« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

パン・ペルデュ

_edited1

フレンチ・トースト フランスでは pain perdu(パン・ペルデュ)といって

もちろんフランスパン(バゲッド)で作られる

外はカリカリ 中はふんわり

「パンとエスプレッソと」で頂いたのがあまりにも美味しかったので

ひさびさに作ってみた。

作り方は簡単

卵と牛乳を溶いで、あれば少し生クリームを入れバニラエッセンスも少々

好みのパン(ブリオッシュがお勧め)を浸して冷蔵庫で一晩休ませる←ここ大事

フライパンにバターを溶かし 浸したパンの表面をカリッと焼き付ける

表、裏とこげ色を付けて美味しい液を閉じ込めたら

200℃のオープンに入れて約10分焼き上げる

美味しいパン・ペルデュの出来上がり

粉砂糖を振ってメープルシロップをたっぷりかけて召し上がれ

シンプルな作り方だからこそ材料の良さがものをいうパン・ペルデュ

あぁ ブルターニュ産のバターや牛乳で作ったらさぞかし美味しいことだろう。。。

ここでプチ情報!

パリの高級ホテル「オテル ド クリヨン」の朝食に出るパン・ペルデュは最高に美味だとか‥

一度、朝食だけでも頂きに訪れてみたいですね

そこまで敷居が高くない ラ・デュレの朝食パン・ペルデュも美味しいそうですよ(^。^)

|

パンと エスプレッソと のパン

かわいらしい丸パンを数点 目に付いたものをお買い上げ

何を買ってきたのかうろ覚えで‥

パンの名前はお店のHPより

Photo_3

HPに載っていなかった一番上 左のパンは アンパンでした

漉し餡でおへその桜の塩漬けのところが ベリー系を使っているようでした

その組み合わせがピッタリでやさいい餡の甘さにベリーの酸味が美味しかった

一番右は カレンツを練りこんだパン

カカオテ は自家製ココアクリームが中に‥

ビターなチョコパンって感じ 美味しかった

トマテ はトマトとグラナパダーノチーズ(パルメジャーノとよく似た方法で作られた硬質チーズ)

セミドライトマトがリッチに入っててこれも美味しい

アロマテ は焼きコーンとチーズ

コーンパンって大好き こちらも香ばしくて生地とよく合い美味しかった

そして オランジェは自分で作るのとどう違うのかしらんと興味津々にパクリ

うん 美味しい これ すっごく小さいんですよ

たぶん分割30gぐらいかなぁ 手間かけてますねぇ

バターがたっぷりで美味しかった

そしてキッシュ 2種類

_edited1_4

生地がすっごく薄くって~

アパレイユがたっぷり かなりリッチなキッシュです

焼き上がりはきっとふわふわでデリケートな商品だと思います

と、職人さんが丁寧に真心込めて作り上げているパンでした

小さな陳列棚に並べられたパンは売れていくとまたすぐに並べられて

いつ行っても焼きたてが食べれそうですよ

_edited1_5

そして、最後は「ムー」

バターたっぷりで食パンというよりもブリオッシュな感じ

そのまま食べても焼いても美味しい

あっという間に食べきってしまいます

最近 こんなスクエアなパンを多く見ますね

家にも型がふたつあるけれど‥ 最近ぜんぜん使ってませんわ

また焼いてみようかな

パンとエスプレッソと

渋谷区神宮前3-4-9

tel. 03-5410-2040

|

夜は銀座で

Photo

さてさて 表参道から地下鉄で銀座へ出る

昔の仲間と ひざびさ今日は飲み会です

Photo_3

Photo_4

「弓町銀座 溜まりや 八」 は昭和の香り漂うお店

Photo_5

いいよね こんな雰囲気

とてもここがビルの7階とは思えません 

こちらは全国のお味噌を使ったお料理が自慢

Photo_7

産地直送有機野菜と嘗味噌

柚子味噌・梅味噌・浅利味噌 ん~ん 味噌だけで酒が飲めるね

ばってん茄子も色の濃いニンジンも ポリポリで美味しいよん

なかでもこのかぼちゃ 感動でした

Photo_6

なめろう 紅芋のコロッケ 自家製さつま揚げ

西京漬け舌平目の煮付け等 どれもほっこりなお味で美味しかったです

すっごく食べて しゃべって 笑った一夜でした

翌日 私はお酒も飲んでいないのに二日酔いのように頭が痛かったのは何故?

お酒を飲んだ翌日はぐったり疲れるものだけれど

飲んでなくても疲れるのね

新しい発見だった(笑)

それだけ盛り上がって楽しかった って事よね

皆 ありがとう 次回は納涼会だね (^_-)

弓町銀座 溜まりや 八 ~味噌・肴~

中央区銀座2-4-6 銀座Velvia館

7F03-3535-8899

|

パンと エスプレッソと

Style-Hug Gallery から神宮前の住宅街をぬって歩く

今日のもうひとつのお目当て 以前から気になっていたパン屋さんへ

_edited1_3

パン

エスプレッソ と  

という名前のお店

名前のとおり 焼き立てパンと淹れたてエスプレッソが自慢

ブーランジェの櫻井正二さんは”日本のハード系パン”をテーマにパンを焼き

バリスタの國友栄一さんは”日本にあった日本のバールを作りたい。

と”小さいけれど確かな幸せ”を感じていただける空間作りを目指しているそうだ

_edited1_4

小さな棚に焼きたてのパンが並んでいく

_edited1_5

手のひらに収まってしまう程の小さな丸パン

どれも丁寧に作られているようで 何種類かお買い上げ

後で頂くのがとっても楽しみ

さて 店内のバールで一休み

_edited1_6

今日は暑かったので 私は冷たいグラニータ!

甘さ控えめで珈琲の味が美味しい

ケビンは やはりエスプレッソ!をダブルで

そしてこのお店の看板商品らしい バターをたっぷり使って焼き上げた「ムー」

と言う名の食パンを使ったフレンチトースト

いやん これ おいひぃ~

外 カリカリ~ 中 ふわふわ~

まさに日本人の大好きなテイストだわね~

今日は原宿駅から表参道駅まで歩きました(外廻りだよん)

これってたいした距離ではないのですが‥

今の私にとってはかなりの道のりで

もう 疲れましたぁ なんて これからまた銀座に出るのですよ~

えっ まさかの歩きではありませんが‥

夜の銀座で友人たちとの飲み会に向かいます

購入したパンと飲み会のお話しは また後日 

パンとエスプレッソと

渋谷区神宮前3-4-9

tel. 03-5410-2040

|

古谷宣幸・朱里2人展

_edited1

原宿駅から竹下通りの喧騒を避け、線路伝いに住宅街へ入る

くねくねと路を曲がり アパートメントの2階

先日うかがったスタイルハグ・ギャラリーへ

今日は「古谷宣幸・朱里2人展」の最終日

_edited1_2

「献立から器を考える」「器を作って料理する」という彼らの作品らしく

ディスプレイもこれからお食事会が始まりそうな演出

御店の方が私の事覚えていてくださって ちょっぴり嬉しくなる

快く写真を撮らせていただいたのに

なんだか こんな写真しか撮れなくて申し訳ない

Photo

最終日だから もうずいぶん売れてしまったのよ と

それでも気になっていた中皿を手にとる‥

う~ん 素敵なのだけれど もう少し大振りなものが欲しかった

器との一期一会‥

私の目についたのは こちら

Photo_2

小さなぐい飲み ごつごつと削ったような表面 内側の刷毛目が美しく

手に収まった感じが実にしっくりきて 即買いに

角度を変えるとまたおもしろい

Photo_3

これで 一杯いきたい と 根は酒飲みなのですね

あぁ 早くお酒が飲めるようになりたいものです。。。

今日はケビンと一緒なので お買い物はこれひとつで我慢(笑)

また次回の出会いを楽しみすることにしました

Style-Hug Gallery

古谷宜幸さんの作品は こちら

古谷朱里さんの作品は こちら

渋谷区千駄ヶ谷3−59−8

原宿第2コーポ208

Style-Hug Gallery

月1回 作家企画展のみ開催

お問い合わせは HP よりメールにて‥

|

ケ ス ク セ ?

Photo

Qu'est-ce que c'est?(ケスクセ?) これは何?

うふっ お友達が送ってきてくれたもの

それは‥

Photo_2

もぎたてヤングコーン!

新鮮なのでシルクのようなヒゲも食べれるそうです

とりあえず 生のままでかじってみた

甘いよ

さて、今日は冷蔵庫に豚ロースのスライスとピーマンがあったので

炒め物に使ってみました。

Photo_3

豚肉は細切りにして酒と醤油でもみもみ

野菜を切ってる間に味を染み込ませ

片栗粉をまぶしてごま油炒めてみました

コーンは初めに少し火を通し皿にとり、お肉を炒めた後再び入れ

ピーマンは最後チャチャッとね

味付けは中華出汁と塩・胡椒のみ

シャキシャキ 美味しい~

オイスターソース味にしようか迷ったけれどさっぱりしていてなかなかGood

さて、まだありますヤングコーン 次は天ぷらかな?

|

父の日

Photo

ひさしぶりに家族全員が集まった「父の日」

甥や姪たちも もうすでに独立していて なかなか顔を合わせる機会も少なくなっている

この日は長い入院生活を終えてリハビリ中の義兄の退院祝も兼ねて

もう あのまま寝たきりになってしまうのではと覚悟していた義兄の元気な姿に

ホロホロ と涙‥

父も嬉しかったと思う。。。

Photo_2

祝の膳を囲み 今健康でいられることに心より 感謝

|

抹茶と桃と‥

_edited1

「サンカクコバチ」で抹茶ババロアを作った

生クリームと粒餡を添えて

ん~ん この器にはやはり木製の受け皿が欲しい と思った。

また探しにいかなくては‥

_edited1_2

ケビンのお気に入り「桃のババロア」は黄桃と白桃をたっぷり使ったもの

中にもゴロゴロ入ってます

冷たいスィーツが美味しい季節ですね

|

6月のお誕生会

Photo

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル内の「なだ万」にて

紫陽花の季節のミニ懐石でお祝い

紫陽花をモチーフにした汲み豆腐や 小芋と無花果の酒盗ソース 等

目新しい「先付け」

大きな窓からは横浜港が一望できて「みなとみらい」の喧騒が嘘のような空間

もう30年ものお付き合いの顔ぶれが並ぶ‥

Photo_2

「吸物」は鱧だった 鱧嫌いの私 今日はなんだか食べてみる気分になった

美味しい♪ 以前頂いて それがあまりにもでトラウマになっていたけれど

鱧 克服できたかもしれない

鰹のお出汁と‥じゅんさいのつるんとした舌触りが は~っ 美味しい

お祝い膳なので‥ とお店の方が小さな赤飯を添えてくださった

なのに皆して「仏様のお供えみたい」だなんて くすっ とおかしくなる

「造里」はかんぱちと鮪 そして湯葉

「煮物」は茄子の餡かけにアイナメを揚げたものが乗っていて これも美味しい。。。

Photo_3

「焼物」は甘鯛 ふっくらと‥

牛肉の時雨煮や小蒟蒻の煮物も美味しかった

「八寸」は鰹にオレンジと山芋が併せてありました

面白い組み合わせがまた美味しく新しい発見

Photo_4

「食事」は金目鯛めし おかわりしてしまう美味しさ

刻み生姜とアスパラがまた食欲を誘ってしまうの‥

おこげも美味しかったぁ

「止椀」はナメコと若芽の赤だし

ほ~っ とするお味ですね

Photo_5

「水菓子」というよりも もうこれはデザート

5人で5種類選びました

ここで改めて「お誕生日おめでとう~」

皆 それぞれがそれなりに貫禄が出てきたお年頃

でも、逢えばあの中学生の頃のもどってしまうの

なにも言わなくても解ってくれる安心感が心地よくて‥

うふっ 私たちの関係も「和食」なんだわ ねっ

Photo_6

なだ万 横浜店

横浜市西区みなとみらい1-1-1

ヨコハマグランドインターコンチネンタルホテル4階

TEL:045-223-3344

|

白磁の大皿

Photo_3

そして‥ ガラスの器と一緒に買った 水垣千悦さんの白磁8寸皿

横から見るとこんな感じです

Photo_4

シンプルな形は和・洋・中 なんでもこなせて重宝しそうでしょ

こちらも手作りなので一皿一皿形も違って選ぶのにすごく迷ってしまった

これも出会いですね

心を込めて作り上げた職人さんの魂を受け継いで大切に使わせていただきますね

Photo_5

さっそく今夜は金目鯛の煮付けと九条ねぎを

皿の程よい重さがテーブルに運ぶとき いい感じでした。

次回の展示会は 古谷宣幸・朱里2人

「献立から器を考える」「器を作って料理する」という彼らの作品 ですって

ん~ん 行きたいな でも行ったら欲しくなっちゃうな (#^.^#)

Style-Hug Gallery

オープンは月1度8日間の展示会のみ

開催日はHPより確認して下さい

|

ガラス

Photo

レストランーアイの帰りに近くのスタイル・ハグ・ギャラリーへ寄る

5月に開催された「ガラス3人展」の「さこうゆうこ」さんの作品が欲しくて‥

とある方のblogで情報を得た時には展示会は終了していて

オンラインショップで購入しようかな と思っていたところ

レストランの近くにあるということがわかり、無理を言って伺わせていただいた

やはり手にとって見てみたかったから‥

吹きガラスなのでひとつひとつ違う出来

やはり来てみてよかった

Photo_2

楕円のボウル 楕円にするのはとても難しいそうです

そして サンカクコバチ 微妙に三角なんですよ

とりあえずこれでソーメンですかね

でも いろいろ楽しめそうな器です

ガラス物が欲しかったので よかった

Style-Hug Gallery

オープンは月1度8日間の展示会のみ

開催日はHPより確認して下さい

|

RestaurantーI

I2

「大人のランチ会」 今回はメンバーのお誕生日を祝って‥ 

東郷神社の元敷地内に建つ レストランーアイ へ

I_10

新緑がまぶしい季節なのに‥ この日はあいにくの曇り空

それでも 大きな窓の向こうに広がる緑いっぱいを愛でながら

やさしいフレンチを楽しみました

I_2_edited1

アミューズの一品 鶏の出汁で煮たレタスがとても美味しかったです

コースはブリフィクスでそれぞれ好きなものを選びました。 

I_3_edited1

前菜は何故か5人全員が選んだ ランド産フォアグラのポアレ 

添えてあるアスパラと今が旬のモリーユ茸とそのソース

美味しくないわけがありません

I_4_edited1

私は前菜からもう一品

グリーンピースのスープに浮かんだ帆立のグリル

スープ めちゃくちゃ濃厚なのにクドクナイ

赤いのはベーコンのチップ 塩味と食感がプラスされてこれも美味しかった

I_5_edited1

I_6_edited1

お友達が選んだお魚料理

甘鯛のロティ 皮目がカリッと身はふわっと

奥多摩椎茸のコンソメを注いで‥ 

I_7_edited1

さて メインのチョイスは3種類に別れ‥

私はこちらの 和牛のステーキを

付け合せは、グラタン・ドーフィノワ(ポテトグラタン)とアンティチョークのグリル

I_8_edited1

TOKYOーX豚のロティ

I_9_edited1

筑波地鶏と旬野菜のグリエ

「牛」「豚」「鶏」と素材は違いましたがそれぞれの個性を生かした焼き具合

中でもこの鶏は目の前のお友達が頂いていたのですが‥

ほんのりレアで 脂身もちょうどよさそうで 絶妙そうだったぁ(笑)

こちらのレストランは東京または関東の食材に拘り

「地産地消」と「旬産旬消」を掲げている

ニースで1つ星を連続獲得している松嶋敬介氏がプロディースのレストラン

都会の喧騒を忘れさせてくれるロケーションで旬な東京をいただきました

前回の訪問は こちら

Restaurant-I

渋谷区神宮前1-4-20 パークコート神宮前1F

TEL:03-5772-2091

|

おもちゃが届きました。

Photo

ケビンが4月に買ったスピーカーが届いた。

イギリスのB&W社製だそうだ

なんでも人気が高いとかで一週間前にやっと届いたのである

Photo_2

こちらは一緒に購入して一足先に届いていたLUXMAN社製のアンプ

アンプを変えるだけでも音ってかなり良くなるのね

そんなことも知らなかった私だけれど‥

さっそくふたりであれこれ聴いてみる

ポップスもいいけれど 

なんだかアコースティックなギターの音色なんて聞きたくなってしまって

古いフォークソングなんかかけてみた

フラメンコギターのトレモロなんかもよかったです

最近NHK・BSでやっていたバレンボイムのピアノリサイタルで大好きなショパンを聴く

この人の力強くて繊細なピアノが大好き

エエッ~ って思ってしまう間の取り方なんてに色気を感じてしまうのは私だけ?

B&WのHPからは高音質な曲がダウンロードできる

ロンドン交響楽団のアルバムをいくつかダウンロード

クラシックもかなりいいです

Photo_3

インテリアとしてもすっきりしていい感じだ と私もかなりお気に入りなのだ。

|

食べるスープ

Photo

今日は実家でお昼をいっぱいご馳走になったので

夜は軽めと決めた

玉ねぎ、にんじん、セロリ、じゃがいも、ソーセージが入ったコンソメスープ

そら豆は別鍋で硬めに塩茹でして最後に皿に盛る

お野菜の甘みがいっぱい あまり煮込まないのがポイント

食べる直前にエクストラヴァージンオリーブオイルを少したらし

黒胡椒を好みで挽く

これにサラダとパンとワイン(ケビンだけ‥)

大地の恵み(野菜も小麦もワインも)に感謝

|

ポタージュスープ いろいろ

Photo

先日、牛蒡のヴィシソワーズを載せたところ

作り方を教えて というメールを多く頂いたので

僭越ながらここで紹介させていただきますね

って いつも適当に作っているのでレシピというものでもないのですが‥

今回はヴィシソワーズ(冷製じゃがいものスープ)の牛蒡味なのでジャガイモを使用しました

材料

 玉ねぎ 大1個

 じゃがいも 大1個

 牛蒡 1本

 牛乳 適当

 生クリーム 少し

 形スープの素

 塩・胡椒

  本格的なヴィシソワーズはポロねぎを使うのでしょうが‥

  まぁ そこは家庭料理なので‥

作り方

 玉ねぎは繊維に直角にスライス、牛蒡も繊維を切るように薄く輪切り

 じゃがいも薄くスライス

 厚手の鍋にバターを溶かし、玉ねぎを軽く炒め、牛蒡を炒め

 かさが減ったところでじゃがいもを入れてさらに炒め

 じゃがいもが透き通ってきたらヒタヒタの水と固形スープの素をいれ

 柔らかくなるまで煮ます

 それをミキサー(私はバーミックス)でペースト状にして裏ごしして鍋に戻します

 再び火にかけ 牛乳でのばし、塩、胡椒、生クリームで好みの味に仕上げます

 冷やして皿に盛り、生クリームを回しかけて出来上がり

これが基本で 牛蒡の代わりに ほうれん草、そら豆、クレソン、アスパラ

なんでもできちゃいます。

繊維の少ないものは裏ごししなくてもいいし

玉ねぎと長ネギ両方使うとさらに美味しいと思う

玉ねぎ、長ネギは焦がさないようにじっくり弱火でかさが1/3ぐらいになるまで炒めるのがポイントです

じゃがいもはほんの少し、とろみをつけるために入れるものもあります

とろみをつけるには、冷ご飯を使ったり小麦粉を使ったやり方もあります

ニンジンはじゃがいもを入れずに、玉ねぎとニンジンだけで作ります

綺麗な色のにんじんスープになります

Photo

Photo

かぼちゃの冷製スープは かぼちゃだけ

レンジでやわらかくしてから牛乳をヒタヒタにして鍋にかけ

ミキサーでペースト状にして裏ごしし鍋に戻す

再び火にかけ牛乳でのばし塩、胡椒だけ

最後にバター落とす コンソメも使いません

かぼちゃの甘さだけが引き立ちます

バターが入るので冷やすと濃度が増すのでそれを考えてゆるめに仕上げてね

Photo_2

こちらも以前載せた「菜の花のポタージュスープ」

この日は生クリームがなかったので牛乳だけでのばしました

それでも十分美味しい

白い模様は珈琲用のクリームで代用

なので模様がにじんでしまいましたが‥

冬は長ネギと蕪とベーコンで作ると美味しいです

本格的なレシピはいろいろとあると思いますが

私はこんなふうに作ってます

いろいろできますのでアレンジしてみてね (^。^)

_edited1

|

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »