« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

8月22日

_edited1

今日は大切なお友達の快気祝い

二人の馴染みの店「エピ」さんにてランチ会の皆が集まってくれました。

彼女とはこの近くのフランス語教室で知り合って5年

とにかくいつも逢っていたように思う。。。

こんなに頻繁に同じ友達と逢っていたのは学生時代以来?

そんな気の合った友人だけれど‥

彼女は私にたくさんの事を教えてくれて

手を取り合って笑ったり 共感したと思えば 無性に腹がたったり(笑)

刺激しあいながら時を重ねてきました。

だから彼女の病気を知った時には‥ 動揺した

正直 最悪の事も考えた

だから 「快気祝い」までこれたことが心からうれしいんです。

きっとそれは 今日集まってくれた他の面々も同じ気持ちだと思う。

よかったね 元気になって

いっぱい頑張ったね 偉かったね すごかったね

そして‥ 寂しかったよ 貴方と一緒に遊べなかった日々が‥

Photo

ランチタイムのエピさんで この日は特別 シェフお任せ料理を頂く

アミューズは田舎風パテにプロシュートやピクルス達

ロゼのヴァン・ムスーで乾杯!

Photo_2

次のお皿は‥

サーモンのミ・キュイ セニャンな火入れが おいしい

下に敷かれているのはラビゴットソースだそうです(^^)

ここもお野菜が美味しいんですよ

グリーンアスパラ 美味しかった

Photo_3

暖かいコーンスープ

暑い日にかえって暖かいスープの方が美味しかったりします

ほっとしますね

身体にもいいのよね(^。^)

Photo_7

そしてメインの牛フィレステーキ

ここのお肉も最高ですよ うふっ 高級レストランのランチのようです

Photo_8

そして、デセールは桃のゼリー寄せ

さっぱりしたデセールが嬉しい!

桃 甘くて美味しかった

今日 急に来れなくなってしまった友人からシャンパーニュのプレゼントがあったりして

サプライズ

楽しかったね

そしてまた刺激しあえるいい~関係を築いていってくれますか?

ランチ会の皆さんも これからもよろしくね m(_ _)m

そして、エピシェフetマダム メルシ! (^_-)

Le petit restaurant épi

|

ビールのお供は やっぱりコレだね!

Photo

今年も鶴岡からだだちゃ豆が送られてきました。

この10倍の量あるんですよ

もう寸胴鍋2回に分けて茹で上げました

新鮮なうちに茹でて冷凍にしておけばずっと楽しめますからね

Photo_2

だだちゃ豆にはやっぱりビール!

今夜は冷蔵庫にあったものでチャチャと夕飯

ベーコンのゴーヤーチャンプルに豚赤身と九条葱の甘味噌炒め

どっちもビールに合うんだな (^。^)

茹でたては美味しいってこの青い器3杯分 二人で食べ続けてしまいました

指がふやけてしまったよ (#^.^#)

|

ちびたのワイン会 8e

お盆のお中日14日に

今年もワイン会が開催されました。

Photo_9

以下エピさんのblogから抜粋させていただきました。 m(_ _)m

今回のワイン会は少し趣向を変え、珍しいワイン2本とエピ的に王道のワイン2本、シャンパーニュ1本で行う運びとなりました(^。^)

シャンパーニュはレコルタン・マニピュランで、メディア等でも最近多く紹介されている、ご存知ギィ・シャルルマーニュ。

ブラン・ド・ブランの特徴を良く表していて、とても綺麗な黄金色。

グラスに注ぐと美しい泡が底から立ち上がります。

決してクリーミーな泡ではありませんが、明るいうちから頂くのにはこれくらい力強い方が心地よいです。

ドメーヌ ローラン・ルーミエ 2009年 クロ・ヴージョ グラン・クリュ。

手入れの行き届いた畑から出来る素晴しいワイン、同銘柄のワインでベスト10に入る優良区画と生産者です

いつ飲んでもハズレの無い1本、最近では手に入れにくくなりました。

まだ閉じる前のぎりぎりの所。 とてもフローラルで香水の様に優雅な芳香を漂わせ、一瞬口にするのを躊躇うほどでした。

今後どの様に変化して行くのか楽しみなワインです。

ドメーヌ ユドロ・バイエ 2009年 ボンヌ・マール グラン・クリュ。

熟したベリー系の香り、液体濃度と口当たりの滑らかさは特筆もので、先月試飲した2008年より好印象。

余韻も長いので色々な変化を楽しめます。

生産本数が少ないので、見かけたら迷わず入手です。

そして珍しいワイン1本目。

1965年シャトー・ピション・ロングヴィル・コンテス・ド・ラランド

収穫から数えて47年前の超オフヴィンテージと言われている年のワインです。

半年以上前からセラーに立てておき抜栓の日を待っていました。

ブッションは、壜詰め後約45年~46年間リコルクされていませんからもうボロボロ

色々な道具を使いあれやこれやで30分・・・ ようやく抜栓。

液面側がしっかり残っていたので大事には至らずに済みました。

ボトルトップとミドル、エンドで。全く違うワインでした。

トップはクリーンでとても綺麗な赤褐色。

ミドルは若干透明度が低く濃い色合い。

エンドは1センチ注いだ時点でリーデルの底が見えないくらい。

香りはどの部分も申し分無く、47年前のワインとはとても思えない程 力強く良い香りでした。

珍しいワイン2本目はブラインドで・・・

塩尻メルロー2004年リミテッド。

正解者は出ませんでしたが、これは仕方が無い事だと思います。

ワインの出来が余りにも良くて、まさか日本の物だとは 正直、正解を知っている私でさえ思えませんでした。

生産者の方が数年前、エピに直接売り込みにいらっしゃったので購入しましたが、そうでなければ多分味わう事の無かったであろうこのワイン

価格が今現在どうなっているのでしょう

当時の購入価格が高額だった為 お勧めしにくいですが、日本のワインを知る良いキッカケになる1本だと思います。

ということで今年のワイン会はちょっと面白いラインナップでしたね

当日1人キャンセルが出たことから

それなら私が‥と手を上げ

まぁ 舐めるだけで残りはケビンに飲んでもらおうと思っていましたが

ところがどっこい(ふるいなぁ~)

あまりにも美味しくて一人分しっかりと頂けてしまいました

やった~ ワイン飲めるようになったと喜んでいましたが

後日違うところで普通のワインを頂いたら 頭クラクラ

ん~ん 高級ワインってやっぱり身体にもいいんだ

なんて都合良く納得をした次第であります (#^.^#)v

|

夏休みの とある日のランチ は‥

_edited1_3

ベランダのバジルが元気です

今日も使う分だけ摘んできてバジルペーストを作りましょ (^^)

_edited1_4

にんにく、松の実にオリーブオイルとパルメザンチーズをフードプロセッサーでガーッツ

最後にバジルの葉も入れてなめらかになるまでガーッ

もっと少ない量の時は乳鉢を使って‥

出来立ては美味しいよ~ (^。^)

_edited1_5

ベーコンと茸のペンネ・ジェノベーゼ

バジルの香りが最高です (^。^)

|

Season 3 COURS:8

3ヶ月ぶりの製パン学校です

ひさしぶり過ぎて手元がもたつきました (#^.^#)

ついでにカメラも忘れてしまい

携帯での撮影

Photo_21

今日はオレンジと蜂蜜の風味豊かな

Pain de seigle miel à l'orange パン・ド・セーグル・ミエル・ア・ロランジュ

香り付けにオレンジフラワーウォーターというのを練り込みます

もちろん蜂蜜もたっぷり入ってます

そして

Pain du safran パン・デュ・サフラン

サフランの黄色が美しい食事パンです

Photo_22

スライスすると こんな黄色!

これには魚介類が合うそうです

今夜はブイヤベースに決まったな (^。^)v

家に帰ってから自分が焼いたパンを撮影!

Photo_23

クープも綺麗に入って美味しそうでしょ (^。^)

帰りにデパ地下の鮮魚コーナーで生きの良いめばるを購入

Photo_25

即席ブイヤベース!(本当は魚のアラなので出汁をとる)

香味野菜に魚介類を入れて軽く煮込むだけ

エルブ・ド・プロヴァンスを入れて‥

サフランはパンにたっぷり入っているのであえて使いませんでした。

_edited1_6

ぷりっぷりめばるも、蛤も、海老も美味しかった

_edited1_2

スープは漉して‥

自家製ルイユ(アイオリソース)にはアリッサ(香辛料が入った唐辛子ペースト)をたっぷり入れて

パンにのせて浸していただきます

う~ん 美味しい

簡単ブイヤベースだったけれど 魚介の旨みがたっぷりでました

そしてサフランの香りとちょっぴりの苦味がとてもよく合いました。

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

|

カッティングボード

を また買ってしまいました (#^.^#)

Photo_19

ブラックチェリーの細長タイプ

白いアクセント模様がかわいいでしょ (^。^)

カッティングボードというより 前菜など盛り付けるお皿代わり‥

何を盛ろうかなぁ。。。

Photo_20

出番が来るまでは壁の花となりました (^。^)

|

メゾン・ドュ・アッシュ・エム

Photo_10

お盆の送り火が終わって、私達は実家の近くのフレンチレストランへ

ひっさしぶりのH×M(アッシュ・エム)

ブラッスリー・アッシュ・エムからメゾン・ドュ・アッシュエムに名前が変わっていた。

Photo_11

でも店内の雰囲気もお料理もそのままでほっとする

Photo_12

お疲れ様の乾杯はヴァン・ムスーで

若鶏の白レバームースが美味しかった

ケビンはグラスワインを物色中(^。^)

Photo_13

まずは朝取れ野菜盛り

ローズ塩とアンチョビ風味のマヨネーズで

あぁ お野菜がおいしい。。。

Photo_14

そして金太郎マスのスモーク サラダ仕立て

そしてそして

Photo_15

自家製ツナのコンフィのサラダニソワーズ とサラダ三昧

お店の方に「同じようなものになりますが‥」と言われましたが

いい~んです。

野菜 いっぱい摂りたいんです

それにここのお野菜ほんと美味しいのだ

Photo_16

最後はお肉料理をケビンとシェアする

牛肉の赤身でこちらもヘルシー

美味しい~ コーンも美味しい~ (^。^)

Photo_17

最後はデセールはやめてフロマージュに!

帰りは平塚駅までとぼとぼ歩いて帰りました。

夜風が気持ちよかった (^。^)

maison de HxM

|

残暑お見舞い申し上げます。

Photo_6

しかし‥ 毎日溶ける様に暑いですねぇ。。。

昨日でケビンの12日間の夏休みが終わりました。

前半は2泊3日でケビンの実家仙台へ

お父さん、お母さんがお元気だったのがなによりで

また美味しいものもたくさん頂いてきました

そして〆は今年も「すし哲」へ

Photo_2

お造りはヒカリものとぼたん海老

秋刀魚のお刺身が特に美味しかったぁ

Photo_3

好きなものをお互い楽しんだ後

最後は本鮪の赤身、中とろ 大とろで〆ました。

Photo_4

横浜へ戻ってきてからは私の実家で父の新盆です。

Photo_7

姉が精霊棚を作ってくれてて軒下には新盆用の「白提灯」が下がっていました

13日には皆でお墓参りへ行って その後母も介護タクシーにお願いして連れて来てあげることが出来ました。

夕刻には迎え火を いつものお盆とは違って父が帰ってくるのかなぁ って思うとなんだか感慨深いものがありました

15日は親戚が集まりお坊さんに読経をしていただき会食を

Photo_8

お造り撮ったらバッテリーがなくなりました(#^.^#)

そして16日

精霊棚をかたづけ、白提灯、まこも(病気を治し、邪気を払うと言われています)、牛馬(ご先祖の御霊が帰ってくるときのお供、乗り物と言われています)等を川へ流しに行きます

とはいえ最近は川の辺に納め所があって、後で市がまとめて焼いてくれるようです

やはり川へ流すのは問題があるのですね

全てが終わってから家の前で送り火を‥

「来年もまた来てください」と願いをこめて‥

お盆が終わるとやっと二人だけの夏休み

どこへいくでもなくあっという間に過ぎてしまいましが

すこしづつ夏休みの出来事をUPしていきますね (^。^)v

|

おかげさまで‥

予定どうり二泊三日 8月4日(土)に退院してきました

結果は「冠攣縮性狭心症」という冠動脈が攣縮・狭窄するために発生する狭心症ということがわかりました。

「狭心症」は冠動脈(心臓に酸素や栄養を送っている動脈)が動脈硬化で狭窄して血流が悪くなり発作がおきるものが普通ですが

私の場合 冠動脈が急に痙攣して細くなり、心筋への血流が不足するために胸痛発作が起きるもので、今回、冠動脈の狭窄はみられなかったそうです

ドクターから動脈硬化による冠動脈の狭窄が疑われるので、バルーンで膨らませた後ステント(筒状の金属)を入れて狭窄部分を広げる治療をする確立が高いと言われていたのでかなり凹んでいたのです

なので検査だけで終わってよかった

その心臓カテーテル検査ですが‥

前日、剃毛をするのですが 医療用シェーバーをお借りしてシャワールームで自分でさせてもらえるのですが、初めてなものでどこまでしたらいいのかわからなかった(#^.^#)

なんでも検査後のテーピングは反対の足の付け根までくるそうなので、テープを剥すとき痛くないところまでするみたい

そして、検査当日 検査着を着せられストレッチャーでアンギオ(血管造影)室へ

ソケイ部からお腹、足の付け根まで消毒される

その後局部麻酔を打たれカテーテルを挿入します

麻酔注射は何本も打たれ、中でも深部に挿したのはかなり痛かった

カテーテルを入れる時も痛かったかな 動脈と静脈に1本づつ入れるそうです

そして動脈から造影剤を注入して冠動脈を映します

造影剤が入ると身体が熱く感じるといいますが、私にはそれはなかった

次に誘発剤を注入して発作を起こします

と胸が締め付けられるようになったりドキドキしたりかなり苦しくなりました

心臓に直接ニトログリセリンを注入して即座に痙攣を解除させます

すると すぅ~と楽になったからすごいもんです

そして、始終看護師が声をかけてくれ、安心できありがたいなって思いました

検査が終わり、カテーテルが抜かれ、ドクターが手で押さえ止血する数十分の間に簡単な説明がされました。

私の冠動脈はかなり細いらしく走り方も複雑だそうで今後危険を伴うのでよっぽどの事がないかぎり心臓カテーテルは行わないそうです よかったぁ

それから騒いでいたベッド問題ですが

病院で用意してくれた低反発マットは私が家で使っているものより少し硬いかんじがしましたがとてもありがたかったです

それでも6時間の絶対安静はやはりきつかった

そもそもアンギオ(血管造影)室へ入ってから退室するまで2時間かかったのでトータル8時間ですよ

心配していた検査台はウォーターマットらしく身体が少し沈み込む感じで「硬いまな板の鯉」にはならずに済みましたが

それでもこの2時間でかなり腰にきてました

なので病室へ戻るときに乗せられたストレッチャーの硬さはきつかったぁ(;_;)

やっと病室のベッドへ戻り3時間は傷口に砂袋を置いて絶対安静

頭も動かしてはいけないそうです

頭を前に起こしたりすると腹筋が使われ出血してしまう可能性があるそうで 動脈なので吹き出るように出血しちゃうみたい

事実、同室の方は二度目の経過観察による心臓カテーテル検査で手首から入れたそうですが

なにかの弾みで手首の管の蓋が外れた?(詳しくはわからなかったけれど)血があふれ出して騒いでおりました

なのでここはとにかくおとなしく坐骨神経痛がしびれようと、腰や背中がのめり込もうと、じっと同じ体勢でいなくてはならぬと頑張りました

3時間過ぎると砂袋も外され看護師さんが寝返りをさせてくれるのですが

(自分ではやはり力が入って腹筋が動くのでとにかく だらぁ と身体を預けていなければいけないのです)

この寝返りといっても 下に敷いてあるシーツをぐっとひっぱって私の身体を横向きにさせる

すると圧迫していた腰、背中がす~っと血が通ったように楽になるんですが

そう 一瞬天国になる

その後、ベッドとの間に枕を差し込まれそこに体重を預ける体勢になるのですが

今度は下になった腰や背中に痛みが集中してきます

ぐっと我慢して時計を見ながらまだ15分 まだ30分 と時間の経過を見ながらナースコールを押し また寝返りを打たせてもらう

とこの繰り返しで6時間過ごしました

これがステント治療が行われたら6時間では済まず翌朝までCCU(心臓血管集中治療室)へ入れられ絶対安静を余儀なくされるのですから

これで済んで本当に良かったと思っています

「冠攣縮性狭心症」ははっきりした原因はわからないそうですが喫煙、ストレス等が挙げられているみたい

そして副交感神経優位になったとき発生しやすく

日本人は欧米人に比べて多いとされているそうです

今回同室で2回目の検査入院されていた方「先ほど手首から血が吹き出たと書いた方」は

なんの自覚症状もなく健康診断で異常が見つかりカテーテル検査をしたところ

冠動脈の狭窄がみつかったそうです

彼女は一回目の心臓カテーテル検査でステントで治療を行い今回の経過観察で再び狭窄部分がみつかり

3ヵ月後にまたカテーテルを入れステント治療をするそうです(再発 多いそうです)

でも、健康診断しなかったら知らないうちに血管が詰まって大変なことになっていたかも

皆さんも 何かおかしいな? と思ったらすぐに診てもらったり健康診断やドックをこころがけるようにしたいですね

そして、低反発マットはお勧めですよ(^_-)

あれがなかったら どれだけ辛かったか~。。。

私はこれから楽物治療を行っていくそうですが これを機に再び生活習慣を見直していこうと思っています

|

8月1日

今日から8月ですね~

明日から二泊三日の検査入院です

なんだか毎年なんだかんだで入院しているなぁ(#^.^#)

Photo

つーわけで 我が家には お泊りセット ではなく 入院セットが洗面台の下にあります(笑)

100均の洗面器とコップに赤いのは箸と箸入れ

Photo_2

これはず~と昔のエールフランス機内食の時のカトラリー

あまりにもかわいいので往復二人分頂いて来ちゃいました

未だに重宝しているのだ (#^.^#)

さて、先ほど病院から連絡を頂き 個室は取れなかったそうですが

低反発マットは確保できたそうです

これで少しはほっとしましたが‥ どんなマットなのかは行ってみないとわかりませんよね(^^ゞ

今日友人とお昼を一緒にしたのですが‥

彼女の上司に心臓カテーテル検査をしたことがある方がいて

やはり検査後の拘束が大変だったと言っていたそうです (;_;)

はぁ~ やだなぁ。。。

ケビンに 子供じゃないんだから って叱られますが

今回はなんか憂鬱なんだよねぇ

だって元気なのに動けないってやっぱ拷問だよん

それでも左のみぞおちがきゅんきゅんしたり 圧迫感があったりするので

頑張って受けてきますね

そもそも循環器内科へ受診したのは

突然 胸の中がつったみたいに痛くなって それが顎までつったみたいになって

背中も つったみたいになって

なぁに? これ? 何が起こったのかしらん 呼吸はちゃんとできる

静かに深く呼吸してソファで休んでいたら5分程で収まったのね

その後はなんでもなくて‥

そんな 発作? が3回ぐらいあったので

ネットで調べてみたら 狭心症の症状に似たものがあったのです

ある方の書き込みでは そんな発作を放っておいたら3ケ月後に大きな発作がきて

救急車で運ばれ半年寝たきりになったって

それはまずい といつもの主治医に相談して循環器内科で診てもらうことになりました

ニトロのスプレーをもらって 今度発作が起きたら舌下にスプレーしてください

それでも収まらなかったらもう一度スプレーして それでも収まらなかったら救急車呼んでください

幸いあれからあのような発作は起きていないのでお守り代わりにいつも鞄に入れてあります

心臓エコーでは異常はなかったのですが

運動負荷心電図(ルームランナーみたいのに乗って歩いたり走ったりして心電図とる)に異常がみられたそうで

今回、心臓カテーテル検査をすることになった という経緯であります。

なんでもありませんように‥

この検査は一度で済みますように‥

と祈って明日出かけてきますね(;_;)

検査日(金曜日)はケビンが仕事を休んで付いていてくれるので

頑張れるかな?

帰ってきたら入院記録をまた報告しま~す (#^.^#)v

|

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »