« 割烹 竹万 | トップページ | 秋の味覚の始まり‥ »

とある休日の過ごし方‥

今日はダボッとしたチュニックを着て電車のつり革につかまったら

前に座っていた青年に席を譲られた‥

えっ あっ 大丈夫ですよ ともちろんお断りして青年は席に戻ったけれど

どうやら妊婦さんに間違えられたみたいだ

あははっ~ (#^.^#)

まぁ 妊婦さんのお年頃に見えたってことで、解釈することにしましょうか…。(^.^;)

さて、夏休みが終わっても平日がお休みのケビンと‥

Photo_12

メトロポリタン・丸の内のテンクウでランチ

お野菜たっぷりのビュッフェとローランペリエで平日のランチを楽しむケビン

Photo_13

メイン料理は

私は本日のパスタ トマトとエリンギと小松菜の ジェノヴェーゼソース

ケビンはスパイスたっぷりの特製カレー

Photo_14

3・11後初めての高層ビルなので ここで地震がきたら‥

って話になるね やっぱり (#^.^#)

お腹がいっぱいになったらタクシーで上野の東京国立博物館へ

Photo

「空海と密教美術展」 を見に行った

実は私の実家は高野山真言宗なんです

父の死をきっかけに法要についていろいろと教えてもらっているうちに

聞いたことはあるけれど それって何? ということにいろいろぶつかりました

ネットで調べているうちに「真言宗」から「空海」に興味を持ち

「曼荼羅」についてもっと知りたくなり

タイミングよく開催されていたこの展示会へ足を運んだというわけです

いやいやなかなかの感動ものでした

ルーブル美術館もすごいけれど日本の文化遺産もすごいです

戦後生まれの私達の世代からって日本の文化や歴史を知らなさすぎですよね(^^ゞ

京都、東寺の講堂に安置されている立体曼荼羅をはじめ密教美術の品々は一見の価値ありです

現存する空海直筆の書は圧巻ですし

大日如来を中心にした仏像曼荼羅は360度どの角度からも見ることができます

仏様の慈悲深いお顔を見ていると身体の奥から熱いものがこみ上げてくる感じがしました

帰りにミュージィアムショップで「両界曼荼羅」の二枚の色紙を買ってきました

大日如来を中心とした数々の「仏」を一定の秩序にしたがって配置したものであり

「胎蔵曼荼羅」、「金剛界曼荼羅」の2つの曼荼羅を合わせたもの

「金剛界曼荼羅」は父のお位牌の側へ置き

「胎蔵曼荼羅」は母の元へ持っていくことにしました。

天空のレストラン

ホテル・メトロポリタン丸の内 27階

「空海と密教美術展」

会場:東京国立博物館 平成館 (上野公園)

会期:2011年7月20日(水) – 9月25日(日)

|

« 割烹 竹万 | トップページ | 秋の味覚の始まり‥ »

日記」カテゴリの記事