« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

秋の味覚は…

Photo

やっと涼しくなったと思ったら台風接近

大きな被害がでないといいですね

さて、今年最初の「松茸ごはん」

カナダ産だけど 大きな1本 丸ごと2合炊きで使いました。

たっぷりはいって いい~香り。。。

今年はあと何回松茸ごはんできるかな

Photo_2

秋の味覚といったらやっぱりコレ

今日は秋刀魚の生姜煮にしました

とろ~りやわらかくできました。

|

やっぱり No.5

Photo_4

初めて香水を持ったのは…

5歳年上の姉がヨーロッパ旅行のお土産に買ってきてくれた

イヴ・サンローランのリヴ・ゴーシュ(EDT)だった

あの青と黒のボーダーカラーが鮮やかなボトル

10代の女の子にはぴったりな香りだったと思う

けれど… お餞別をたんまりくれた叔母にだったかな?

に買ってきたゲランのミツコのなんとも妖艶な大人の香りが気に入ってしまい

姉にお願いして譲りうけたっけ

ガラスのボトルも素敵だけれど 今はもう見ない陶器のアトマイザーのオリエンタルな青い絵柄が好きだった

だけど… 10代の女の子が付けるにはあまりにも早い香りだったと思う

それからはシャネルのNo.5 フローラル・ブーケの女性らしい香りが素敵で

エレガントなガラスのボトルも大好きだった…

フレグランスはその日によっていろいろと香りを変える って女性も多いけれど

私は ”私の香り” というのを決めて ひとつをずっと使っていきたかった

長年愛用してきたNo5だけど…

いつの頃から香りの強いものにアレルギーを覚えてまったくつけなくなってしまったっけ

ここ数年 アロマオイルから始まってやわらかな香りのオードトワレを楽しめるようになった

なかでもシトラスグリーン系のさわやかな香りが好きで

エルメスの庭園シリーズ「ナイルの庭」はユニセックスなので

ケビンと二人でシャワシャワ使ってました

さわやかなまるで蓮の庭にいるような素敵な香り…

たっぷり使えるのもオードトワレの醍醐味ね

さて、先日シャネルの化粧品売り場で何気に取った香水は

COCOでもなくNo.19でもなく やっぱりNo.5

まるで長い眠りから覚めたような感覚を覚えたのだ

トップはネロリ、レモン、ベルガモット、アルデハイド。

ミドルはジャスミン、ローズ、イランイラン、アイリス、ミュゲ。

ラストはサンダルウッド、シダーウッド、バニラ、ベチバー、アンバー、ムスク、シベット

あぁ そうそう この香り やっぱり私にはこの香りだわ。。。

そしてこの香りはオードトワレやオードパルファムじゃなくって

パルファム(香水)で身に着けたいですね

ってことで 何十年ぶりに免税店で買ってきてもらいました。

そーいえば もうゲランのミツコ 充分に似合うお年頃になったわね

|

バックアップはこまめにね

愛用のPCがぶっ壊れました。

突然 カラカラと音がしたと思ったら

ディスクが壊れてしまいました

膨大なデーターも消えてしまいました

前回バックアップしたのはいつか調べたら…

なんと今年の2月だった

あ~ぁ ここ半年の間に「アドレス変わりました」って連絡いれてくれた友人のは

完全に消えてしまいました ごめんなさい

もう一年も前にケビンが「それ そろそろ壊れそうだよね」って新しいPC買ってくれたのに

使い勝手が慣れていてずっと切り替えなかったから 罰が当たってしまいました

バックアップとっていなかったものに

父が残してくれたお金の管理があって…

これは痛いわ! 姉に叱られそう。。。

レシートは全部残してあるので地道にまたやり直さなくては です。

やっぱり大切なものはアナログですかね

データーの何が残してあって 何がないのかが把握できていない状況です

ゆっくり紐解いでいかなくっちゃ はぁ~ 

|

パン・ド・ミー

Photo_2

ひさしぶりにパン・ド・ミーを焼きました。

Photo_3

ひと山ちぎると ふわぁ~ と湯気が立ち上がった

あ~ いい香り。。。

皮はパリパリ 中身はふんわりもちもち

やっぱり自分で焼いたパンが一番おいしいかな (#^.^#)

|

朝ごはん

Photo_5

ケビンが帰ってきた翌朝は

レタスたっぷりのサンドイッチに

アメリカン・ブレックファーストには飽きたでしょう。。

焼鮭と玉子焼きの和食膳も考えたけれど

パン好きなケビンに やっぱり休日の朝はパンだよね

レタスに味がないから、マヨネーズをたっぷり塗って和辛子も少し多めにね

「あっ サンドイッチだ!」て喜んでくれて 良かった (^。^)

|

Maison de la Prasline Mazet

Photo

ケビンがANAの機内販売で買ってきてくれたお菓子

マゼ(Mazet) プラズリン(Praslines)

ルイ13世時代の貴族は、プラズリン(Praslin)公爵によって世に出た甘美なボンボンに夢中になった。

それがこのプラズリン(Praslines)

Mazetのスペシャリテです

だそうです

こんなお菓子あったの知らなかった

パリのお店もレトロでなかなか素敵らしい

ショコラも美味しいとか

今度行ってみようかな

_edited1

厳選したアーモンドをローストし、丁寧にカラメルがけしたもの

カリポリ 後をひく美味しさ

缶も素敵でしょ (^。^)

Mazet Praslines

|

おかえり!

Photo_3

海外から帰ってきた日はいつもお寿司をとることになっている

一週間なんてあっと言う間で‥

それでも最初の夜は寂しかったりする

だいたい日曜の夜なので いつも二人で観ているテレビ番組を独りで観る時‥

さぁ 寝るか って家中の電気を消してベッドへ入る時‥

でも けっこう自由であることに嬉しかったりもするのだ

夕飯を作らなくていいことはもちろん 散らかしてたって

そろそろ帰ってくるからって あわてて片付けたりしなくてもすむ

ダラダラ 自分のペースで一日が過ぎていくのだ。。。

でもやっぱり 無事に帰ってきてくれて 嬉しいのだ

迎えに行った車の中で 帰って来た人よりも一番しゃべっていた私‥

会話できる相手がいるって素敵なことだね

Photo_4

今日は大好きなしめ鯖も買っておいたよ(^。^)

脂がのってて美味しかったね

|

気分はイタリアン・バール

Photo

今日は横浜そごうで、1人ランチをしようと上の階から降りてきて

とうとう地下食料品売り場まで‥

そしたら新しくイタリアの「パニーノジェスト」が出来ていた

イタリア、ミラノにあるイタリアン・サンドイッチの専門店である

オープンしたてらしく会社関係者がお店の前でイタリア語で立ち話‥

雑誌「LEON」の表紙から抜け出たようなイデタチの支配人に

あぁ イタリアンねぇ と微笑ましく思い ふらっと入ってみました。

Photo_2

入った理由はもうひとつ 白トリュフオイルの香りに誘われてしまったからである

ブリーチーズにルーコラ、トマト あふれんばかりのパルマ産生ハム

そしてその上から惜しみなくかけられたであろう白トリュフオイル

うん 美味しい 熟成20ヶ月の生ハムが 塩味も濃くなく 甘く 筋もなくって

本当に美味しかった

パンは‥ イタリアのパンねぇ。。。

カサカサでそれだけではとてもいただけるものではないのに

何故かコレだけの食材と合わせると

ぴったりくるから不思議である

うん コレにはこのパニーニかぁ って

頂いたのはランチセットでショートパスタが入ったミネストローネと

ローズマリー風味のジャガイモが付いて¥980-(たしか‥)

それに+¥200で飲み物が付いてきます

単品では生ハムの盛り合わせやターキー、ローストビーフ、にサラダ盛り

なんてのもあるし

大好きなサーモンのプレートも

次回はケビンとお酒呑みながらプレート頂くのもいいかもしれない(^。^)

PANINO GIUSTO

|

お彼岸ですね

昨日は母のところで姉と待ち合わせして

お墓のお掃除へいった

掃除といってもけっこう来ているのでたいしてすることもなかったけれど

暑かったsweat01

暑さ寒さは彼岸まで‥ て言うけれど 今年は違うみたいですね(泣)

Photo

お昼は10品目定食で栄養バランスを

今週はケビンが出張中なので簡素な独り飯が続いている

なので、こんなところで補給する

だって これ全部家で作るとすると大変だし 余っちゃうよね

Photo_2

姉は金目の煮つけ定食だった

お店の方に「半分詰めてください」ってお持ち帰りにしていた

これでダーリンの一品がマカナエルそうだ

働く主婦の知恵なのかしらん (#^.^#)

帰りは娘のお土産にスィーツを買っていたけれど‥

減量中のわたしはじっと我慢

でも、お彼岸だからどこかで「おはぎ」買って行こうかなぁ

でも独りで食べてもなぁ なんて結局何も買わずに帰ってきました

そうそう 私去年の夏より8kg太ってしまったのですぅ(;_;)

(ちなみに結婚してから17kg太ったのだ)

さすがに腰膝にくるし動きはにぶくなるし

なんてったて洋服が入らない …。(^.^;)

父の一周忌の時も前年に着た喪服が入らなくって

もう背中のファスナーが上がらないどころではなかった

ケビンに「喪服が入らない‥」って言ったら

「はぁあ~!!」って反された

そうだよね 去年も独身の時に買った喪服が入らなくって新調してもらったばかりだもんね

まぁ 一周忌だし親戚しか来ないからいいか って普通の黒いワンピースを買ってすませましたが(喪服ってお高いじゃない)

それもパツパツで その後の友人の一周忌はひさしぶりに逢う友人もいるというのに

そのパツパツのワンピースで出かけました

痩せるまでもう不幸がありませんように

いやいや 痩せなくても!ですけどね (#^.^#)

|

Season 3 COURS:9

1_edited1

さてさて シーズン3も9回目ですね

早いなぁ あと3回でアマチュアコースも終了になります。

2_edited1

Pain de cidre

パン・ド・シードル

水の変わりにシードルで練り込んだパン・ド・カンパーニュ

3_edited1

Pain au chocolat et gingembre

パン・オ・ショコラ・エ・ジャンジャンブル

チョコの甘さとジンジャーの香りがポイントの新しいパンです。

4_edited1

試食タイム~(^。^)

シードルパンが焼きあがりました

うんうん シードルの香り するする(^^)

6_edited1

続いてチョコ・ジンジャーも焼きあがったよ

ほのかにジンジャーの香りが後からやってくる おいしい(^。^)

5_edited1

アシスタントのWakaちゃんの作った今日のスープは玉ねぎとベーコン

ゴルゴンゾーラが落とされてて 美味しかったよ

デセールのバナナとチョコのパウンドケーキも美味しかった

いつもありがとう et ごちそうさま(^。^)

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

|

お食事の前に‥

5

「分けとく山」へ行く前に、五反田にある東京デザインセンターへ寄ってきた。

ここはインテリアのショールームやオフィスが 目白押しなビルなのだ

土曜日クローズなところが多くてちょっと残念だったけれど

目的だった「ルミナベッラ東京」というイタリアの照明機器のお店が開いててよかった

カウンターの上のペンダントライトにいいな♪と思えるものに出会えて

収穫収穫 ♪

他にも飛騨高山のお店や北欧のお店や‥

木を使ったファニチャーが多くて なかなか良かったよ

それにこのビル自体がアートで面白かった (^。^)

Photo

分けとく山のある広尾に着くとまだ時間があったので

懐かしの「F.O.B COOP」で雑貨を物色した後

カフェ デ・プレでお茶をする

ここはパリのカフェみたいにマンタペリエがあるのね (^。^)

ペリエをミントで割っただけなのですが‥

歯磨きみたいな刺激のコレがけっこう好きなんです

少し生ぬるくて そこもパリみたいだった (#^.^#)

東京デザインセンター

F.O.B COOP

Café des près

|

分けとく山

今年の誕生祝は和食にしましょ っていろいろお店の候補は上がったが

「分けとく山」 実はまだ行った事がないので本店へお邪魔する(^。^)

21

先附

雲丹とイクラの上に枝豆や角切り山芋や湯葉がのっている

いろいろな食感がおもしろく また雲丹がすごく美味しかった

最近 少しお酒復活な私‥

生ビールを半分いただき その後はケビンと一緒に 飛露喜と獺祭を

やっぱり和食には冷酒ですね (^。^)v

Photo_8

八寸

左から とうもろこし豆腐 蛤の酒盗和え 秋刀魚の蒲焼 

あと忘れちゃったけど もち米とお豆さん 茸のぬた かな

どれも美味しかったけれど 特に蛤の酒盗和えが美味しかったな (^。^)

なんかね 素材がいい~もの使っているって感じで

蛤ぷりぷりっ肉厚 ジューシーで汁まで飲み干してしまいます

秋刀魚の蒲焼も外側パリッ 中身ふっくらで美味しぃ

Photo

お椀は鱧と芋茎 私は鱧が苦手なので鯛でした。

ほっとするやさしいお味です

Photo_2

お造りは 海老と平目と鮑

青大豆の湯葉 きゅうりはポリポリ手で持っていただきます

青大豆って枝豆? で湯葉って普通出来ないんですって

それを技を使って作り上げるって言ってました

瑞々しいきゅうりはなかなか旨いし 鮑がやわらかくて少し歯ごたえがあって絶妙でした

34

奥にあるのが賀茂茄子の煮浸し 手前が牛タンのトマトソース 揚げ餅みたいのは忘れてしまったけれど美味しかった(#^.^#)

牛タンがね 肉厚で美味しいの でも このお椀にトマトソースは合わなかったかな

もちろん和風仕立てのトマトソースでしたが‥

Photo_3

黄身の味噌漬けに乗っているのはかわいいうさぎさん

満月をイメージしているようです(^。^)

私のはちょっと太っちょうさぎでした(#^.^#)

上品な辛子蓮根や手前のボケているのが夏芋 巻物は忘れてしまったけれど美味しかったよ(^^ゞ

Photo_4

この時点でけっこうお腹いっぱいになっていましたが

分けとく山、野崎シェフのスペシャリテ 鮑の磯焼が登場

殻の中はスライスした蒸し鮑が これまたやわらかくて美味しい

だけど肝を出汁でのばして葛で絡めたソースは う~ん どうだろう

乾燥磯海苔を絡めると磯の香りがふぉわっと鼻をくすぐるが

お腹いっぱいだったせいもあるかもしれないけれど もちっとしたソースが重かった

鮑はそのまま蒸して肝だけで絡めるほうが好きかも

ってそれなら一仕事しないお店へ行きなさいですよね…。(^.^;)

ごめんなさい 野崎さん

Photo_5

さてさて 最後のご飯物は

海老ごはん

海老ご飯 て? 初めてだったのでちょっとびっくり

でも蓋を開けるとあま~い香りがいっぱい

散らした枝豆との相性もよくてけっこう美味しく頂きました

柴海老だそうで これだけ敷き詰めるのはすごい量だよね

でも個人的には違うご飯の時に来たかったかなぁ(#^.^#)

でもね お米が美味しいの

余った分は折に詰めてくれてお土産に持たせてくれるのですが

翌朝チンしていただいても美味しかったよPhoto_6

甘味は豆乳の大福

これ なかなか美味でござる~

あと お茶が美味しかったよ

こういうとこポイント高いよね(^。^)

Photo_7

大福の下には

メロン、桃、梨がジュレに絡めてあって

これも メロン、桃、梨 そのものがかなり美味しく良いもの使っているなぁ と

さて、「分けとく山」 ミュシラン★★

素材が素晴らしく野崎さんの人柄通りやさいいお味の和食処でした

お料理は¥15、000のコースのみで

私達はカウンター席を予約していきましたが

カウンターでもテーブル席でも奥座敷でもこのコース一本だそうです

カウンターで店主と話しながら旨いもの出してもらうスタイルが好きな私達には、ちょっと不完全燃焼だったかな?

でも、一見さんだった私達に常連さんの前にいた野崎さん何度も来てくれて

ピリッと辛い山葵に「山葵美味しいですねぇ これだけで酒、何杯もいけますよ」と言ったケビンに

山葵を冷酒で溶かして「こうすると甘くなるんですよ」と教えてくれたり 有名店のきどりもなくとても感じの良い接客でした

夜も更けると業界風の団体様がいらして高級ワインをポンポンあけて同じ料理を頂いておりましたが

あ~ この料理にそのワインは合わないだろう。。。 とちょっと思ってしまいました(#^.^#)

帰りは野崎さん自らお店の前までお見送り

ずっとずっと立ってていらして 振り返ると深くお辞儀を‥

そういう姿勢は大切ですよね (^。^)

|

お誕生日には‥

_edited1

ずっと甘いもの控えてきたから 今日は特別!

堂島ロールで有名な「モンシェール」の苺のショートケーキ

うふっ 小さな堂島ロールまで乗っかってて

三段スライスのスポンジの間にも苺と生クリームがいっぱい

ここの生クリームはさっぱりしてて食べやすいの(^^)

しかし 誕生日当日(9月7日金曜日)

母を胃ろう交換のため介護施設から病院へ連れて行ったり

その帰りに炎天下で父のお墓参りへ行ったりですっかり疲れてしまい

夕方から爆睡 

夜はお寿司とって乾杯したけれど‥

ケーキなんて食べたくない程気持ち悪く 早くから寝てしまいました

とほほっ

でもいっぱい寝たから大丈夫

今日は土曜日 朝ごはんはケーキだぜ

と 二人で1ホール平らげてしまいました

うわぁ~ 高カロリー、高コレステロールだね

でも久しぶりのケーキ おいしかったぁ

|

見た目地味だけど‥

Photo_5

ずっと前にベーコンのポテサラをどこかで頂いたことがあって

それはにんにくが効いていて以外にもさっぱりしていて美味しかった

たまたまハムを切らしていたから 作ってみた

ジャーマン・ポテト風 ポテサラ

ベーコンを軽く炒め、その油とオリーブオイルで玉ねぎとにんにくをじっくり炒める

それを茹でたジャガイモに和えるだけ

塩・胡椒して 少しマヨネーズを入れてのばした

ん~ん クリーミィーでなかなか旨いぞ (^^)v

ケビン 早く帰っておいで (^。^)

|

今日から9月‥

とはいえ‥ まだまだ猛暑は続きそうですね (´_`。)

今日は横浜三井ビルディングで三井ホームさんとの打ち合わせ

高層階からの眺めが素晴らしくて

みなとみらい地区に横浜港やベイブリッジ 反対側は我が家まで見渡せそうで

ため息がでてしまった

いいなぁ こんなところで仕事が出来てって (#^.^#)

新しい図面の確認をした後 同じフロアにあるショールームで

三井ホームオリジナルの建具やカーテン等のファブリックも見せてもらった

その後、リビングの壁全面に据え付ける書棚を見に

今度は西口にある「ギャラリー収納 横浜」まででかけた

デザインはすぐに決まったけれど色で迷って‥

フローリングの色、壁の色、クローゼットの色、その他の家具の色

統一感をもたせるのか 個性を出すのか‥

なかなか難しいものですね

でもいい感じに進んできてはいる

だんだん現実味がしてきたリフォーム

年明けなんてあっと言う間なんだろうなぁ

お引越しにいろいろ片付けなくてはいけない事を思うと 気が重いけれど‥

打ち合わせが終わってから、お昼は近くにある九つ井(ここのついど)でお蕎麦を頂いた

Photo_2

すごいひさしぶりの訪問

ケビンは天ざる 私はいろいろ楽しめる三色蕎麦

Photo

なめこ蕎麦と 穴子と とろろ蕎麦

天ぷらは衣少なめでカラッと お蕎麦ももちろん美味しかった

ケビンにはお蕎麦の量が少ないだろうなぁ と思って苦手な穴子蕎麦をあげたら

私もやっぱり物足りなくなってしまった (#^.^#)

九つ井

ギャラリー収納 横浜

|

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »