« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009年12月

2000 ゼロ年 最後に‥

2

2009年が終ろうとしています

皆様にとってどんな一年でしたか?

政治の世界も芸能界も荒れたように

私もこの一年いろいろなことがありました

一年って長いですよね

それでも 楽しい時 哀しい時 寂しい時 苦しい時 煮詰まった時

いつも独りではないんだって思えることは大切なことで

どこかのCMで使われたようにバカボンパパの「これでいいのだ」と

自分を勇気付けてまた新しい年に進みたいと思っております

そして‥ 年の最後には大切な人たちに心配をかけてしまい

まさか 私自身2年続けて入院するようなことになるとは思いませんでした

来年はよりいっそう健康管理に気をつけてまだまだ人生を楽しみたいと思います

健康だと「たのしい」 なのだ happy01

皆様も どうぞ良いお年をお迎えくださいね

2_2

|

ホワイトクリスマスが‥

奥志賀高原のロッジ風ホテルで

赤々と燃える暖炉の火を背にあたりながら

シャンパーニュをかたむける

窓の外はホワイトクリスマス‥

の はずだった‥

_edited1

イヴの朝は慌しく

私は病院で4時間も待たされ‥

お買い物をお願いしたケビンは‥

出かけに車のバッテリーが上がってJAFを呼び

やっと出発したら首都高の事故で大渋滞

何故か帰宅時間がピッタリ合って‥

二人で家に着いたのが15時

さぁ しきり直して少し早いけれどイヴの晩餐といたしましょう

52

メゾン・ド・スリジェのお惣菜を並べる‥

2_2

肉厚のスモークサーモンに

2_3

テリーヌは2種類 きのこ と 蟹と帆立

3

フォアグラのポアレは少し温めなおしてバルサミコソースを煮詰めてかける

林檎のソテーと共に‥

2_5

そして クリスマスには我が家はチキンではなく

ローストビーフが並びます

手作りのものはなにもないけれど

賑やかに並んだテーブルを囲んで 二人でメリークリスマス

こんな夜も またいいね (^。^)

3_2

2_6

Maison de Cerisier

渋谷区鉢山町2-2

Tel: 03-6413-1820

|

白から赤へ‥

2

頼んでおいたクリスマスリースが届いた

リビングに飾るリースは季節ごとに衣替えしたいけれど

なかなか気に入ったものに出会えず

春からずっと 白いままだった

2_2

そんなときにお友達でもあるフラワーデザイナーの sharifa-image さんが発表された

今年のクリスマスリース 「トワイライト

ひと目で気に入ってしまいました

2_3

2_5

深紅の薔薇とシルバーグリーンが素敵

大好きな紫陽花も散りばめられてて

落ち着いた大人の ブリザーブドフラワーのリース

ひとつひとつとても丁寧につくられててため息がでてしまいました

クリスマスが過ぎてもこの冬 ずっと飾っておきたい作品です

72

|

この季節には‥

2

クグロフを焼きました

毎年、どなたかにプレゼントしているけれど‥

今年は出来そうもありません

少し 寂しいですね

2_2

たっぷりラム酒に漬け込んだグリーンレーズン

焼きあがりにもラム酒バターを染み込ませ

もう一度焼き上げる

バターと粉糖のコートを着せてできあがり

|

中国緑茶

3

中国緑茶 峡州碧峰

やわらかな苦味の後に甘さがひろがる 上等な茶葉

2

まるごとさつま芋の 芋羊羹と共に‥

2_2

石舟庵

伊東市湯川4-13-1

Tel: 0557-36-2313

|

サクサクかしっとりか‥

2

チーズブレッドが焼きあがりました

今朝の朝食はコールスローと共に‥

2_2

キャベツの千切りにハムとコーン

味の素ピュアセレクトマヨネーズ、クレマトップ(コーヒー用クリーム)と塩、胡椒、レモン汁をちょっと絞って混ぜるだけ

出来立てのサクサク感がすき

ケビンはしっとり浸かった頃が好きだそうです

|

ずっと大切にしていきたいもの‥

2_2

たくさんの励ましやお見舞いの気持ちを

ありがとう

大切な 友達‥

そして 家族‥

わたしはほんとうに しあわせものです‥

いちいち なみだがとまりません

avec reconnaissance (感謝をこめて‥)

|

お誕生日はサプライズ!

12月7日はケビンのお誕生日

ちびたからのサプライズプレゼントは‥

なんとその日に私が入院してしまった事

病名は「球後視神経炎」といって急激に視力が落ちてしまう病気でした

詳しくは「あん ぷてぃ しん bis」に載せました

入院は6日間だけでしたが

ステロイド剤を大量投与するだけで他に何もすることもなく

免疫力が低下するからと面会もできるだけお断りして

部屋からもあまり出ないよう言われ

6日間が一ヶ月ぐらいに感じた入院生活でした

特に最後の夜は雨音を聞きながら 家が恋しかったな

感染症予防のため年内は自宅療養です

12月のイベントは全てキャンセル

食材はパルシステムにお願いして

明日から ゆっくりした生活で年を越えるつもりです

マンションの私の小さな空間から

写真を通して何かを報告できれば素敵かな?

なんて 思ってます

もうしばらく休んだら 元気に外にも飛び出しますからね

待っててね みんな heart04

2

|

SALONE 2007

Salon12

ちょっぴり早いケビンのお誕生会をひらいた

友人夫婦がセッティングしてくれた「サローネ 2007」は

横浜元町と中華街の真ん中にある小さなレストラン

ひと皿ひと皿丁寧につくられたお料理 それに合わせたグラスワイン

味や食感の変化‥香りや余韻の深さを楽しめるレストランです

Salon22

=山形牛サーロインのスピエディーノ(串焼き)=

白トリュフの香り高いマッシュドポテトが最高ランクの山形牛に巻かれてます

ひと口で頂く

スタートからこれはやられちゃいました

Salon32

=ホロホロ鳥のテッリーナ(テリーヌ)=

山葵風味のクレームソースに絡めていただく

とても美味しい‥

小さなキューブはフォアグラのアイス

冷たい食感がとろ~り フォアグラに変る瞬間が面白い

Salon42

=鮮魚のヴァポーレ(蒸し煮)=

お魚好きにはたまらない一品

魚の出汁とハーブのマリアージュもピッタリなやさしい深いお味

ケビン一押しの一品でした

Salon52

=ラヴィオリ ポレンタとタレッジョを詰めて=

ポレンタというとうもろこしの粉をオリーブオイルやバターでペースト状にしたイタリアのソウルフードに

タレッジョというイタリア産ウオッシュタイプのチーズをラヴィオリで包んだ濃厚な一品

アンティチョークのマリネのトッピングが爽やかさをプラス

Salon62

=オマール海老と鴨のクッキアイオ(スプーン)=

鴨のロースト、海老のカダイフ包み、ブルーチーズがひとスプーンに

そのままひと口で召し上がってくださいと

面白い それぞれのお味と食感が見事に時間差攻撃

ちょこんとのせたミントがいい~仕事しています

ちびた一押し もっかい食べたい

Salon72

=バッバアル(パンのおじや)ポルチーニ=

まさに今が旬の生ポルチーニの香り豊かなバッバアル

でも、パンだからけっこうお腹に膨れます

Salon82

=キタッラ コーダ エ スティンコ(牛筋肉)のラグー=

キタッラという手打ちパスタ

キタッラとはギターの意味でギターの弦のように張った針金にパスタ生地を通してカットするのですって

もちっとしたパスタにラグー(煮込み)ソースが絡んでリッチな美味しさ

Salon92

=蝦夷鹿のカプネット(ちりめんキャベツ包みのオーブン焼き)=

イタリア版ロールキャベツとでもいいましょうか

香草入り鹿肉ハンバーグをちりめんキャベツで包んであります

ソースを伺ったのに忘れてしまいました

残念

バルサミコソースと添えてある林檎のコンポートとこのソースが絶妙でした

Salon102

=パネットーネとリコッダチーズのティンバッロ=

イタリアの代表的なクリスマス菓子 パネットーネがこんな風にアレンジされちゃうのね?

面白い

ティンバッロとはタンバリンの意味だそうです

丸いものに詰めて焼くお料理の名前でもあります

リコッタチーズのコクとフランボワーズソースの酸味がいい感じです

これらのお料理は全てイタリア産BIOワインがマリアージュされてきます

お酒がいただけない私は‥(泣) 色と香りだけを楽しませていただきました

Salon112

そして小菓子

今夜はエスプレッソではなく

カモマイルティーにシチリア産オレンジの蜂蜜を落としていただきました

完成度の高いお料理にフレンドリーなスタッフ

イタリアワインの説明も面白かった

こんなレストランが横浜にあったのね

何度も試作を繰り返しスタッフ全員で納得のいくものを作り上げているそうです

次回は 是非 お酒と共に楽しみたいですSalon122

SALONE 2007

横浜市中区山下町 82-3 シタラビル1F

Tel : 045 651 0113

|

好きなものばかり‥

2_9

Ris de veau (リー・ド・ヴォー)

生後1年以内の乳飲み仔牛からしか取れない胸腺肉

それは成長すると共に消えてなくなる部位

なんとも残酷なことを人間様はするものだが

これがことのほか美味しいのである

淡白で弾力がありながらもやわらかく、かすかに乳の香りさえする

ヨーロッパではポピュラーなものですが

私も、この仔牛の胸腺肉が大好物

今夜は旬の茸とバルサミコのソースで頂いた。

2_10

新鮮な生野菜がこんなにいっぱい

いろんな種類が並んでました

バーニャカウダソースで パリッ ポリッ カリッ!

2_5

カプレーゼはやっぱり 水牛ものに限るね‥

ここのフルーツトマトは おまかったぁ。。。

2_6

パスタは大好きなニョッキと‥

2_7

生うにとトマトのクリームソース

どちらも美味しく頂き

この後、お肉料理が2種類でてきたけれど‥

もうもう お話しに夢中になった

大好きなものばかりに囲まれた夜であった。

3

ristorante della collina

渋谷区恵比寿南 2-9-4 AJIMA bldg. 2F

Tel : 03 3714 8855

|

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »