« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

Déjeuner du matin

_edited1

今日のお昼ご飯は‥

ストックしてあったポルチーニソースでスパゲッティに絡めてみよう。。。

_edited1_2

フレッシュポルチーニは手に入らないので

エリンギとブラウンマシュルームをスライスしてガーリックとオリーブオイルで炒め

ポルチーニソースを入れ、生クリームとパスタのゆで汁で溶きました

塩、胡椒して ん~ん なんか一味足りない!

昆布茶を隠し味に‥

美味しいパスタが出来ました

タリアッテレがあったらそっちの方がもっとソースが絡まっていいかも (^。^)

|

今日のテラスカフェ‥

_edited1_2

お花屋さんのクロちゃんとお散歩途中の桜子ちゃん

仲良し! (^。^)

 写真一番上のクロちゃん 舌でお鼻をなめているのよ

 お姉さんがおやつを持っているからね (^_-)

 もっと大きく載せればよかったかな (^。^)

terrase cafe 720

|

La fête de mariage

今日はパーティの打ち合わせにépiさんへ伺いました

そしたら別のパーティのお話しも‥

うふっ 華やかなことは大好きです

詳細はまたのお楽しみに (^。^)

さて 打ち合わせの前にケビンとランチを‥

Photo

お野菜と豆のスープ

前菜 サーモンフィュメの下にはアボカドが隠れてます

バジルソースで美味しかった(^^)

デセールはチョコのムースにバニラアイス

これも美味しい(^^)

さて、メインは‥

黒板のランチコースは鶏のコンフィだったけれど‥

えへっ 隠れメニューです (^。^)

Photo_2

鮎のポワレの下に帆立と海老のリゾット

そして今期最後のサマートリュフがいっぱい

ふわぁ~ と 香りも 食感も ‥

美味しい~ (^。^)v

_edited1

Trick or Treat Trick or Treat

今年のジャック・オー・ランタンは凄みがありますね (^。^)

Le petit restaurant épi

|

秋の日に‥

Photo

仙台の義兄夫婦が父のお墓参りに来てくださいました。

遠いところから来て頂きありがたいです

お昼は鉄板焼きへお連れいたしました。

Photo_2

今日は個室なのでお庭の景色を眺めながら4人でゆっくりと‥

もう少しで紅葉も赤くなるかな

Photo_3

スパークリング・ワインで乾杯

前菜、鮪炙り焼のカルパッチョ 新鮮野菜いろいろ

Photo_4

前菜の後はマシュルームの暖かいスープ

今日は「特選黒毛和牛のコース」と「鮑と牛ヒレ肉のコース」を二人づつでシェアしました

Photo_5

黒毛和牛コースから鱸のポワレ 蛤のブールブラン バジル風味

ジャガイモのクリスティヤンうろこ仕立てはポール・ボキューズ風

Photo_6

新潟産活鮑のステーキ プルギニョンソース

やわらかぁい (^。^) 

Photo_7

お肉は和牛ヒレ、黒毛和牛ヒレ、黒毛和牛サーロインを4人で食べ比べ‥

ん~ん 違いがわかる大人です (#^.^#)

ご飯はガーリックライスに変えていただき

鉄板焼きのガーリックライスって美味しいですよね

Photo_8

デザートは別室でゆっくりと‥

義兄の住む仙台のマンションは東日本大震災で外壁に穴が開いて外が見えていて

ダンボールやベニヤ板で補強していましたが

この度やっと修理が始まったそうです

今まで被害の大きい地域優先でなかなか職人さんが回ってこれなかったのです

すごいね マンションて外壁壊しても基礎がしっかりしていれば直せるんですね

着工に至るまでの手続きも大変だったようで

休みの日はほとんど区役所でつぶれていたそうです

やっと気持ちが落ち着き始めた頃、マンションの修復だそうで

家に居られない状況だから出てきた なんて言ってくださったけれど

本当にありがたいです

今日は4人でいっぱい食べてお話ししてつかの間のリラックスできたかな (^。^)

Photo_9

隠れ里 車屋

|

10月18日は‥

昨日は私達の結婚記念日でしたが

二人ともすっかり忘れていました

日にちが変わる頃‥

「あれっ 今日って18日?」って私が気が付くと

「うん なんで?」ってケビンもこんな風。。。

「結婚記念日じゃん」

「そうだ」

結婚してから忘れていたなんて初めての事でした (#^.^#)

かろうじてその日のうちに思い出して よかった

話は変わりますが

先日従姉妹が父の形見分けのネクタイでブックカバーを作ってプレゼントしてくれました

なんとも粋で素敵すよね (^。^)

大切に使わせてもらいます

1

|

百一日参り 2

Photo_19

お昼に豆腐懐石を頂いた後、参道を登りケーブルカー乗り場まで

皆でテクテク歩く

Photo_20

Photo_21

ケーブルカーに乗って阿夫利神社まで上がりました

Photo_22

湘南平野とその向こうに青い相模湾を望む

肉眼では三浦、房総半島 江ノ島も綺麗に見えました

Photo_23

Photo_24

父が亡くなった日のように青く晴れ渡った一日でした

お参りに行った時故人に似た人に会えると聞いていたけれど‥

父と似た人には会うことが出来ませんでした

この後親戚と別れ、姉家族と私達はお墓へ戻り お札を炊き上げて

実家でお茶を頂きました

今日からお仏壇にはお水ではなくお茶をあげるそうです

うちにも小さなお位牌があるので明日からは毎朝お茶を淹れなくっちゃ

Photo_25

無事に百か日を済ませて

これで一周忌まで父の事は終わりましたが‥

なんだか初めて もう逢えないんだ とういう実感が沸いてきてしまいました

今日は父と似た人に出会えると思ったのにな

お父さん 本当に悔いなく逝ってしまったのね って ちょっぴり寂しくもなりました

大山のご案内

|

百一日参り 1

Photo_10

亡くなられた方の霊は四十九日まで其の家の棟の下にいて

五十日めから黄泉路の旅へ出発します。

残された家族が四十九日に菩提寺に上げる四十九個のおもちを一日一日のお弁当とし

家族の方が毎日お佛壇にそなえるお水でのどをうるおし

百ヶ日めに極楽の門に至り佛様に成られます。 

百一日は佛様と成られた故き人が御先祖様の仲間入りの為に我が家へ帰る日であり

家族の方は故き人が無事に成佛したお礼詣りに大山茶湯寺へ参拝しますが

それを知っている佛様は茶湯寺の石段で家族の来山を待っているといわれます。

大山の茶湯寺は開山以来九百年の傳燈を継承する秘法百一日茶湯供養を奉修しますが

此の日供養したお茶がそれまでのお水にかわって

新しい佛様に御先祖様と同じようにお茶湯するお佛壇の最初のお茶になるわけです。 

茶湯寺参りの道すがら又帰り道によくにた人に逢えるとか聲を聞くとかいわれるのは

茶湯寺の石段で待っていた故人の霊の喜びの表現かも知れません。 

       誓正山茶湯殿涅槃寺 通称大山の茶湯寺より

Photo_10

Photo_13

Photo_14

Photo_15

百一日参りのお経をあげて頂き二枚のお札とお茶と落雁のお菓子を頂きました

お札の一枚はお墓へ戻りお線香と一緒にお炊き上げしてその灰をお墓の土に埋め

もう一枚のお札は涅槃像の絵が書かれていてこれはお仏壇へ貼り

頂いたお茶とお菓子をあげ その後家族で頂くそうです。

_edited1_4

_edited1_5

お参りの後は青木館で豆腐懐石をいただき

親戚そろって大山阿夫利神社まで参拝に行って来ました。

Photo_17

こちらもお地蔵様みたいなかわいい宝物

父が亡くなる半月前に産まれたひ孫

とうふゆば会席 青木館

|

百か日

Photo

父の百か日を迎えました

この日までに先祖代々のお墓をリフォームしました

Photo_2

-Before-

ボロボロだった外壁

祖父の代に建て直したものですが当時流行りだった石は時間と共に風化して

手を付いただけでもぼろっと崩れてしまう程‥

Photo_3

敷地いっぱいに横に広くして 埋めてあった昔のお墓も掘り起こしました

-After-

Photo_5

車椅子の母もお参りに来れるようバリアフリーにしました

今度は上等の御影石です

Photo_6

埋まっていた墓石は横に3個 後ろに10個並べられました

まだ同じ数ほどの墓石があったそうですが風化が激しくそれらは土に返したそうです

「これがじぃちゃんのじぃちゃんで‥ これがじぃちゃんのじぃちゃんのじぃちゃんで‥」

って訳わからん (#^.^#)

Photo_7

元禄時代のものもあります

父が亡くなるまでお墓の事なんてぜんぜん気にもかけていませんでしたが

ご先祖様を大切に守っていかなければと思いました。

|

今月のレッスンは‥

_edited1_3

Pain à la crème パン・ア・ラ・クレーム

ふんわりした食感はサンドイッチにピッタリ

いろいろなスプレッドを塗って食べても美味しい~

_edited1_2

こちらもお食事パン Focaccia フォカッチャです

オリーブとローズマリー風味の2種類を作りました

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

|

オリエンタル・ラウンジ

_edited1

マンダリン・オリエンタル東京

今日は紅茶好きな友人達と38階にある「オリエンタル・ラウンジ」にて

アフタヌーン・ティーを楽しみました。

こちらのアフタヌーン・ティーは一皿づつサーヴされるコース仕立てで

お茶は注文ごとに一杯ずつ抽出して提供するカップサービス

約25種類のお茶に珈琲やエスプレッソも楽しめます

_edited1_2

まずはサンドイッチプレートから‥

干し柿とクリームチーズ、ポークパストラミのサンドイッチ

フォアグラのパテにはロゼシャンパンのジュレの下に林檎のピュレが

スモークサーモンのオープンサンドにはマスタード風味のトマトと胡瓜

かわいいオリーブ生地のタルトにはパルマ産プロシュートと茸のクリーム

どれも美味しゅうございます (^。^)

これに私は、マンダリンオリエンタルブレンド(烏龍茶に柑橘系の香り)をいただきました

ん~ん いい~香りだ

_edited1_3

お次はスコーン かわいいサイズでプレーンとバナナ

これが美味しいっ

ふわふわっなクロテッドクリームにリュバーブとブルーベリーのジャム

これも美味しいっ

こちらにはトラディショナルティーからセイロンをいただきました

_edited1_5

濃厚なチョコレートムースとフランボワーズのジュレ

こちらにはエキゾチックオーチャード(烏龍茶とプーアール茶のブレンドにライチで香り)を

お友達はオランジュ・ショコラやモーリシャスヴァニラティー等

ほらっ 色だけでもこれだけ違います

_edited1_4

さて最後はクリスタルなスタンドにのったプティフールの数々

ババロワポワール、チョコレートを纏ったアーモンドスティック

スイートポテト、モンブランタルト、フォレノワールのロール仕立て

フルーツケーキ、パテ・ドュ・フルイ(フルーツゼリー)

まずはダージリンを頂き

チョコ仕立てのプティフールにはエスプレッソを選びました

そして 最後にカモマイル・ティーをゆっくり頂き

3時間弱の優雅なアフタヌーン・ティーとなりました

これだけお茶頂くと お手洗いも近くなりますね (#^.^#)

マンダリン・オリエンタル東京 オリエンタル・ラウンジ

_edited1_6

ケビンには1階にあるグルメショップでケーキを買って帰りました

美味しかったマンダリンオリエンタル・ブレンドティーも

_edited1_7

|

今日は‥

Photo_2

今日は十三夜です

でも雨でお月見は出来ませんでした

|

パリでの生活を思い出して‥

Photo_4

南仏のお土産にミックススパイスをいただきました

すっごく嬉しい (^。^)

CINQ PARFUMS(五つの香り)と

EPICES TAJINE(タジン・スパイス)

ん~ん 両方ともいろいろ使えそう~

小さな容器に少しづつ詰め替えて 香りをかいでみた

うん 今日はCINQ PARFUMSでナヴァランを作ってみようっと

Photo_5

ナヴァランとはフランス料理で仔羊の煮込みである

これには必ずカブ(ナヴェ)が入ることからナヴァランというとか‥

今日はラムチョップと牛肉(ケビンがラムはイヤだっていうから)を使いました

お肉は塩とスパイスをまぶしてからフライパンで表面を焼いて

にんにく、玉ねぎ、セロリ を炒めたお鍋に投入!

人参とじゃがいもは大きめにカット トマトピューレーを使って

カレーのように煮込みます

ここでもスパイスをたっぷり

ほんとはズッキーニも入るのですがなかったので

ぜんぜん違うけれど食感を楽しみたくてエリンギを入れました

カブは熱の通りが早いので後から入れて

緑が欲しかったのでピーマンも最後に入れました

ひよこ豆の水煮缶があったので入れる予定が忘れました(#^.^#)

Photo_6

仔羊の骨からも出汁が出て おいしい~ (^^)

お肉もほろほろです

お野菜はゴロッとね

クスクスがなかったのが残念

このスープと一緒にクスクス食べたらもっと美味しかったのになぁ。。。

パリでのホームステイ先はアルジェリア出身の美人マダムの家だった

彼女の作ってくれたクスクスは そりゃあもう美味しくて

「クスクスは次の日食べるとまた美味しいのよ」って言われたっけ

それもカレーと一緒だね

今度はクスクスとアリッサ(唐辛子ペースト)も買っておかなくっちゃね

Photo_3

|

ラズベリーのケーキ

Photo

週末にはケーキを焼こう

今日はクグロフ型でラズベリーのケーキを

Photo_2

ヨーグルトを使ったさっぱり味

ラズベリーの酸味も程よくて 甘すぎないケーキに仕上がりました

ホイップクリーム添えてもいいね ♪

|

彼女に逢えて よかった。

Photo

表参道のBVLGARI IL CAFE でお友達と待ち合わせする

カフェ日和の今日 テラス席が気持ちよかった

Photo_2

遅いランチにお腹を空かせた私は ランチボックスを

前菜、パスタ、ドルチェのセット

お味は まぁまぁ (#^.^#)

彼女は単品のパスタ

_edited1

サフラン仕立てのボンゴレ・リングイネ

面白いね 今度作ってみよう

オープンの頃はかなりの人気だったけれど だいぶ落ち着いてきたようですね

ひさしぶり 世田谷食堂のマダムと二人だけ

なかなかどうして 前向きになれないでいた最近の私に

彼女はパワースポットのような存在

逢えてよかった お話しいっぱい聞いてくれて よかった

ありがとう

明日からはがんばれそうです

_edited1_2

こちらもひさびさ デュヌラルテのパンを買って帰りました

どんだけパン好き!? (^。^)v

BVLGARI IL CAFE

d'une rarete

|

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »