« もうすぐ春ね | トップページ | 春の香り‥ »

それでも‥

日曜日に仙台へ送った物資の宅配便が

営業所止めなのですが火曜日に着いたそうです

思ったよりも早くて良かった と思ったら

仙台の実家から宅配業者の営業所まで10kmなのだそうですが

なんと受け取りに4時間かかったそうです

同じような家族がいっぱいいらしたって事ですが すごいですねぇ

そして、ケビンと並んで買ったお米や食パンやいろいろな缶詰、焼き菓子などなど

本当に喜んでくださって

こんなことしか出来ないので少しでもお役にたててよかったと思いましたが

現地は私達の想像を超えているようです

さて、私の母のほうですが‥

やはり脳梗塞は進んでいるようで本人意識はあるし元気なのですが

今は絶対安静 ベッドに縛られて涙ぐんでます

かわいそうに あれは生き地獄だわ (^^ゞ

やっと入れた施設も入院と同時に契約が切れ退所となり

(介護保険を使用していると健康保険が使用できなくなるので契約を切るそうです)

また一から出直しです

今後の治療がどうなるのか まだ家族は何も分からない状況ですが

良くなれば次の慢性型病院か介護老人施設等を探して会議にかけられ

受け入れO,K,となればベッドが空いているところへ移っていく

という過程を踏んでいきます

半年前はこんなふうに冷静に書くことができませんでしたが‥

なんだかねぇ。。。

はじめに入院した病院で、同じ病室に脳梗塞を繰り返して施設から戻ってこられた方がいらしたけれど

まさか私達も同じことになるとはあの時は思いもしなかった

急性期病院で管をいっぱい付けられてもう治る見込みのない寝たきりのご老人をたくさん見た時

慢性期病院(母の場合はリハビリ病院)で車椅子に座られたご老人方がビニールのエプロンをして食堂に並べられ

ぎこちない手でスプーンを握り、ボロボロとよだれと一緒に食べ物をこぼしながら食事としている時

介護老人保健施設では認知症の方々との生活を見ていた時

「生きる」ってなんなのだろう。。。 と思った

いつか私達にも必ずやってくる「老い」

母と一緒にこの半年間すごいスピードでそれらを見せ付けられてきたように思う

テレビでは震災で家の全てを失った方々が「生きていれば‥」と言っている

生きてさえいればなんとでもなる 生きていれば頑張れる

「生きる」って?・・・

「それでも生きたい」と「それでも生きなければいけない」

今日は母の隣の患者さんがあまりにもくるしそうに

痰をゴボゴボとすごい音をたてて絡ませては吸引されている横に

かわいいお孫さんを抱きしめたお元気だった頃のその方の写真があって

それを眺めながら考えてしまったのであります

ごめんなさい 負のオーラーを放とうしているわけじゃないのよ

ただね 考えてしまっただけなの‥

さてと 明日からまた忙しくなりそうですが

おかげさまで私は今のところですが(^^ゞ元気です

無理しないように気をつけていますので

皆さん また何かあったら声かけてくださいね

次回は春らしい美味しいそうな記事を書けると思いますので

待っててね (^。^)

|

« もうすぐ春ね | トップページ | 春の香り‥ »

つぶやき」カテゴリの記事