« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月

今日のおやつは‥

冷蔵庫をゴソゴソ探っていたらタヒチ産のバニラビーンズが

カピカピになって出てきた

おぉ これはもったいない。。。

あわててミルクに浸して やわらかくなったら鞘を縦半分に割って

生クリームと一緒に沸騰直前まで暖めた

そう 今日はクレーム・ブリュレをひさしぶりに作った

まぁ これが一番簡単だしね (^。^)

_edited1

でも、昨日の木の実のケーキも残ってるんだよね

ってことで 今日はちょっと豪華なおやつ!

ブルーベリーもお安く出回っていたので朝食用に買ってあったの

_edited1_2

やっぱりこのカラメルよね ブリュレは(^。^)

パリン の下に とろ~り 濃厚なクレームが

ん~ん しあわせ ♪

また太るぞ~ (影の声‥)

|

Spaghetti alla Bottarga

Photo

伊豆下田産のからすみで作った

スパゲッティ・ボッタルガ(カラスミのスパゲッティ)

作り方は簡単 アーリオ・オーリオ・ペペロンチーノにからすみパウダーを混ぜるだけ

今日は今が旬の菜の花も入れて

お皿に盛ったらからすみパウダーをさらにたっぷり

ボナペティ♪

Photo_2

プラはカジキのソテーにしました

南仏土産のスパイス CINQ PARFUMS(五つの香り)を使って‥

Photo_3

デセールは木の実とチョコのケーキ

アーモンド、カシューナッツ、ピーカンナッツ、かぼちゃの種、くるみ、オレンジピールにレーズン チョコが入ったリッチなケーキ

Photo_4

ん~ん 今夜もおなかいっぱいだ (^。^)

|

海‥ そして星空と

Photo_10

海を見ながら ゴトゴトと 鈍行列車に揺られ‥

Photo_3

Photo_4

お弁当を食べる。。。

今日は中学校時代のお友達に誘われ、伊豆下田へ一泊の温泉旅行だ

そしてお宿も‥

Photo_5

海が一望できるお部屋で‥

Photo_7

階段を登って‥

天空風呂で夕陽を眺める

おぉ~ 地球はすごいぞ~ 生きてるぞ~ (^。^)

Photo_8

美味しい夕飯を食べながら 気の置けない仲間との話は尽きません

楽しかったぁ 皆ありがとうね

温泉にもいっぱい浸かってとっても癒された一泊二日でした

ほんの数時間電車で移動するだけで こんなにも空気が違うものなのね♪

Photo_12

陽が沈むと共に光を放つ三日月 moon3 その下に現れる一番星

それからはまるでプラネタリウムのような天空のショーが始まるのでした

降ってきそうな天の川 手が届きそうな星たちが舞う shine

そんな星空に包まれながら 独り 亡き父に語りかける

そしたらね す~っと 流れ星が ひとつ流れたの

まるで父が答えてくれたみたいで とても嬉しかった heart04

下田大和館

|

ありがとうね ワンコ

Photo

1月24日 愛犬が天国へ旅立ちました

13歳と半年でした。

危篤の知らせを聞いて病院へ駆けつけたました

私を見たら やっと迎えに来てくれたのか と思ったかのように

すくっと立って私の方へ歩き出そうとしたのです

この子にしてみれば 突然いなくなってしまったママン(私の母)

寂しくて 逢いたくて いつも探し回ったのよ

そしてそれから一年

いつも二人で一緒にいたパパ(私の父)もまたいなくなってしまった

それから知り合いのお家へ連れていかれて

ずっとずっと 帰りたかったのよ と

きっと思っていたのでしょう

7月に父が亡くなってから、この子の里親が引き取りたいと申し出てくださって‥

それは最後までみさせて欲しい という約束の元でした

そして たいへん大事にかわいがってもらっていたワンコでした

でも、やっぱりこのまま連れて帰りたい ずっとさすってあげていたい

そんな衝動にかられながらも病院を後にしました

翌朝 里親の家で静かに息をひきとったそうです

亡骸は 実家へ帰してくださいました

そして‥ 姉と甥と3人で荼毘にふしました

夜には里親が御自分の着物を解いて作ったというお骨入れの袋と

ワンコの母親の時にも使ったというお香立て一式を持ってきてくださいました

お世話になった動物病院からも立派な枕花が届きました

ワンコはたくさんの人に愛されて幸せでした

今はやっと父の側へいけて安心しているかと思います

父もこれで少しは寂しくないのでは と思っております

わんこ いつも母と父の側にいてくれて 本当にありがとう

そして なにもしてあげられなくて ごめんね わんこ

Photo_11

|

ひさしぶりの更新です(^^)

Photo

朝(昼?)起きてきたら雪でした。

Photo_6

いつから雪に変わったんだろう。。。

昨夜はなんだか寝付けなくて3時半まで起きていた

そのとき外を覗いたらまだ雨だったのに‥

最近‥薬のせいか夜寝付けなくて朝起きれない

昼夜逆転 よくないね~ (#^.^#)

ムーンフェイスが見事で人に会う気にもなれずに外出といえば

母の所へ行くか夕飯のお買い物だけで家に閉じこもっています

よくないね~

雪 積もるのかな?

ケビンが帰って来るときまでには解けるといいなぁ

Photo_3

ブランチの後のお紅茶

そうそう お紅茶といえば最近高価なものを頂いた

Photo_4

フォトナム&メイソン レアリーフティー 「アッサム ハティアリ」

紅茶に詳しくない私は‥ ハティアリってなんだろう。。。

って調べてみたら 農園の名前らしい

でもフォトナム&メイソンでこんな缶見ないなぁ~

ってまたまた調べてみたら‥

そしたらこれ 一缶180g 税込 8,400円 するらしい事がわかり びっくり

ええっ~(O.O;) そんなにするのぉ~

どちらかといえば私はリーフティーよりフレバーティーの方が好みで

実は上の写真の今日の紅茶はクスミティーのアナスタシアである

これは、セイロン、キーマンをベースにベルガモット、レモン、ライムの香りで

ロマノフ王朝の悲劇の皇女、アナスタシアを偲んで作られた、柑橘系のフレーバーティー

8、400円のお紅茶はもったいなくて今のを飲み切ってから封を切ろうと思っています

↑ 庶民だねぇ~ (#^.^#)

で、またまたアッサム・ハティアリを調べてみたら

ダージリンと同様、ファーストフラッシュ(春摘み)は特徴が弱く

よりセカンドフラッシュ(夏摘み)の方がゴールデンチップ(金色の新芽)が多く含まれ最良品とされて

=口に含んだ途端、力強さとともにふわん♪と蘭や薔薇、ドライフラワーや干しぶどうのような懐かしくも甘い香りがはじけ、ぐ~~んと伸びやかに広がって華やかな余韻に変わっていく。 =

だそうだ (#^.^#)

ファーストフラッシュは生産量が少なく、なかなか市場ではみられない貴重な葉で

=バラの花のような甘く優美な香りで紅茶の美味しさを誘います。 そして透き通った濃い山吹色の水色(すいしょく)の紅茶はコクがあり、渋味もさほど強くなく、チョコレートドリンクを思わせるような味わいです。=

とこれまたワインのような形容が‥

ほんとかよ~ (^。^)

これはF・FなのかS・Fなのか表示されてないけれど

まっ とにかく楽しみが増えました (^^)v

|

Season 3 COURS:2

Photo_3

今年初めてのレッスンは‥

Photo_4

Pain aux oignons パン・オ・オニオン

じっくりと、あめ色になるまで炒めた玉ねぎを練り込んだおかずパン

焼き上がりを頂くと 玉ねぎがそんなに主張しておらずにほんのり香る感じで

食事パンとしてもいいですね

大、小のなまこ型の他に丸型も焼きました

形が違うと食感もかわってまた楽しめます

もちもちで美味しいよ~ (^^)

Photo_5

pain citron et raisin パン・シトロン・エ・レザン

ハード系生地にカレンツ(小粒のレーズン)とレモンの皮を練り込んだパン

レモンの皮といってもチーズ下ろし器なので表面を細かく削った物

香りが爽やかなパンなのだ

これはワインのお供にも朝食にもぴったり

二つとも液状天然酵母使用した風味豊かなパンです。

この日は あぁ またカメラ忘れちゃった と携帯で撮影しましたが

家に帰ったら持って行った鞄の中にカメラが入っていました …。(^.^;)

最近 そんなことばっか  とほほっ

という理由で上の2枚は携帯の写真です。

実は、家でもパンをいろいろ焼いてはいるのですが‥

なんだかオーブンの調子が悪いのか 綺麗な焼き上がりにならず

凹んでおりました

でも、Tetsu先生にコツを色々聞いてきたからまたパン焼き続けますよ~

綺麗に焼きあがったらUPするね (^。^)

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

|

ちびたのワイン会 7e

すっかりUPが遅くなってしまいましたが‥

1月4日に恒例のワイン会が Le petit restaurant épi にて開催されました(^^)

今回は6名で、そのうち私は飲めない(^^ゞ‥というこじんまりとした会でしたが

ラインナップは豪華ですよ (^。^)

Photo

エピシェフより(写真にはありませんが‥)

メゾン・フルーリーの3代目ジャン・ピエール・フルーリーさんの NVシャンパーニュで乾杯

ピノ・ノワール種100%のブラン・ド・ノワールです

そして白は、ドメーヌ・ジョルジュ・ルーミエ コルトン・シャルルマーニュ グラン・クリュ

私達が結婚した年の1998年の物

このボトルに関しては飲むのが少し遅かった感じだそうです

それでも、私 香り嗅がせていただきましたが

やっぱり素晴らしい

そして赤は

ドメーヌ・ド・ラ・ロマネ・コンティ ロマネ・サン・ヴィヴァン グラン・クリュ 2007年

松茸のような香りは時間と共に変化をみせてくれました

Photo

我が家からの差し入れはボルドーから

シャトー・コス・デストゥーネル サンテステフ 2002年

どうもブルゴーニュからボルドーへ移ると‥

おぉ~ というワインの力強さに一瞬たじろいでしまいます(^^ゞ

こちらも複雑な味わいのワイン

Photo_2

新年なので ガレット・デ・ロアで王様当てゲーム

フェーブを当てたのは なんと「王様」ってあだ名のある友人でウケテしまいました。

今回はいつものメンバーから数名これなかったけれど‥

話題豊富に盛り上がった一日でした。

次回はまた皆で集まろうね (^_-)

過去のちびたのワイン会はこちら こちら

素晴らしいワインと美味しいお料理を楽しめる

Le petit restaurant épi

渋谷区恵比寿西2-10-6-101号

TEL:03-3780-8687

|

みんなで元気になろうぜ!!

年明けは‥ 桑田さんの年越しライブに行ってきました

カウントダウン 大合唱です

私はマスクしておとなしく座って観戦するつもりでいましたが‥

無理でした (^。^)

やっぱり盛り上がっちゃうよね

でも桑田さんと1万2千人の観客にいっぱい元気をもらいました

元旦の夜からは仙台のケビンの実家へ二泊三日で行ってきました

お義父さんもお義母さんもお元気で それがなによりもありがたく嬉しかったです

お義兄さん夫婦は被災したマンションの工事がまだ進んでいないらしく

精神的に疲れているようでした

お父さんが「去年はいろいろと大変な年だったけれど 今年は少しづつ良い年になるよう皆で力を合わせて頑張りましょう」と言われました

今こうして家族が集まれる幸せに感謝して‥

皆様 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます m(_ _)m

Photo

<桑田佳祐 ライブ in 神戸&横浜 2011〜年忘れ!! みんなで元気になろうぜ!!の会〜>

ライブ会場で降ってきた風船

帰りにスタッフの方がいっぱい配ってくれました。

仙台から帰ってきてもしぼんでなかったよ (^。^)

|

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »