« Galette des rois | トップページ | ちびたのワイン会 5e »

公現祭(エピファニー)について勉強しました(^^)

Photo_4

もう一年も休んでいるフランス語会話教室

たまたま冬季特別レッスンのお知らせがきたので

一日だけ受講してきました

レッスンの内容は

「やさしいフランス語で聞くフランス文化 ”galette des rois”」

昨日頂いたガレット・デ・ロアについてです (^^)

とりあえず復習していかなければ と今までやった教材やノート開いてみると

おぉ けっこう勉強してたじゃん とびっしり書かれた鉛筆の跡を見る

なのに なんでなんにも覚えてないんだろう。。。 (^.^;)

講師のロマンは初めてで、生徒さんももちろん始めての方々

私の他に4人の若いマドモワゼル

レベルは私より下でしたが 忘れきっていたのでちょうど良い感じ

それにしても‥ 動詞の活用が出てこないのは仕方がないにしても

いくつかの数字までも出てこなくて困ったありさまでした

さて 簡単なレッスンの後、本題の ”galette des rois”についての説明が

もちろんフランス語で始まりました

On<tire les rois>?

誰が王冠ひっくのっかなぁ~ って感じの題でしょうか (^。^)

La galette des rois est un gâteau français.

Dans le gâteau, il y a une fève.

La personne qui trouve la fève est le roi

Pour une journée, II(on elle)met alors

une couronne sur la tête<tirer les rois>.

ガレット・デ・ロアはフランスのお菓子

中にフェーヴがひとつ入ってるよ

そのフェーブを見つけた人が王様さ

その日王様になった人は王冠を頭にかぶるのさ

こんな感じでしょうか(#^.^#)

そして、L'arriée dss 3 mages.(三博士の到来)

と、聖書にでてくるお話しになってくると単語も難しくって

これらのフランス語を理解するのはけっこう無理がありましたが(^^ゞ

家に帰って調べたらいろいろな事がわかって面白かった

でも楽しかったな

最後はガレッド・デ・ロアを皆で頂けるんですぅ♪

Photo_8

こちらは「ダロワイヨ」のガレット・デ・ロア

まだまだ日本のパン屋さん、お菓子屋さんで扱っている所は少ないですね

Photo_5

ガレットを切り分けてくれるロマン

Photo_6

そして ちょっぴり顔をだしたフェーブ

切り分けたお皿は、目隠しした最年少の生徒さんが ロマンが指さしたお皿に

「誰さんの分」と名前をひとつづつ言って配られました

Photo_7

そして なぁんと フェーブが当たったのは わたし♪

きゃっ びっくり

フェーブはバゲット(フランスパン)でした

まぁ 今年はパン好きの私にぴったりのフェーヴばかりだわ (^。^)

ロマンに「電車の中でもかぶって帰れよ」なんて言われましたっけ

50分のレッスンでしたが 初めてお逢いできた方々

ありがとうございました

そしてロマン メルシーです

また気持ちと身体に余裕ができたらレッスン再開したいです

エピファニーはイエス・キリストが神の子として世界に初めて顕現したことを祝う日です

「東方の三博士」に関するエピファニーの言い伝えは、新約聖書「マタイによる福音書」に書かれています

エフィ横浜フランス語教室

レッスンの後もオンラインサポートで家のPCで復習できてなかなかいいですよ

横浜市西区高島2−12−20

熊澤永代ビルディング5F

tel&fax : 045-442-0304

|

« Galette des rois | トップページ | ちびたのワイン会 5e »

日記」カテゴリの記事