« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011年12月

この年の終わりに‥

クリスマスが終わったら あれよあれよと言う間に

今年もあと一日となってしまった。

体調はだいぶ戻りつつ 毎日すこしづつ小掃除をしていた

いろいろ整理したいところもあるけれど‥

今は無理をぜずにゆっくり進めて行こうと思う。

退院して2週間ぶりに母の所へ行った

思いっきり現実を突き詰められたようで かなり参った

希望を無くした母の瞳はどこを見つめているのだろうか

昨日の母はほとんど反応がない表情だった

そんな母に「私だよ‥」と繰り返し問いかけると

す~っと うっすら涙を流した

そんな母の姿が焼きついて一晩中私を苦しめた

母を抱きしめた身体の温かさをまだまだ感じていたい

けれど‥ あぁ お父さん 早くお母さんを迎えに来てあげてくださいと

心から願ってしまう自分が居る

こんな日が来ることを誰が想像しただろうか

自分の親が早く逝ってくれるのを願うなんて

‥ 年の終わりにこんな書き込みでごめんなさい

でも、吐き出させてね

そんなわけで新しい年もきっと良い年にはならないと思うけれど‥

少しでも母が楽でいられるように共に頑張っていこうと思う。

暗い気持ちだけではありません

来年は我が家をリフォームしようと ただいま計画中

そんな事を考えている時間は楽しくて時間が過ぎるのが早い

ただ今3社を選んで見積もりをお願いしてある

地元で定評のあるリフォーム専門会社と大手住宅メーカー2社だ

年明けにはそれぞれ具体案もでてくるだろう

どこに決めるのか‥ 今は3社共同じライン上

それぞれの個性と予算が私達の希望とどう合うかだ

それと営業マンはじめコーディネーターさんとの相性かな

だいたいはこんな感じ

リビングの和室を洋間に広げてキッチンをカフェ風にすることかな

リフォームの過程をblogで追っていくつもりですが

新しくなったら是非遊びにいらしてくださいね

母の事もあるし、私の体調もまだまだなので当分長期の旅行は無理のようです

なので新しくしたマイホームで今まで以上に日々の生活と楽しんでいきたいな と思っています

そんなこんなで 新しい年にむかって 自分なりの覚悟と希望を抱いております

皆様には良いお年を と心よりお祈り致します。

|

今年のイヴは‥

どうも 体調の良いときと悪いときの差がありすぎて‥

自分でコントロールできずにいます (´_`。)

そんなわけで水、木、金と寝込んでおりましたが

土曜日、朝起きてくると‥

_edited1

クリスマスソングが流れてて

クマや犬達がサンタ帽をかぶっていた。

今日はイヴだね エンジンかけなきゃ と、ケビンと二人で買い物に出かける

_edited1_2

本当は牛ほほ肉のビール煮を作る予定でいたのに

ごめんなさい 今年は買ってきたお惣菜並べるだけです

A_edited1

前菜はペックのクリスマス・オードブルセット

スモークサーモン キャビア添え

フォアグラといちじくココット

7種野菜の白ワインビネガー風味

アンティパストミスト

合鴨のロースト カポナータ

魚介のサラダ イクラ添え

A

お友達から頂いたバーニャカウダソースに

お野菜を並べる

うん 美味しいっ

Photo

スープだけは作りました

クレソンとジャガイモのスープ!

A_edited1_2

メインはローストビーフにしました

こちらも美味しかった (^。^)

_edited1_3

ケビンへのクリスマスプレゼントは リーデル ヴィノム ブルゴーニュ 2客セット

私のプレゼントは?

これから考えます (#^.^#)

それでは みなさんも良いクリスマスを‥

_edited1_4

|

épi 5周年記念パーティ

Epi_32_edited2

12月20日 今日はプチ・レストラン・エピさんの5周年記念パーティ

そして‥ この近くのフランス語教室で出会った友とも

5年が経った事になるのだ

たまたま同じクラスで一緒になった生徒の一人だったけれど

なんだか妙に気が合って それからは毎週レッスンの度に彼女に会うのが楽しみだった

今では古くからの友人のような気持ちがする かけがえのない友のひとりだ

あの日の事は昨日の事のように覚えている

和菓子屋さんだったココにかわいいカフェなの?レストランなの?

なんてお店が現れたのは‥

レッスンの後の そろそろランチタイムも終わる頃

二人で初めてココに寄った事

そして気に入ってしまったこと

かわいらしいカフェ風のお店なのに 本格的なフランス料理が出てくること

シェフもマダムも気さくで なんだか嬉しくなってしまったこと

聞けば‥シェフ達も私達二人の印象が忘れられなかったとか(#^.^#)

これも出会い ですね

あれから5年

今では私達夫婦にもかけがえのないお店になっています。

Epi_31_edited1_2

Epi_33_edited2

今日は料理はしません とホスト役に勤めるシェフと常連さん達

初めての方ともたくさんお話しが出来て楽しいひと時でした

マダムは厨房にこもってお皿が空くと次の料理をどんどん出してくれてました

Epi_34_edited2

名物のムール貝やマダムお手製のデセールも!

どれも美味しかったよ (^。^)

Epi_35_edited1

お客さんのひとり、ラーメン屋さんが作ってくれたパスタ3品

こちらも美味かったよ

Epi_36_edited1

ジョルジュ・ルーミエのとても珍しい2008年モレ・サン・ドゥニのマグナムボトルはなんとサイン入り

Epi_38_edited2

épiさんといえばブルゴーニュ!ですが

5周年はボルドーにも力入ってるようですよ(^^)

Epi_37b_edited1

友人と一緒に撮ってもらった写真を見たら

やっぱり浮腫んでいた自分の顔にがっくりしたけれど‥

これもいい記念になりました(#^.^#)

最後に‥ いつも美味しいお料理とくつろぎの場を提供してくださるépiさん

5周年 心よりおめでとうございます

この時をご一緒できたこと とても幸せに思います

そして‥

Epi_39_edited1

Le petit restaurant épi

|

むくむくぅ

1_2

再び副腎皮質ステロイドの治療が始まって2週間が経ちました

ん~ん 痛みはほとんど無くなって快適なのであるのですが

始まりました

むくむく むくむく ってプレドニンの副作用のひとつである

ムーンフェイスと体重増加が キタキタ~ って感じです

はぁ~

前回の治療の時も5kg増えた体重ですが

投与が終わった今年の春ごろから除除に戻ってきたのに

また折り返してしまったか です crying

それでもあの痛みから逃れられるのならどんなに良いか

と思ってきたけれど‥

やっぱり太るのって悲しい。。。

それも むくみちゃん って感じなんだもん

既存の洋服がキツクなってきた

うっ やばいなぁ~

食べるもの制限しなくっちゃ~ です (´_`。)

|

ベルギーワッフル!

Photo

ひさしぶりにワッフルを焼いた‥

ん~ん バターが溶けるいい~匂い

Photo_2

朝食用にはゴーダーチーズをいっぱい入れて

ほらっ とろ~りチーズもトロケル

これには黒胡椒を挽いて、サラダと共に頂きました。

Photo_4

お三時には‥

私はシンプルに粉砂糖をかけて

Photo_3

ケビンはバナナとホイップクリームでリッチに頂きました (^。^)

|

Pot-au-feu

Photo

寒さも本番になってきましたね

今日はコトコト ソーセージのポトフー!

根菜とベーコンをたっぷりのブーケガルニで煮込んだら

ソーセージを加えてさらにコトコト

Photo_2

ほらっ プリップりのソーセージ!

Photo_3

ベーコンもフォークでほろりと崩れます

フライパンで表面を焼き付けて余分な脂を出してから入れるのがコツ

玉ねぎ、下仁田ねぎ、人参、牛蒡、セロリ

お野菜の甘さが溶け込んでスープもまろやかぁ

Photo_4

お皿に移して‥ 粒マスタードをたっぷりつけて

ハフハフッ おいしい~

そーいえば本場フランスでは牛の骨髄が入ってて

骨の中のネトッとしたゼリー質食べたっけなぁ

あの時もノエルの前の寒~い日だった

クリニャンクールのビストロで‥

明日はスープにキャベツも入れていただこう♪

|

戻ってきました (^^)

_edited1

予定より一日遅れての退院

ふ~っ

まずは熱いシャワーを浴びて‥

お気に入りの音楽を流し‥ 美味しい珈琲を淹れる。。。

家の中は綺麗好きなケビンのおかげで 私が居る頃より整っている (#^.^#)

美味しい焼き菓子が食べたいなぁ~ ってこないだちょろって言ったら

それも用意してあって‥ あいがたい限りです‥

今回は検査入院とばかり思っていたら‥なんと治療も兼ねていて

そうだよね 検査でそんな長く入院しないよね…。(^.^;)

2年前のちょうど同じ日(ケビンのお誕生日)にも入院して

あの時は「球後視神経炎」という病気でしたが

今回も同じ治療法のステロイドのパルス療法(ステロイド剤を大量に点滴注射する)というのをやりました

ただし あの時は左の視力が急激に落ちたのに対し

今回はトローザハント症候群(眼球の奥の脳幹の近くにある海綿静脈洞というところに 小さな小さな腫瘍ができて神経にあたり炎症をおこしている)の再発でステロイドの量も以前よりはかなり少ないとのことでした。

点滴投与後は内服(プレドニン)に切り替えて徐々に減らしていきます

髄液検査は陰性で他の大きな病気も見つからず、造影MRIでも大きな腫瘍も確認されなかったので、手術する必要もなく胸を撫で下ろしましたが

けっきょくまだまだプレドニンと付き合っていかなければいけないようです

今はまだ左目の圧迫感や顔面のシビレなど若干残っているものの痛みはずいぶん楽になりました

トローザハント症候群でステロイド投与を始めたのが去年の2月で

だんだんと量を減らし今年の初め頃には投与終了したのに

どうもこのぐらいの時期になると再発するようです (´_`。)

去年の手記を読み返してみると日を追って良くなっていくみたいなので

早くすっきり出来る日がくるといいなぁ っと願っております

Photo

入院していた病棟のエレベーターホール 

首都高速とみなとみらいが一望できます

Photo_2

夜景がまた綺麗でね

左方向の羽田空港からいくつも離陸した飛行機が線を引いたように繋がっていく様を毎晩眺めていました

ここで皆既日食も見ました

Photo_3

下の公園の桜山は桜の季節にはピンクの絨毯になります

Photo_4

こちらは病室からの眺め‥

ゴルフ練習場の向こうには我が家のマンションが見えます

早く帰りたいなぁ~って 毎日覗いておりました。

今回は個室がいっぱいだったので大部屋に

私の病室は耳鼻科と眼科の方がほとんどで白内障ツアーのおばさま達と

毎日きゃきゃとおしゃべりしておりました

「貴方はまだお若いからぁ」なんて言われて調子こいてました

あと甲状腺の手術をされた方、これからされる方等

回転が早くって入院してから退院するまで全6ベッド人が変わり

デイ・ルームでも違うお部屋のおじ様とも仲良くなって

いろんなお話しができて 個室よりもずっと良かったなって思いました。

痛みさえなければ他は元気ですからね 狭いながらも病棟内や上のレストラン

移動図書館 下のコンビニなど動き回っておりました

でも それも一週間が限界だ (#^.^#)

そんなわけで‥ やっと退院しもとの場所へ戻って来れました。

これからも薬と上手く付き合いながら‥

自分と家族との生活を楽しんで行こうと思います

いっぱい世話かけちゃった ケビンに心から感謝をのべて‥

|

一日早く‥

Photo

明日はケビンの50回目のお誕生日

おぉ 大台ですね (^。^)

一日早く 今夜はケーキではっぴばぁすでぃ

明日から私は検査入院で一週間ほど家を空けてしまうので‥

なんか前もあったよね ケビンのお誕生日に入院って(#^.^#)

あのときは緊急だったけれど‥

今回は最近また悪さをしている顔面痛の検査なので

そんなに心配することではないけれど‥

またまたひとりっきりのお誕生日になっちゃった。

というわけで ひさしぶりのblog更新ですが

またしてもしばらくお休みとなりました

でもでも私は元気なのでご心配なく

週末まではきっと髄液検査後の頭痛でおとなしく寝ていると思うけれど

その後はきっと退屈していると思うので

よかったら携帯メールでもくださいませませ (#^.^#)

|

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »