« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »

2011年5月

Un dimanche sous la pluie (雨の日曜日)

_edited1

関東地方も梅雨に入ってしまいましたね

窓を開けてもジメジメな空気しか入ってこないのに

昨日は食器棚のお掃除をしました

大震災の時、余震が怖くて中の食器を全部ダンボールに詰めてしまったのだけれど

そろそろ出さなきゃって

棚の中を拭き拭きして 食器も全部洗って入れました

仕上がったとたんに大きな地震きたらどうしよう なんて思いながらも

ひとつひとつ丁寧に置いていく

レイアウトも少し変えて プーさんシリーズやバリ島で買ってきた黄色いサファリシリーズは撤去

大人の‥ 器を楽しむ空間にしてみました

我が家へお越しの際は ここから好きな器を選んでいただき

美味しいお茶や珈琲を楽しんでいただけたらと思います

もちろんワイングラスも 日本酒のお猪口も揃っております (^。^)

Photo_4

日曜日はお買い物日

二人で週の大きな買い物を済ませ

夕飯は疲れてフライパンで作るパエジャ!だけ

でも魚介の旨みたっぷり吸ったお米が美味しかったぁ

|

わたしの好きなパン屋さん 3

Photo

PAUL 、メゾンカイザー、ドミニク・サブロン。。。

今や日本でもフランスの美味しいパン屋さんめぐりができるのだから

凄いことだと思う。

中でもBIOのパン屋さん「ル・パン・オ・ナチュレ モアザン」は私の一押しかもしれない

Photo_2

Photo_3

フランスと同じ対面販売

なぁんとこの日はお客様が1人もいないというタイミングで写真をパチリ

こんなチャンスはなかなかないものです (^。^)v

私のお勧めは「フリュート」といういわゆるバゲッドタイプと

「サンジョン」というやはりハード系のパン

どちらも皮がパリパリで中は気泡がしっかり入ったモチモチパン

このパン屋さん パリの街角ではところどころで目に付くけれど

なぜか本国で食べたことはなかった

で、日本上陸してからいただきましたが

なんだ すごく美味しいじゃん とそれから度々購入しているのだ

クロワッサンもクイニーアマンも美味しいけれど

「エスカルゴ」はやはりドミニク・サブロンに軍配が上がるかな

私的にはですよ~(#^.^#)

この日は店頭でお姉さんがキッシュを試食に配っていた

山ほどパンを買った帰りにひとつ頂いたら、これがまた美味しかった

思わず戻って買い足そうか という衝動に駆られましたが

電車の時間がなかったのでそのまま駅の構内へ走りました

次回は キッシュ 絶対買おう! (^。^)

Le pain au Naturel MOISAN

|

今年の色は‥

_edited1_4

ほんのりアプリコット色のヨハン・シュトラウスに続いて‥

ストロベリー・アイスもどんどん花を咲かせてます

_edited1_5

今年は昨年よりも色が鮮やかみたいです

日差しが強いとよく発色し、弱いと淡く変化するそうですよ

_edited1_6

_edited1_7

_edited1

|

5月 大人のランチ会

_e

今日は恵比寿にある和食とフレンチのお店「丁未 坂」

_e_2

どうみても和食処でしょう。。。という佇まい

創作和食でも、懐石風フレンチでもない、和食のコースにメインとデザートがフレンチ

という面白い店なのだ

_edited1

そして 今日もお友達のお誕生日を祝って 乾杯!

ひさびさ5人フルメンバー揃いました。

少し汗ばむこの日 冷たいビールとスパークリングワインに分かれまずは喉を潤す‥

_e_3

先付

九条葱と桜海老のお浸し

お葱の甘さと桜海老の香ばしさが食前酒にぴったりでした

_e_4

前菜

ホワイトアスパラとソフトシェル・シュリンプをカラッと揚げたもの

ソースは左奥が海老のミソソース、手前がオレンジのソース

脱皮したばかりのソフトシェル・シュリンプは殻もやわらかく

頭の付け根にはミソもたっぷり入ってて それがほんのり苦くて美味しかった

姫タケノコは軽く水煮 トッピングの炒ったパン粉との食感も変化があり楽しい一品でした

_e_5

お造り

鰹のタタキ

これも面白い 山芋のざく切り、レタスの千切り そして茗荷と重ねてあって

ほんのり胡麻風味のタレと合っていました

鰹のタタキって頂いた後、お口の中が葱臭かったり大蒜くさかったりするけれど

これはそんなことなくてワインにもぴったり合うお造りでした

_e_6

椀物

若筍とたらの芽、若芽

新鮮なたらの芽もシャキシャキ お出汁も美味しいです

さてさて、メインはお魚かお肉から選べます

_e_7

私はお魚

今日はかますのポアレでした

カマス大好き 塩焼きとか干物とかしか食べないけれど ポアレにしてもいいね♪

葱と生姜のソースでさっぱり仕上げ

_e_8

こちらはお友達が選んだイベリコ豚のソテー

ホワイトバルサミコソースで爽やかに

少しいただきましたが こちらも美味しかった

_e_9

私達の中では「これがメインだよね」と好評だった

店主自ら打つ 十割蕎麦

十割蕎麦ってけっこうボソボソするけれど‥ こちらはまったくそんなことがなく

喉越し良くて「おかわり!」と叫びたくなるお蕎麦でした

_e_10

デザートは「和」でしたよ(^。^)

わらび餅とほうじ茶のアイス 生姜風味のアングレーズソース

暑い日だったのでこの和スィーツは身体が喜びました

女子の大好物わらび餅はちょうど良い硬さでまとめてあって

ほうじ茶のアイスとのコンビは最高

生姜風味のアングレーズソースとは変わっていてこれまた美味しかったです

丁未 坂」 雰囲気もお料理も◎ (^。^)

次回は夜 カウンターに座って店主とお話しながら酒 いきたいですね

_edited1_7

「丁未 坂」

|

Ecole Levain D'antan

_edited1

前期6回目 最後の日

なんだかんだあったけど6回全部受講できてよかった (^。^)

_edited1_2

さてさて 本日のメニューは Carré カレ

材料はルヴァン・リキッド(天然酵母)のバゲッドと同じ

ただ捏ね時間を多くとって作ります

フランスではあまりお目見えしない四角い.(Carré)パン

もちもちで美味しいよ (^。^)

_edited1_3

そしてこちらは その生地で作ったバゲッド

通常より捏ね時間が長いのでもっちりした食感のバゲッドです

クープの入れ方もだいぶ様になってきたようです (^。^)v

_edited1_4

もう一種類はエルブ・ド・プロバンスを練りこんだ生地にチーズをふんだんに使った4種類

右上のエピはチーズがトロリと溶け出してきて 美味しそうでしょ

同じ生地でも成形を変えるだけでまた違った味わいになります

右下のは 見たとおり‥クロワッサンとパン・オ・ショコラです(#^.^#)

これはレッスン前に先生が作って焼き立てをご馳走してくれるものです

残った分は皆でお持ち帰りに

この日は大雨で湿気もすごくてペシャンコになってしまったけれど

焼きたては そりゃあサクサクふっくらだったのだ

冷めても美味しいクロワッサンとパン・オ・ショコラでした。

本場パリのBoulangerie シェフによるレッスンは Ecole Levain D'antan

Photo

雨が上がって‥

今年一番のヨハンシュトラウスが咲きました。

|

ぐんぐん

Photo_2

たった一泊家を空けただけなのに

レモンバームとミントがぐん!と伸びていた

トトロが「大きくなぁれ 大きくなぁれ」とおまじないかけたのかなぁ

さっそくカットしたら あ~ぁ いい香り‥

このままお部屋に飾ってもいいけれど

Photo_3

ハーブティーにしていただきました

ん~ん リラックス リラックス (^。^)

|

翌朝は‥

_edited1

湯河原の「カフェ・トスカーナ」で頂いた新たまねぎのスープが美味しかったので

真似してみました (^。^)

新玉ねぎ3個使いました 生クリームも少し入れました

お店で頂いたのと同じように玉ねぎの食感が少し残るようにと

ブレンダーは粗めにしました

フォームドミルクとオリーヴオイルをのせて‥

とても甘くて美味しいです

でも、カフェ・トスカーナの方がもっと味に深みがあった

違いはなんなのだろう。。。

_edited1_2

麦師」の湘南小麦のバゲットでサンドイッチにしました

奥のはレーズンパンです。

パン 美味しいです (^。^)

Photo

余ったフォームドミルクをのせて 冷たいマキアートを作りました

写真撮ってたらどんどん泡が小さくなってしまいました。 (#^.^#)

|

箱根へ

_edited1

湯河原の帰りに箱根へ寄りました

雨の中のドライブもまた面白いものです

霧に包まれたり 少し下がるとその霧から抜けたりと‥

_edited1_2

峠の茶屋「甘酒茶屋」へ寄り力餅を食べました

囲炉裏の火が暖かかったよ(^。^)

_edited1_3

いつも通り過ぎるだけの峠の茶屋だけど

なんか風情があってよかったです。

Photo

新しい車になって初めてのロングドライブでした

ドライバーは皆箱根を走りたがるものですね(^^)v

_edited1_4

帰りに湯元にある美味しいパン屋さんへよりました

昔伊勢原にあったブノワトンという美味しいパン屋さんです

ここでは「麦師」という名前に変わっています

Benoiton Jopon Group 麦師

|

朝です (懐石 海石榴)

Photo_8

雨がシトシト降ってました

庭の緑が生き生きと鮮やかさを増してました

朝風呂に浸かり ゆっくりと身体を目覚まして

さぁ 旅館の朝ごはんです (^。^)

Photo_9

小懐石スタイルだそうで まずは冷たい物が盆で運ばれ‥

Photo_10

次は温かい物‥

焼き物はかますの干物

Photo_11

私はお粥さんにしました

昨夜の赤出汁も美味しかったけれど

今朝の白味噌のお味噌汁も美味しい。。。

Photo_12

完食です (^。^)

昨夜もそうだったけれど出汁が旨いのでお汁まで全部飲み干してしまいます

もちろん 左上のフルーツもこの後いただきましたよ

あぁ 美味しかった ご馳走様です m(_ _)m

Photo_14

Photo_13

箱根外輪山を望みながらラウンジで珈琲をいただき

一休みしてからまたお風呂に浸かりチェックアウト

「海石榴」 思っていた以上によかったです

帰りの車の中ででしみじみとそれを感じ‥

なんだろう この安心感は‥と思いHPのおもてなしを読み納得しました

「さりげない」サーヴィスがたしかにここにはあったからです

今時の斬新さや豪華さはなく 昔から守り続けた頑固なまでの旅館の良さが

ここには満ち溢れておりました

Photo_15

テラスでまったりしてたらね

露天風呂の方から ドンッ! 「ぅおぉ~っ」って声がして

またケビン どこかにスネでもぶつけおったな なんて思っていたら

彼、ぬぅ~っ と私の前に現れて‥

「カメラ 風呂に落とした。。。」と

え”ぇーっ とあわてて乾いたタオルを取りに走り

拭いて 分解して 乾かしたけど‥

もうダメかも。。。

なんでも三脚でセットしてたらぽたりと湯船へ落ち

ひらひらと沈んでいったそうです …。(^.^;)

高級料亭旅館 海石榴

|

懐石 海石榴

Photo

今夜の献立は‥ 「杜若 (かきつばた)

歌も添えられていました

 唐衣きつつ馴れにし妻しあれば遥々来ぬる旅をしぞ思ふ

Photo_2

らころも    

つつなれにし

ましあれば

るばるきぬる

びをしぞおもふ

古今和歌集 在原業平 

東(あづま)の国へと友人数人を伴って行った。途中、三河の国の八橋というところで、その川のほとりにかきつばたが美しく咲いているのを見て、木陰で馬を降りて、かきつばたという五文字を句の頭に置いて旅の心を詠むとして詠んだ歌

「か-き-つ-は-た」という折句の歌である。

歌の意味は、着慣れた唐衣のように親しんだ妻を都に置いてきたので、この美しい花を見るとそれが思い出され、はるばる来た旅路の遠さをしみじみと感じる、ということ。

                                       「古今和歌集の部屋」より抜粋

その杜若(かきつばた)を箸置きにしている「箸」は杉の利休箸で濡らしてあります

そうすることでほんのり杉の香りが立つそうです

なるほど いい香りがする

それにお箸が濡れてると食材がくっつかなくていいですね(^。^)

Photo_3

先付

 帆立貝 蕗 花山葵浸し

Photo_6

前菜

 千枚蛸ちり酢 鰻印籠煮 身巻白瓜 蓮豆富 山椒小芋

 独活甲州煮 烏賊黄身焼 岩梨ワイン漬 木の芽

Photo_7

椀物

 鱧 おくら擂り流し 梅肉 柚子 蓴菜

Photo_8

向付

 鮪 赤貝 縞鯵 ふっこ洗い あしらい一式

Photo_9

焚合

丸茄子 海老飛龍頭 生ゆば 針柚子

Photo_10

特別料理

 和牛の焼き物八寸

Photo

焼物

 稚鮎塩焼 蓼酢

Photo_2

進肴

 鯛粽寿し 鱶ひれ煮凝り 新蓮根酒盗和え あやめ独活

Photo_3

温物

 合鴨丸 冬瓜 細根大根 タピオカ 針生姜 芽葱

Photo_4

止椀

 茗荷 素麺

香の物

 沢庵 諸胡糠漬 柴漬 長芋味そ漬け 茄子漬

御飯

 新生姜御飯

Photo_5

水菓子

 メロン 枇杷 苺 パパイヤゼリー ワイン風味の葛きり

ひとつひとつの感想を書くと長くなりますがどれもとても美味しかったです

全体的に薄味で、出汁の味 素材の味が活きています

懐石料理にメインはないと言いますが まったくその通りで

一連の流れの中 それぞれのお料理がメインのようにその特徴を活かしてます

けっして主張せずに‥

ん~~ん 美味しい! って感嘆するよりも

うん 美味しいね ってしみじみ言えるお味

唯一失敗だったのが、食いしん坊の私達が「特別料理」を追加してしまったこと

「和牛の焼き物八寸」なのですが

霜降りのサーロインで一口食べると肉汁がじゅわ~

これはこれでとても美味しい一品なのですが

この懐石料理の流れではいらなかったな と

きっと物足りなさを感じる方や華やかさを求める方には好評な一品だと思いますが

通常のお料理で充分でした

ひとつひとつ丁寧につくりあげられたお料理の数々

12畳の和室に二人だけ 川のせせらぎを聞きながら ほんのりと酒に酔い

贅沢な時間を過ごさせていただきました

Photo_6

高級料亭旅館 海石榴

|

高級料亭旅館 海石榴

Photo

”高級”と付く旅館に泊まるのは初めてである。。。(^。^)

奥湯河原の料亭旅館「海石榴」(つばき)

Photo_2

GWにどこか一泊したいね

近場なら行けるかもしれない。。。

かねてからの憧れの宿へ 直前予約で取れたのはこんな時だからかもしれません

Photo_3

余計なサービスなどない 大人のための宿

お料理の評判の良さはお墨付き

とても楽しみにして参りました。

Photo_4

お部屋の名前が全て「椿」の花の名前になっているそうで

こんなにも「椿」の種類ってあるのですね

私達のお部屋の名前は「歌枕」だった

なんだか艶ぽい名ね (#^.^#)

Photo_5

ネット予約で選んだお部屋は「本館 和洋室露天風呂付き(70㎡)」

このタイプでは最後の一部屋だったみたい

よかった取れて (^。^)

Photo_6

うふっ やっぱりこのようなタイプが好きなんです わたしたち。。。

Photo_7

湯船に浸かりながら‥ お池の鯉を眺めて

身体がすっかり温まったら

サーヴィスで付いてきたエドシック・モノポールで乾杯

さぁ お次は 料亭旅館のお夕飯です‥

Photo_9

高級料亭旅館 海石榴

|

カフェ・トスカーナ

GW終盤 ケビンと二人、湯河原一泊のプチヴァカンスに行ってきました

旅館へ着く前に、前から一度行きたいと思っていたカフェへ寄る

_edited1

_edited1_2

うふっ ワーク! ひさしぶりだね heart04

_edited1_3

ちょっとスネ顔の彼は 私達が以前ひいきにしていたレストランの看板犬だった

あの頃はまだ小さくて 小さな犬小屋(箱?)の横には「ワーク お仕事中です。」なんて立て札があったっけ

今ではママがやっているカフェで日向ぼっこ (^。^)

熱海のレストランでソムリエとサーヴィス係りとしてお店を切り盛りしているワークのパパから

奥様がされているこのカフェの事を伺って何年経ってしまったのでしょう。。。

湯河原って近そうでちょっと遠い すぐに行けると思っていたのにね

_edited1_4

念願のカフェにて今日はランチをいただきにあがりました。

ショーケースには美味しそうなお惣菜やお菓子が並んでます

ゆっくり電車で来てワインなんか飲みながらいろいろと楽しみたいところ‥

この後、「料亭旅館」なんぞへ行くものですからぁ(#^.^#)

ちょっと控えめに‥

_edited1_5

ワンプレート・デリとデザートはケビンとシェアしていただくことにしました

この日は、キッシュと新玉ねぎのスープにサラダ

この新玉ねぎのスープ めちゃ旨でした

カプチーノ仕立てで見た目もオシャレね (^。^)

キッシュもくどくなくてサクッとしていて美味しかった

_edited1_6

私はそら豆と海の幸のパスタ オイルソース

_edited1_7

ケビンは豚、牛、猪のラグーソースのリングイネ

どちらも深い味わいでかなり旨いのだ

_edited1_8

デザートは苺のスープと苺のロールケーキ

バニラアイスが浮かんだ この苺のスープもとっても美味しかったな

奥様 たしかコルドンの卒業生ってお聞きしたけれど‥

うん なるほど ただのカフェ飯のレベルではなくレストランのお味ですわ

次回はデリ・デリ いろいろテイクアウトもしたいです

メニューも季節によって日替わり

あぁ また「家の近くにあったらなぁ~」ってお店が増えてしまいました

さて、眠そうなワークも顎の下を撫でてやると さらに気持ちよさそうになついてくれて

かわいい~のだ ワーク また会いに来るからね

そうそう ご主人のレストラン

ずいぶんご無沙汰しちゃってるなぁ と思って過去ログ探したら

ありました こちらこちら 最後に行ったのが2008年?

ええっ~ そんなに行ってなかったっけ?

近いうちにまた熱海のお店にも伺いますね

ワークのパパ 私達の事覚えてくれているかなぁ

ワークの居る 美味しくて癒されるカフェは 湯河原 Caffé Toscana

ワークパパのお店は 熱海 A la plage

|

EAU DU DESIR

Photo

病院の帰りに父と夕飯を共にする

いつもの店で‥

刺身の盛り合わせ 旬の筍もお刺身で‥

Photo_2

焼き筍はほんのり春の香り‥

Photo_3

黒むつの煮付け

日本酒は「醸し人 九平次」(かもしびと くへいじ) EAU DU DESIR(希望の水)

フランス三ツ星レストランで定番になっているというワインのように芳醇な酒

山田錦で造られる純米大吟醸 愛知の銘酒である。

|

5月3日

今日は母の83回目のお誕生日

Photo_2

お花のケーキで今年はお祝い

去年の今日は皆で母の大好きなステーキハウスへ行ったのよね

まさか一年後に病院でお誕生日を迎えるなんて 誰も予測しなかった‥

人生はまったく 何が起こるかわからない

あの時、 脳梗塞で倒れた去年の8月

主治医に言われた 「今より悪くなることはあっても良くなることはありません」‥と

その意味がここにきてやっと解った私達です

人間 頭ではわかっていても やはり身をもって体験しないと理解はできないものですね

とはいえ 寝たきりから車椅子に乗れるようになり

こうやって少しの時間でも病室を離れることができるようになったこと

感謝しなければいけないのかもしれません。。。

Photo

実家の裏木戸の藤の木がみごとな花をつけてます

まだ帰らぬ主を待っているかのようでした。

|

リビングから眺めるこの画が好きなんです

11

ヒノキの花粉に黄砂もはいって 私の鼻炎はマックス状態

びぇ~ なんとかしておくれぇ~

でも、ベランダの花達の世話はかかしません。

41

この春 ゼラニウムの小さな鉢を手すりにかけました

大きくなってパリのアパルトモンの窓辺みないになるといいなぁ。。。

82

薔薇もいっぱい蕾をつけています

こちらも楽しみですね (^。^)

91

クレマチスの苗も置きました

どんなお花が咲くかは お楽しみに (^_-)

51

真冬に植えたビオラも満開に‥

71

タイムの花も咲き誇っています

いい~においがベランダ中に‥

ミントもレモンバームもすくすく育ってさわやかな香りを運んでくれてます。

101

|

« 2011年4月 | トップページ | 2011年6月 »