« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月

それから‥

_edited1_10

芦ノ湖から仙石原へ出て あのススキの草原を通り

美味しいお饅頭屋さん「松月堂菓子舗」までお饅頭買いに走る!

温泉饅頭はすでに売り切れ すごい!皆予約してくるんだぁ

仕方ないのでつぶ餡の「公時饅頭」最後の5個をゲット

でもこれも美味しかった

霧の中のスカイラインを走り湯河原へと下りる

_edited1_8

湯河原ではワークのお店へ (^。^)

_edited1_9

ケビンは巨峰のタルト 私は栗のロールケーキ

この栗のロールケーキ マロンペーストに生クリーム、茹で栗、バナナが入っていて

食感も面白い

スポンジも卵が利いててふわふわしっとり うん やっぱりレベル高いです

こちらのお菓子もお料理も‥

今日はお惣菜をいくつか買って帰りました

ワーク またね

Photo_3

上から イカの煮込み 仔羊のカレー

有機野菜のハーブグリル 茸のマリネ 地場野菜の出汁漬け

_edited1_11

そして麦師のパンと‥

仔羊のカレーとても美味しかった

イカも 何とか風 って書いてあったけれど なんだっけかしら?

スパイスが利いてて美味しかったです

_edited1_12

箱根へ行くと必ず買ってくる「麦師」のパン

とても美味しいのだ

どんだけパン好きなのかしらん 我が家は‥ (^。^)

9月30日(金) ケビンの節電対策の平日休暇が今日で終わりました

明日10月からは元通り土日がお休みとなります

やっと我が家も通常モードに戻れます (^^)v

松月堂菓子舗

カフェ・トスカーナ

ブノワトン・グループ 麦師

ワークパパが熱海市でイタリアワインバーをオープしました

ENOTECA MANIFATTURA

熱海市田原本町7-2香月ビル1F 熱海駅から徒歩2分

|

芦ノ湖畔にて‥

Photo

ケビンがピッツァ食べに箱根に行こうと言った

下界は晴れていたけれど‥

山の上は雲がかかていてとても寒くかったよ

_edited1_13

芦ノ湖畔にある「ラ・テラッツァ」にて

_edited1_2

お酒は飲めないけれど やっぱりアンティパストから

_edited1_3

しま海老のカルパッチョ

_edited1_4

バーニャカウダ

_edited1_5

アンチョビがのっているシチリアーナと

季節の茸にモッツァレラ、水牛乳のリコッタ、グラナ、バジリコ、ルーコラを二人でシェアする

ナポリから取り寄せた窯で焼き上げるピッツァは評判どうり美味しい

ナポリが懐かしくなってドルチェにナポリ名物のババ(サバラン)を頂く

本場で頂くよりもとってもソフト やっぱり日本て出来が繊細ね

食後は隣接してある玉村豊男ライフアートミュージアムでフランスの画を眺める

_edited1_6

芦ノ湖もこんなに波立つほど風が強かったよ

本当ならテラス席で芦ノ湖眺めながらお食事したかったけれど‥

水墨画の景色もまたオツな箱根でした

イタリアンレストラン・ラ・テラッツァ

|

アメリカンなお取り皿

ずっと昔の若かりし頃

USはオレゴン州のポートランドで短期ホームスティをしてた時

ホストファミリーの食卓では必ず大きなお皿が人数分用意された

Photo_2

初めてテーブルに着いた夜は、このお皿の上にもう一回り小さな皿が

お料理を乗せてやってくるのだろうと思っていた

が 違っていた

その後、大きなテーブルには お肉の乗った大きなお皿、副菜が乗った大きなお皿

そし大きなサラダボールが どんっ どん どん! とやってきて

皆そこから好きなだけ自分の皿に取り分けて頂くのである

あっ これお取り皿用なのね と その大きさに驚いたのと同時に

日本ではそれぞれの料理にそれぞれの取り皿が用意されるものだけれど

さすがUSはそんな細かい事気にしやしないのだ と思ったものだ

(USの家庭がどこでもそうなのかは 知らないけれど‥)

だけど これ 合理的だと思った

だって お皿洗いが少なくて済むし

(ってUSはバカでっかいディッシュウォッシャーに突っ込むだけだけど)

皿が大きいのでいろいろな料理を乗せてもあまり味が混ざることもなかったのだ

ふ~ん エコだわ

(当時はエコなんて言葉知らなかったけれどね)

そんなことを思い出しながら‥最近の夕飯はUS式に取り皿は一枚!

Photo

以前、我が家のホームパーティでこのUS式を試みたけれど‥

ゲストの皆様は大きなお取り皿に戸惑って

結局 おてしょ(お小皿)をお出しすることになりました

やはり日本人はお皿が汚れたら新しいのに変えるのが文化なのかもしれませんね(^。^)

Photo_3

今夜のメインディッシュは料理家Yukaさんのレシピから「ポットロースト」

我が家のガーデンハーブはこの夏の暑さにすっかり焼けてしまったので

フレッシュハーブではなくてドライのエルブ・ド・プロヴァンスを使ってみました (^。^)

|

1AN D'ANNIVERSAIRE D'ECOLE!

_edited1_7

9月22日 Ecole Levain D'antan の一周年パーティが開催された

早いものでもう一周年ですか (^。^)

Yoshimiさんとスタッフ総出で焼き上げたたくさんのパンが並びました

バゲットやプチパン どれも美味しいけれど

_edited1_2

私に一番のお気に入りはこちら

Tout de meule トゥ・ドゥ・ムウル

フランス産石引の全粒粉を使った食事パンです

ほんのり酸味があって香ばしい皮ともちもちの中身

すっごく美味しい これいつか作りたいな (^^)v

_edited1_3

そしてこちらは新作の Pain Cassis Miel パン・カシス・ミエル

カシスのピューレをたっぷり生地に練り込み、蜂蜜とアーモンドで甘みを出すそうです

これも美味しかったぁ_edited1_8

オーブンからPouletRoti プレロティ( ローストチキン)

Gratin Dauphinoise グラタン・ダフィノア(ポテトグラタン)が出てきたら

もう皆さん手にお皿を持って集まる集まる

プレロティには香味野菜がいっぱい詰められててジューシー

ポテトもホクホクです (^。^)

_edited1_4

ヴィエノワズリーもいっぱい

パン・オ・ショコラとクロワッサンにメロンパン

フランスなのにメロンパン? 

日本の代表的な菓子パン Pain de melon メロンパン もお試しレッスンにあるんですよ

クッキー生地のサクサク感とパン生地のフワフワの相性がたまらない

これおいしいぃ の一言があちらこちらから

私も作ってみたくなりました

そして手前のかわいらしいのは

Brioche Abricot ブリオッシュ・アプリコ

アプリコット・ピューレを練り込んで作るリッチなブリオッシュです

アプリコットの酸味とミントの葉が Bon Mariage でした

_edited1_5

こちらは Rodolpheの焼き菓子

フルーツたっぷりのフィナンシェは一口サイズでぜんぶ美味しかった

タルトはアプリコットやさくらんぼ 大好きなルパーブ等

Photo_4

エクレールも出てきたよ~

もうお腹いっぱいで入らないよ~

帰りはいっぱいお土産を頂きました

もう持ちきれないほど‥

翌日お友達にもおすそ分けしてとても喜ばれました (^。^)

最後になりましたが‥

YoshimiさんRodolphe 一周年 誠におめでとうございます

これを機会に益々のご繁栄を心よりお祈り申し上げます。

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

|

そろそろ

ずいぶん長い間パンもお菓子も焼いていないので

そろそろ復活しようかな と

先日お買い物のついでにドルチェ(製菓用薄力粉)を買ってきた

とりあえずお菓子でも焼こうかな って気になりました

Photo

マドレーヌ・サレ

今日はカルピスバターにFleur de sel(塩の花)を少し足して

塩味のマドレーヌにしてみた

おへそがぷくっと膨れたのは美味しさの証

コツは生地を冷蔵庫で充分休ませて

冷やした型に絞り入れ高温で一気に焼きあげること

バターたっぷり ほんのり塩味のマドレーヌ

ハムやチーズ、ドライトマト等入れておつまみマドレーヌにしてもいいね

さて もう少し涼しくなったら パン作り 再開です (^。^)

|

がつん とランチ!

Photo

うちは外食が多いらしい。。。

ケビンのお休みの日は必ずどこかでランチしているし

彼は家でゴロゴロしているよりは外へ出たい派なのである

先週は行きたいイタリアンがあったらしく 張り切ってたけれど

私が忙しくて近場の韓国料理店で石焼キムチビビンバを食べた

なので今週リベンジで行ったら満席でした

楽しみにしていたみたいでちょっと気の毒

だいたいさぁ この暑い中外出歩くのいやなのよ わたしは‥(#^.^#) 

だからさ デパートの中とかにしない?

と今日は「横浜そごう」の中にある「JIN DIN ROU」へ

私はランチの黒酢すぶた定食に

ケビンはがっつり海鮮あんかけ炒飯に単品小籠包

ひさしぶりに中華を頂いた

黒酢の酸味に身体が喜んだ

行けなかったイタリアンは今度予約とって夜にでも行こうね ケビン

-台湾小籠包- <京鼎樓>

|

優しさに包まれたなら‥

Photo

夕方 近くに住むお友達が「一週間遅れちゃったけれど」と

お誕生日プレゼントを持ってきてくれました

昨日一緒に友人のお見舞いに行ってきたものだから

二人して なんだか今日は身体に力が入らなくって‥

なんて立ち話をしました‥

母の所へも行く気になれずに独りでボーっとしていた一日

お母さん きっと待っていただろうな

病と戦っている友人がいるというのに これではいけませんね…。(^.^;)

彼女と別れてプレゼントを開けると 暖かいメッセージが添えられてて

思わず涙ぐんでしまった

ありがとう。。。

薔薇の香りのバス・ソルトと 疲れている朝に効くというハーブティー

何気ない優しさに包まれました

人はこうして支えあいながら、守りあいながら生きていけるのですね

明日の朝は一杯のハーブティーで安らぎたいと思います

本当にありがとう

あっ 明日はケビン休みじゃん

げっ それじゃ安らげる朝は ないな。。。(#^.^#)

|

0.1%の奇跡

_edited1_2

昨日はくも膜下出血で入院している友人のお見舞いに行ってきました

2度の開頭手術の後も昏睡状態が続いていますが

医師から「脳波は取れません。瞳孔は全開です。午前中までの血圧では99.9%無理です。

会わせたい方に、連絡して下さい」とお話しがあったとご家族の方から連絡を頂きました

私達は0.1%の奇跡を信じ、彼女に逢いに千葉の病院へ集まりました

3名づつの短い面会でした

病室には皆が送った応援メールがびっしりと寄せ書きされた色紙が5枚貼ってありました

ご家族や友人達との写真 そして大好きなSMAPの写真に囲まれて

ずっと逢いたかった彼女が 静かに病と戦っていました

私達の声かけにうっすらと涙をうかべてくれた彼女

脳波は取れない状態だというのに‥聞こえているんです

流れているSMAPの音楽にあわせて一緒に歌いました

手を握り もう片方の手で拍子を打ちました

どんなに苦しいか どんなに痛いか どんなに孤独なのか

どれだけ頑張っているのか それは彼女にしかわからない

でも彼女の生命力と奇跡を信じて もうひと頑張りしようねと

私達は懸命にエールをおくり そして祈ります

_edited1_3

ランチに入ったタイ・レストランで幸せを運ぶゾウさんを頂きました

彼女の枕元へ置いておくつもりが 忘れて持ち帰ってしまいました

ごめんね でもこのゾウさんと一緒にずっと祈っているからね

今日面会へ行った友人からメールが届き

今日の彼女はとても良い状態だったそうです

数値が少しですが良くなっているそうです

ご家族も先生もやわらかい表情だったそうです

きっと皆の想いが届いたのですね

彼女の暖かい手の感触がまだ残っています

その手を合わせながら 頑張って がんばるんだ と

ひたすら願いをこめて‥

|

3ケ月ぶりのパン学校!

Photo

今日はパート・フェルモンテという中種法で作るバゲットと

胡麻とチーズを練りこんだ食事パンです

ひさしぶりだったのでちょっとドキドキ (#^.^#)

でも綺麗に焼けました

Photo_2

Pain aux sésames fromage

胡麻の香りとフロマージュの旨みがリッチなもちもちパンです

美味しいよ~ (^。^)

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

|

炊飯器を買いました。

Photo_3

なんと結婚してから初めてです

炊飯器が無い家 ってちょっぴり自慢だったのですが‥(なんでやねん)

今までル・クルーゼのお鍋で美味しいご飯を炊いていましたが

最近手の関節が痛くって

ル・クルーゼの重さに耐えられなくなりました とほほっ

ならばとクリスタルのお鍋で炊いていましたが

けっこうこびりついて洗うのが大変 って普通なら問題ないのですが‥

手が痛くて食器洗いにも力が入らないの。。。 とほほっ

なわけで 炊飯器を購入したわけです

もうするっと洗える軽いお釜で充分だったので

厚釜土鍋風とかはいらないんです

価格も手ごろな3合炊きを選びました

買ってすぐに白いご飯を炊こうと思っていましたが‥

_edited1

八百屋さんの店頭でいい~香りを放っていた松茸の誘惑に負けて

今夜は松茸ご飯です

うふっ

Photo_4

|

9月7日は

Photo

私のお誕生日

とはいえ この日は誕生日を祝う気持ちにもなれずにいましたが‥

せっかく予約もいれてあることだし

と、丸の内の丸ビル35階にある サンス・エ・サヴールへ

ひさしぶりのフレンチを愉しんだ

アミューズの後の前菜

Photo_3

私が選んだのは

 松茸のカネロニ 帆立と松茸の温かいサラダ

 バニュルスのシロップとトリュフのエムルッション

今年初めての松茸!

他の茸や帆立のグリルと一緒に香りと歯ごたえと楽しめる絶品でした

Photo_4

ケビンは

 鴨のフォワグラポワレ バニュルスのシロップパンドエピスとレモンのコンフィー

林檎を紙のように薄くスライスしたチップとエピスやレモンの香りが爽やかで

さっぱりした味付けは南仏料理のこちらのレストランの特徴です

Photo_5

メイン料理は

私が大好きなリ・ド・ヴォーをチョイス

 リ・ド・ヴォーと車海老のポワレと季節野菜ミント風味のレモンコンフィー

こちらも爽やかなお味

Photo_6

ケビンは仔羊と迷ってこちらに

 天然活け〆真鯛のプランチャーポワレ旬の季節野菜とソース・シトロンコンフィー

お野菜がどれも絶品でしたよ

この後、フロマージュと甘めのワインを愉しみ

デセールは‥

Photo_7

ケビンはこちら きのこのようにかわいいスフレ

 ショコラの軽いスフレ ココナッツショコラのクリームソースパッション 

 グラスヴァニラのシュセットと共に

Photo_8

私はまたまた「カネロニ」ですが

こちらはサングリアのジュレを筒状にしてその中にヨーグルトムースが入ったもの

 サングリアのジュレとヨーグルトムースのカネロニ仕立て

 桃のコンポート ソルベ・ペッシュドヴィーニュ

どれも美味しかったです

デセールの後はバー・カウンターへ席を移して丸の内の夜景を愉しみながら

カフェとミニャルディースで一息つく。。。

ケビンといろんな事を語りながら。。。

実は3日前 大切なお友達がくも膜下出血で倒れ

この夜も生死の境をさまよっていました

彼女はとても明るくて皆のリーダー的存在で

こんな病気にかかるなんて想像もできない人でした

携帯がバイブするたびにドキドキ

私達はただただ祈ることしかできません

神様 まだ彼女を連れて行かないでくださいと

ひたすら祈った夜でした。。。

南仏のミュシュラン★★ ル・ジャルダン・ デ・サンス

Sens & Saveurs 東京店

|

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »