは分かりにくいのでBefore-Afterで

Before

Photo_46

After

Photo_47

上の照明外して今の仮住まいに使っているので ちと暗いですが

右側にはもともとあった茶の扉のクロゼットがあります

Photo_48

三枚引き戸のたっぷり収納

向こう側のドアはバスルームへのドア

カメラを構えている後ろがこの部屋のドアです

Photo_49

側面に湿気を吸ったり吐いたりするデザインタイルECOCARATを使いました

いろんなデザインがありますが

シンプルで質感がやわらかそうなこのクシーノというスクエア柄にしました

というわけで

これが我が家のリフォームです

リビングダイニング キッチン トイレ そして収納と

玄関ホールからリビングダイニング、キッチンまでの床材の張替え

総額¥11、000、000-

だいぶ予算オーバーです …。(^.^;)

本当はバスルームもやりたかったけれど

それは2~3年後に

そしてこの他に冷蔵庫とソファも買わなくてはいけません

あとは少しづつ欲しいものを買い足していこうと思ってます

たとえば ラグ とか…

みな 欲しいなぁ って思うものは高くてなかなか手が出ません

でも時間をかけて ゆっくり自分達の空間にしていくのも楽しいですよね

では 週明けにお引越しです

身体がついていけるかわかりませんが…

またその都度報告しまぁす (^。^)

|

キッチンは…

Photo_22

カウンターオープン・キッチン

形は従来と変わりませんがカウンターの右側にあった壁を外して

よりオープンな感じにしました

Photo_25

一番のこだわりがこのタイル

こちらもイタリア製 あるカフェでこのパールピンクにひと目ぼれ

探して探して…

名古屋モザイクさんで扱っていました

Photo_26

カウンターはMARUHONの巾ハギ無垢材

こちらもアメリカンブラックチェリーで床材と統一させました

そして、それに合わせて天井の段差の枠と飾り棚も同じ素材で統一感を…

ここも年月と共に色と艶が増してきます

Photo_27

マンションのでこぼこ壁の凹みを利用して ガラスの棚をはめ込みました

上からの照明でタイルも綺麗にうつります

Photo_28

キッチンはオールステンレス

昔っからキッチンは厨房風のステンレスが夢だったの

家具調の綺麗な鏡面も素敵だけれど

私は ガシガシ料理して ガシガシ汚して さらっと掃除したいから

ワークトップだけは人工大理石で少しオシャレにしようか迷いましたが…

やはり一枚のステンレスで継ぎ目なくいっちゃいました

Photo_29

反対から見ると こんな感じです

ドイツ製やオーダーメイドの会社のものや たくさん資料を集めて

私が選んだのがクリナップのSSシリーズ

キャビネットの内部も全部ステンレス製で中の掃除も簡単でさびない

機能性にも優れていてサイレントシャワー水栓で水音も静か

蛇口は迷って結局グースネックのタッチレス

手が汚れていてもサッとかざすだけで水が出て、止まって

私は出しっぱなしが多いのでこれで少しは水道代節約できるかな

Photo_31

ガスコンロはヨーロッパ調に HARMANのプラス・ドゥ

今流行のガラストップも掃除が簡単で惹かれるけれど

ここだけはちょっと掃除大変だけど鋳物製ゴトク付き

でも3分割できて食洗機に放り込めばO,K,

後は一枚ステンレスなのでそんなに大変ではないかな?

全面ゴトクだと鍋ずらしも出来て便利

家庭用コンロ最大の高火力4.510kcal/hが付いているのも魅力でした

これ、魚焼きグリルに入れて使うダッチオーブンが付いているんだけど

そんなのいらない! って思ってた

けど食材入れるだけで焼く・蒸す・煮るの本格料理が

オーブンよりもガス代かからず出来るみたいなので

使ってみようかと思う。。。

でも 重いからめげそう (=´▽`)ゞ

カップボードはTOTOのCRASSO 清潔感ある鏡面塗装の白を

Photo_37

手前は三井ホームさんに作っていただいた収納家具

以前ここにワゴンを置いていたのでこのスペースに収納棚が欲しかった

ル・クルーゼのお鍋を並べる予定

Photo_39

カウンターの下も私のこだわりで

広くあけたスペースにはごみ箱を三つ置きます

生ごみ プラごみ 瓶缶 と

キャスター付きで料理するときには生ごみ箱だけシンクの側へ持ってきます

カウンターの中は拭き掃除しやすいクロス貼りにしてあります

左の可動式棚は

Photo_40

一番下にキャスター付きのものを作ってもらいました

重いもの(ペットボトルの箱入りとか)を乗せても取りやすいように…

Photo_41

奥のデッドスペースにも可動式の棚を付けてもらいました

ごみ袋のストック等を上の棚に

一番下はキッチン用洗剤などを置くつもりですが…

そして… これが一番の目玉かも↓

Photo_42

キッチンの奥の壁をぶち抜いて裏のお部屋のクロゼット部分を半分もらい

パントリーにしました

引き戸を開けると…

Photo_33

裏のお部屋のクロゼットはこんな風になりました

Photo_35

左半分が奥行きが浅く キッチン側のパントリーに使われています

ここにはバッグなどを収納するつもり

右半分は奥行きは従来のままです

と マンションの限られたスペースで自分なりに頭をひねって

私が使いやすく飽きのこないようにと作ってもらいました

Photo_24

廊下からリビングダイニングへ入るドアは三井ホームさんのオリジナル

重厚感のあるものを選びました

Photo_23

ドアノブもいろいろあって悩みましたが

この柔らかいフォルムのものに…

カメラのストラップが写っちゃってますが(#^.^#)

こんな感じでリフォーム 出来上がりましたぁ

これで家具や小物を置いてみるとまた雰囲気が変わると思います

コンロの横に冷蔵庫も入るしね (^。^)

|

完成しました!

Photo_2

やっと やっと完成しました

一年以上も三井ホームさんの建築士さんやコーディネーターさんと

たくさんのショールームを回って

実際 目でみて触れて 迷ったら何度も同じ場所へ足を運んで

練って練って やっと完成した 我が家のリフォームです。

引越し前の何もない状態での報告です

Before-After は家具を入れてからのお楽しみとして

まずはリビング・ダイニングからお見せします (#^.^#)

Photo_3

左側にあった和室をつぶして洋室に広げました

ベランダの植木は まだぜんぜん整理していない状態なのであまり気にしないでね(#^.^#)

Photo_4

ここが和室だった部分

押入れをつぶして本棚にしました

Photo_9

本棚は大谷産業のVシリーズ

ここには本はもちろん写真や思い出の小物などを飾っていきたいな

Photo_10

そして、お部屋全体を白い壁だけにしたらなんだかぼけてしまいそうだったので

この部分だけアクセント壁にしました

Photo_11

ここの壁紙はとても悩みました…

斬新な柄にしてしまおうか 一色で無難に抑えようか… とか

こちらはフランス製の壁紙で 淡いボルドーレッド

最初、縦じまのものだけを選びましたが

それだけではつまらないので同じ系統の無地を交互に持ってきました

こういう淡い色調って日本の物ではなかなかないのが残念ですね

カーテンも悩みましたぁ

シンプルな中にゴージャス感を出したかったのでシャンパン色の無地をもってきました

Photo_14

レースは遊び心でゴールドのペイズリー

これ 実物はもっと綺麗です

写真だとなかなかお伝えできなくて残念

Photo_15

もともとあったクロゼットは茶から白い扉の物に変えました

Photo_16

床材は朝日ウッドテックのライブナチュラル

のブラックチェリーにしました

陽を浴びてだんだん色が深まっていくそうです

Photo_17

照明はダイニングテーブルの上に イタリアFoscarini社製のルミナベッラと

あとはダウンライトとスポットライトだけです

ルミナベッラ

特徴的なアクリルビーズはガラスの透明感を表現する為にFoscariniとデザイナーがこだわった素材

消灯時にも自然光がビーズに透過し輝く印象的な作品

Photo_19

Photo_20

Photo_21

調光でいろいろな表情を見せてくれます

夜がまた いい~感じなのです

さて、次は私が拘ったキッチンです。

|

南仏の光の下で…

Hana

友人を亡くした喪失感からなかなか抜け出せずにおります

先日 お友達と彼女の自宅を訪問して

ご主人とたくさん彼女の話をしました。

私の知らなかった彼女の事がわかったりして嬉しかったな

何枚か頂いたお写真には 南仏のあふれる光の下で

幸せいっぱいに微笑んでいる彼女がいました

また胸が締め付けられて とても苦しくなりました。

でも、彼女も もう笑って 私みたいに ね (^。^)

って語りかけているようでした

がんばろっ

そうそう 我が家のリフォーム完成しましたよ

先週の土曜日 最終確認に行ってきました

私達の希望通りの出来上がりで

一年以上もかけて練ってきた甲斐がありました

あと少しの手直しがあって

今度の土曜日引渡しとなります

誰よりも先にあなたに見てもらいたかったリフォームだけど

きっと天国から眺めてくれるね

あなたと一緒に語ったあの日が昨日のようだよ

いっぱいアドバイスありがとうね

 

|

今年もお花見の季節到来 ってちょっと早かったですね

Photo

三日ほど寝込んでいまして 気が付いたら桜が満開になっていた (#^.^#)

今日は午後からケビンと仮住まいの近くにある杉山神社へ

Photo_2

初めて来ましたけど なかなか立派な御社でした

それから保土ヶ谷公園へ桜を見に行きました。

Photo_3

梅祭りの頃には硬い蕾だった桜並木が満開~♪

Photo_8

そして公園のカフェで遅いランチに…

Photo_5

乾杯!

ここに連れて来たかった友がいました。

Photo_6

サーモンとアボカドのサラダ

Photo_7

茄子とボロネーゼのピッツァ

Photo_8

今日はがっつり ハンバーグ

ピッツァの生地は冷凍だったけれどまぁまぁ美味しかったよ

ハンバーグはジューシーでソースは甘めでした。

Photo_9

Photo

隣の席のおーじろう

私達に何度もご挨拶に来てくれて すっごくかわいかった

連れて帰りたかったよ (^。^)

そーいえば さくらちゃん 見つかったのかなぁ。。。

Photo_2

食事後はお花見!

午前中良いお天気だったのに午後からは曇ってしまって 桜が映えないね

Photo_3

Photo_4

Photo_5

Photo_7

Photo_6

毎年お花見って三沢公園だったけど 保土ヶ谷公園も桜の数は少ないけれど

なかなかよかったです (^。^)v

|

…ふるふる卵のサンドウィチと最近のこと…

Photo_2

3月15日 大切な友人がまたひとり旅立ってしましました。

おひな祭りの翌日 ご主人から頂いたお電話は「余命一ヶ月」という信じがたいものでした

一年前に乳がんの手術をされ 辛い治療を得て回復され 元気になったのに

肝臓に転移した癌はあっというまにひろがっていきました

2月の初めまではあんなに元気だったのに

余命一ヶ月って なに

私の小さな頭ではとても理解できずに時間だけが重く過ぎていきました

在宅ホスピスっていうんですか

余命宣告をされてからは、大好きなご自宅へ戻り

ご家族に見守られてその日を迎えました

葬儀は、彼女らしい花と音楽に囲まれたものでした

お骨拾いもさせていただき その帰りのバスの中からは

今まさに咲き始めようとするソメイヨシノの桜の花が、寂しく綺麗でした

彼女のblogは2月18日から止まったままです

「ふるふる卵のサンドイッチ」の美味しそうな画と その作り方のコツ

そして 最後はこう結ばれています

「お友だちに心配をかけていますが、もうじき元気になりますので待っててね。」

この2週間 私たちは一様に苦しくて どうしていいのかわからず もがいていました

大切な友を失った悲しみや寂しさ 悔しさが癒える日はこないけれど

まわりのみんなが… それぞれの気持ちや身体を気遣うメールや電話が行き交って

あぁ 友達っていいなぁ~ って

心から

つくづく

感謝することができました

あなたが引き合わせてくれたたくさんのお友達 わたしの宝

ありがとう Yuka

今朝 作ってみたよ ふるふるたまごのサンドウィッチ

うふふっ 卵が多くて Yoshieさんらしいね なんて

あなたのからりとした笑顔が降ってきそうだよ (^。^)

Photo_17

|

桜 咲きました。

1

母がお世話になっている施設の駐車場にある桜の木の 一本だけが

一週間も前から花をさかせて 今日(3月8日)はこんなに満開に…

3

2

他の木はまだ硬い蕾なのに どうしちゃったのかしら?

でも私達の目を楽しませてくれて 心からありがとう

5

母も車椅子でここまで連れてくることが出来て…

桜の木を見上げては「綺麗ねぇ」と驚くほど大きな声で言ってくれます

部屋に戻ってからも「きれいねぇ さくら きれいねぇ 」って何度も

最近 そんな母との時間にとても幸せを感じております

いろいろあったけれど お母さん 生きててくれてありがとう

|

3月3日のひな祭り~♪

Photo

今年は… 仮住まいでお雛様もないし、しゃれた食器もないけれど…

やっぱりひな祭りは二人で祝いたいものです (#^.^#)

Photo_2

ケビンのスキー土産 八海山を お猪口がないのでコップ酒で乾杯!(=^_^=)

これまたケビンが買って来てくれた散らし鮨にヒラメと〆鯖

Photo_3

お椀だけは私が作りましょう と蛤の潮汁はほんのりやさしいお味に仕上がりました。

今日は六本木で友人の壮行会でしたが

帰りに予約しておいた「とらや」の桜餅

すっかり取りに行くの忘れて帰ってきてしまいました

最近こんなことばっかで ほんとボケボケですぅ (=´▽`)ゞ

桜餅 食べたかったな。。。

|

Bon Courage 頑張って!

製パン学校(エコール・ルヴァン・ダンタン)で一緒に学んだクラスメイトが14日に渡仏することになった

同校の研修プログラムで、Parisにあるブーランジェリー・パティスリー Maison Landemaine で、一年間のワーキングホリデーを使って研修をされるのだ

Vatout_1

そんな今日は壮行会をエコール(フランス語で学校の意味)のすぐ近くにある

Brasserie Va-tout で行いました。

ここはエコールへ通う途中に通っている路で

いつもこの黄色い椅子に外国人がたくさん座られてて

まさにここはパリ?って感じで… 一度入ってみたかったところでもあります

Vatout_2

私達は奥のテーブル席でゆっくりとランチを楽しみました

Vatout_41

黒板に書かれた本日のPlat(皿)から私達はお魚と鶏肉に分かれた

どちらも美味しかったよ

まさにブラッセリーって感じで懐かしかった

スパークリングワインで乾杯

まりちゃん 一年間頑張ってきてね

お姉さん達はずっと応援しているよ (^。^)

Vatout_3

こちらは私達の講師であった現在14区のオーナーシェフ哲さんに作っていただいた応援パン

Bon Courage (頑張って!) って書かれています (^。^)

右上のメロンパンみたいな模様は バスケットで小さなパンが入れられています

上からも撮ればよかったかな (#^.^#)

デセールは6種類程あって皆悩みましたが

Vatout_7

ミルクレープと

Vatout_6

ショコラとフランボワーズのムースに分かれました (^。^)

たくさんお話してお店を出る頃には店内も満杯

外のテーブル席はさすがに寒くて人は少なかったけれど

やっぱりここはパリの雰囲気満載ですね

まりちゃん これから新しい人生の一歩だね

不安もいっぱいだと思うけれど たくさん楽しんで いっぱい吸収してきてくださいね

そして私達もツアー組んで遊びに行けたらいいなぁ

身体に気をつけて

いってらっしゃい! (^。^)/~

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

Brasserie Va-tout

|

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »