« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

牡蠣のポシェ

_22

先日 生牡蠣をたくさん頂いたので

今日は牡蠣をポシェして温かく頂いた

poché(ポシェ)とはフランス語で茹でるという意味だけど

沸騰直前の80℃ぐらいの湯に静かに入れて熱を通す料理法である

牡蠣はぷりっぷりになってまた違う美味しさを楽しめます

ソースはフランス・ブルターニュ産ボルディエの海草バターをフライパンで焦がし

少しの生クリームに牡蠣の茹で汁で伸ばして出来上がり

塩は海草バターの塩分だけ ゲランドの塩のミネラルがいっぱいなのだ

海草入りバター とは風味豊かな塩の香りのするバター

Photo_3

そのままバゲットに塗っても美味しい

Photo_4

日本での購入先はこちら かなり割高になってしまうが‥

cuoca 自由が丘店

クオカ・ショッピング

目黒区緑が丘2-25-7 ラクール自由が丘「スイーツフォレスト」1F

03-5731-6200

|

ふく

1_2

今年はまだ河豚をたべてないね って思ってたら

両親が連れてってくれました

馴染みの店は子供の頃から通いなれた処で‥

お店のおじちゃんもおばちゃんも 私たちも皆年をとったけれど

顔を合わせばいつも ちびたちゃん という子供に戻ってしまう

皆が皆 身体を気遣う年にきていて そのくったくのない会話で

両親も元気をもらえるようで 私もうれしい

1_2_2

今夜は、全員 お酒が飲めないのに 酒のつまみが並ぶ‥

父だけは嬉しいのか小ビールを頼んで頬を染めていた

昔しいける口だった父も脳梗塞を患ってからはこんな感じだ

でもこうやって元気でいてくれる時間を大切にしたい

1_2_7

さて メインは「ふくちり」 骨付きはゆっくり火を通し しゃぶりつく

刺身でもいける薄い身は しゃぶしゃぶと軽く火を通しいただく

1_2_4

店主からのサービスは河豚の白子

生簀にいっぱい泳いでいてもなかなか取れないんですって

これは鍋に入れて静かに暖め、少し熱が入ったぐらいでいただく

それは もう 絶品で 頬が落ちてしまう。。。

1_2_8

最後はやっぱり雑炊 刻み海苔をかけて ぽん酢を少したらし

はふはふ言っていただいた

お腹いっぱ~い

今年もこれで「ふく」来るかな?

紅ふじ

神奈川県平塚市四之宮2-22-51

0463-21-6121

|

すっきりぃ

朝から痛みがない 眼の圧迫感もシビレ感もない

こんな気分はひさしぶりで 嬉しくなってしまった。

一年以上も前から原因不明だった顔面痛は

どうやら 眼球の奥の脳幹の近くにある海綿静脈洞というところに

小さな小さな腫瘍ができて神経にあたり炎症をおこしているのでは

ということがわかった

(それは生死にかかわるものではなく脳に障害がおこるものでもありません)

プレドニン(ステロイド)を処方されて2週間

はじめはだいぶ痛みがとれたもののすっきりしない日が続いたが

昨日からほとんど痛みもなく 今朝は快調です

小踊りしたくなるほどです

やっぱりステロイドってすごいですね

こんなに効くならもっと早く処方して欲しかったと思うけれど

やはり病巣に効いても身体には良くないものだから慎重になるのかもしれません

球後視神経炎での入院中もステロイドのパルス療法(大量投与)を行い

あの時もすっきり痛みから逃れられ

もう30年も患っていた掌蹠膿疱症(手足に膿疱ができる病気)がピタッと綺麗になったのも驚いたぐらいだ

退院後一ヶ月でそれは元にもどってしまったけれどね

その掌蹠膿疱症も今回のプレドニンで再び綺麗になってきました

朝、三叉神経痛のお薬とプレドニンを飲むとしばらくは吐き気とふらつきで動けない程でしたが

今朝はそれもなくゴミ捨てにもいけました

ほんとにこんなに身体が楽になったのは退院以来

その前はもう数ヶ月も苦しんでいたので とっても嬉しいです

とにかく左顔面に違和感がない この感じ 患ったものしかわからないと思うけれど

すっごく幸せです

今日はお天気もいいしお出かけしたくなっちゃいました

って また はしゃぐとドンデンガエシがくるかもしれないから程ほどにしないとね

プレドニンとこれからどのように付き合っていくのかは次回の診察までわからないけれど

副作用も多いお薬なので 少しづつ量が減らせていければな と願ってます

2

|

ぶり大根

2_2

お友達に教わったお洒落なブリ大根

大根の含め煮を皿に敷き、ブリの照り焼きを乗せたら柚子あんを上からかける

これがすごく美味しいのです

ケビンも大喜び

柚子あんは含め煮の汁に柚子の絞り汁と皮を入れて片栗粉でとろみをつけるだけ

かんたんなのです

この柚子あんに甘辛い照り焼きが溶け込んでやさしいお味になります

菜の花を絡めて頂くのも 美味しい

|

春‥

2_2

無造作にいけたチューリップはおてんば娘のよう

もう春はすぐそこで これから咲くお花たちも楽しみですね

ベランダに出たとたん くしょん!

あぁ 花粉がなければ春はずっと楽しいものになるのにな

|

La Maison du Chocolat

2_7

高級チョコで有名なメゾン・デュ・ショコラはケーキもなかなか美味しいのです

ケビンと買いに行ったときは夕方でほとんどのお菓子が売り切れていた

バレンタインも過ぎたのに店内はけっこう混雑していて

人気の高さを物語っていました

2_8

そんなわけで 一個だけ購入できたショコラのケーキ

パッションフルーツのムースを挟んだ濃厚なショコラのビスキュイ

これだけでは寂しいのでマカロンもお買い上げ

2_9

カフェ、フランボワーズ、?、バニラ、ショコラ、キャラメル

もうひとつのお味がわかりませんでした

なんだろ?

数年前 丸の内店のマカロンはクリームが挟まれてたけれど

今はパリ店と同じチョコレートガナッシュで出来ていた

どれもこれも濃厚なチョコで小さいながらも存在感あります

マカロン というよりもショコラ菓子という感じですがかなり美味しい♪

La Maison du Chocolat

丸の内店 東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル1階

|

フリュイ・ド・メール

2

フランスの冬の風物詩 フリュイ・ド・メール

直訳すると‥ Fruits=果物 de=~の mer=海

海の果物 である ようするに「海の幸」

足の付いた銀板にクラッシュアイスを山盛りにしてその上に旬の海の幸を並べる

生牡蠣に数種類の海老や蟹、巻貝や蛤など種類も豊富だ

北風が吹く頃 パリの街角にはフリュイ・ド・メールを出すビストロが増え

店頭にはボーダーシャツを着た牡蠣の殻剥き職人が並ぶ

フランスでは牡蠣は一年中食べられますが やっぱりこの時期は格別においしいのです

大西洋沿岸の都市ではそれらはもっと旬で氷なんかで山盛りせずに

どかんと皿に盛られたフリュイ・ド・メールを楽しむことができます

日本ではなかなかこのようなフリュイ・ド・メールを出してくれるお店がなくって‥

個人的なお付き合いもしているレストランのシェフに

「食べたいなぁ~」って言ったら用意してくれました

2_2

知ってましたか? フランスの牡蠣は一度ウイルスに犯され全滅して

日本のマガキの稚牡蠣を輸入して救われたことを‥

祖先は同じ牡蠣でも、大西洋沿岸の潮の満干差のある海で育つと

緑色がかった強いヨードの香りのする牡蠣になるから不思議です

さて、今宵は元祖、日本の牡蠣を楽しみましょう

ほらっ 大きくてプリプリ クリーミーで美味しい

軽くレモンを絞っていただくのが一番好き

隣にある蛤はアサリぐらいの大きさに見えますが

違います 立派な大きさの蛤でした

それだけ牡蠣も立派なのです

そして、牡蠣の下には‥

2_3

こちらも大きなアカザエビが‥

フランスではラングスティーヌと呼ばれイタリアではスカンピと呼ばれているもの

銀板の下には甘い帆立貝が‥

2_4

海老と蛤は半生状態に熱が入ってて シェフさすがです

「パリだってこんな立派なフリュイ・ド・メールにお目にかかれないよう」

なんて言っていた友人

ほんと こんなのが東京でいただけるなんて しあわせ

2_5

ムール貝のサフランクリーム蒸しと鴨のコンフィサラダ

暖かいお料理もいただきましたが‥

フリュイ・ド・メールにすっかりノックダウンされてしまい

写真を撮るのを忘れてしまったり‥

2_6

フリュイ・ド・メールにはシャンパーニュか白ワインがぴったり

楽しんだ後は ジュルジュ・ルーミエ ブルゴーニュ・ルージュ 2004年です

お付き合いできないのが残念だったけれど これ美味しいですよ

えっ 私もフリュイ・ド・メール食べたいですって

お声をかけてくださればいつでもお付き合いします

シェフ またお願いね wink

Le petit restaurant épi

渋谷区恵比寿西2-10-6-101号

TEL:03-3780-8687

|

大人のランチ会

自由が丘にある「カフェ・ド・イシス」という創作和食のレストランにて

2

先付、椀物 と春の香りを楽しんだ後 出されたお造りはなんとも斬新な盛り付け

2_2

鮪と白身の魚を乗せた皿には氷が敷き詰めてあり中央には六角形のむらさきの器

ただそれだけなのにアートである

アシンメトリーに置かれた黄色い器や

山葵の葉や軽く茹でてある薇の動きのあるラインはお味にも変化を与えて面白い

2_3

小鰭の下には小さくカットされたカリフラワーを忍ばせ、握り鮨のように盛り上げている

酢味噌と木の芽のソースを絡めていただく

ふきのとうの天ぷらのほろ苦い香りも春を感じるね

22_2

焼き物、揚げ物、和え物等‥ 目にも楽しい一皿

これはなんだろう? と箸が進んでゆき どれも美味しい

だけど 欲を言わせてもらうなら 揚げ物など暖かいものはその温度で頂きたかったかな

こちらはたぶん 特注で作られている和食器で全てのお料理がまとまっていて

シェフのこだわりが感じられるお店である

2_4

熱々でだされた豆乳のグラタン

中には帆立の貝柱ややわらかく煮てある牛肉等が入っていた

今日のお料理で一番気に入った一品 美味しかったです

2_5

香の物と鰻飯がでて お料理はこちらでおしまい

水菓子 ではなくデザートは場所を変えて

2_6

地下のサロンのような空間で アフタヌーンティーのプレートで楽しむ

2_2

今日はお友達のお誕生会をかねて‥

こちらも春いっぱいのブーケ すっごく喜んでいただいて

私たちも幸せな気分になれました

外は雪になるのかな? の冬真っ只中の気温

気持ちは春に囲まれた一日でした

素敵なお店をセッティングしてくれた友人にも 感謝

Café de isis

東京都目黒区自由が丘1-18-11

Tel:03-3725-4213

|

また 出逢っちゃったの‥

3

くりくりが居た雑貨屋さんで こんなかわいい子に出逢ってしまいました

目が合った瞬間 「連れて帰って 」って言っていました。

バレンタインデーのプレゼントに チョコと一緒に渡すことにしましたが

ラップに包まれたままでは可哀想くって だいぶ前に我が家デビューしています

2

名前は「しろ」 先輩の「くりくり」や「ちびくり」ともすぐに仲良しになりました

そして今年のショコラは‥

2_2

La Maison du Chocolat

表参道店 東京都港区北青山 3-10-8

丸の内店 東京都千代田区丸の内 3-4-1 新国際ビル1階

|

祝日は家でのんびりと‥

2

今朝作った鰯のマリネが食べごろです。

2_2

雨が雪に変わりそうな夜

ケビンはこれで一杯、二杯‥ wine

仕上げは刺身丼と浅利の味噌汁

2_4

Photo

|

お昼ごはん

2

仙石原にある SOLO PIZZA こちらもすっかり雪化粧

通りから少し路地を入ったところにあるせいか、駐車場もまだ雪が残っていた

夏はガーデン席もオープンして木陰が気持ちいいんだけどね

寒~い って飛び込んだ店内は 暖炉の火がパチパチと燃えていた

2_2

あのPAPASがやっている釜焼きピッツェリアで

一軒屋風の店内はなかなかおしゃれ

2_3

バーニャカウダ 熱いソースに生野菜を付けて パキポキ頂いた

2_4

そして やっぱり ピッツァはマルゲリータ

もちもちしていて 美味しい

食後は芦ノ湖まで飛ばして 湖畔のサロン・ド・テでゆっくりケーキを頂いた

2_5

2_6

SOLO PIZZA 箱根店

神奈川県足柄下郡箱根町仙石原999

TEL:0460-85-2884

サロン・ド・テ ロザージュ

箱根 芦ノ湖畔 小田急 山のホテル

神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80

TEL:0460-83-6321

|

ほてるらいふ

2_7

朝食を済ませ、私はエステルームへ

直前まで大丈夫かなぁ と不安だったけれど

パンパンに張っていたリンパを流してもらったら

身体がとても楽になった

ケビンは本を読んで過ごしたという

15時のチェックインから12時のチェックアウトまで

ゆったりと過ごせたホテルライフ

プールもジムもないけれど 箱根の自然の中で気持ちをリセットするには

いい~ホテルなのではないでしょうか

新緑や紅葉の季節もまたすばらしいのでしょうが

冬の箱根も 静かでなかなか捨てたものでもないですよ

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

ウイスキーがお好きでしょっ

2

写真撮影:ケビン

しばらくは暖炉のそばでパチパチと燃え上がる火をながめていた

さて、場所をかえて‥

今度はケビンにお付き合い

2_2

ホテルのバーは中庭に面した雰囲気ある空間

ここでもカウンターに座り バーテンダーとの会話を楽しみながら

お目当ての酒を頼む

2_3

写真撮影:ケビン

カチカチカチッ と営業前にバーテンダーがアイスピックひとつで球体に仕上げる氷

この透き通った丸い氷は少しづつ少しづつ溶けるのでお酒が薄まらないのだ

ケビンが「ひさしぶりに飲みたいなぁ」と楽しみにしていたモルトウイスキーは

イギリスはスコットランド西端に浮かぶアイラ島のもの

アイラ島のモルトウイスキーは強烈なビートの香りが特徴で

島の蒸留所は全て海に面しており、海草の臭いを含んだスモーキーな香りが特徴である

今宵 ケビンが選んだのがそんなアイラ・シングルモルトから

3_2

ラガブーリン 16年

アイラモルトの中でも強烈なビート臭とスモーキーな香りが特徴である

こちらをダブルでいただく

隣に座っているだけで香ってくる 煙の香り‥

一口含むとそれは喉にからまりながら鼻腔にぬけていく

2_4

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

鮨 会席

Restaurant_main_03_2

上の写真はホテル公式HPより引用させて頂きました

ホテルのレストランはフレンチと鮨処とある

実はこのホテルに決めた理由にもうひとつ

ゆっくりと冬の鮨会席を楽しみたい というのがあった

箱根は山の上ですが、麓の小田原港であがった新鮮な魚が楽しめるのです

暖簾をくぐり 今夜私たちのために用意された大人の席へ‥

2

カウンター席って大好き!

お鮨屋さんはもちろん 小料理屋も居酒屋も板前さんとおしゃべりしながら頂くお料理は最高だ

そして、お料理のヒントまでいただけてしまう。。。

2_2

先付け

芦ノ湖産公魚と エリンギ、姫筍の唐揚げ

それぞれの食感がたのしい

2_3

お造りは 本鮪中とろ、かんぱち、ぼたん海老

うん 旨い!

伊豆産の山葵が甘くて刺身の味を生かしてます

本当だったらここで旨い日本酒っていきたいとこだ

2_4

焼き物は本たらば蟹の黄金焼き

そして追加料金で白子の天麩羅もいただく

2_5

2_6

ん~ん やっぱり 日本酒だよね

ケビンも私に付き合って今夜は白ワインを楽しんでいる

早くお酒 復活したいな

2_7

お凌ぎ

風呂吹き大根 柚子味噌掛け

これが またやさしいお味でおいしいのです

板前さんは大阪のかたで 関西の御出汁が効いてます

2_9

さて ここから握りが7貫でるとのこと

ネタをお聞きしたら 本鮪大とろ、鯛、子持ち昆布、海胆、金目鯛、小柱、海老

だそうです

ここで私たちは、子持ち昆布を小鰭に変えて頂き

さらに私は金目鯛を本鮪の赤身に、小柱を帆立に変えていただきました

2_10

2_11

2_12

2_13

2_14

2_15

2_16

2_17

そして私たちは〆にもう1貫 大とろを頂き

デザートはリビングの暖炉の席へ移動させていただきました

抹茶のクリームブリュレは小豆と求肥が入ってて

これまた美味しゅうございました

2_18

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

冬の箱根

2

金、土で箱根に行ってきました

まだ体調が完全ではない私の 心身を癒しにとケビンが連れて行ってくれたのです

思えば‥ おととしも術後に箱根の温泉に浸かりに来たっけ‥

そのとき帰りに寄ったホテルがとても感じがよかったので

今回はそのホテルに一泊することにした

雪景色がのこる箱根もなかなかいいね。。。

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

2_2

マウンテンビューのお部屋はじゅうぶんすぎるほど広くて居心地がよかった

白い大文字焼きがきれいです

2_3

写真ではわかりにくいけれど右奥の水色は相模湾です

晴れた日には房総半島まで見えるとか

2_4

暖炉を囲んだリビングルーム

夕方からシャンパンやワインもはいったフリードリンクサーヴィスが始まる

2_5

パチパチと燃える暖炉の火を眺めながら喉を潤していく

私も今夜はちょっとだけ お酒を飲んでみようかな

Photo

ハイアット リージェンシー 箱根 リゾート&スパ

神奈川県足柄下郡箱根町強羅1320番地

宿泊予約:03-3222-1234

フリーダイヤル:0120-123-420

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »