引越し先は‥

くりくりのいた午後 bis 」 ←こちらをクリック!

名前変わってませんけどね (=^_^=)

| | コメント (0)

ありがとう そしてこれからも宜しくね

8月8日(火)

気がつけばこちらのブログは満杯状況

なんと、2.000 MB のディスク容量の96%を超えてしまいました

開設は2009年11月

いろいろありましたねぇ ほんといろいろ (=^_^=)

美味しいお話も 旅のお話も 日々の生活も

そして、悲しいお別れや自身のどうにもならない病など‥

開設した当時はいい事だけを載せるつもりでいたのにね

でも、日々日記を付けていない私にとってこのブログはかけがえのない記録になりました

前身の「あん ぷてぃ しあん」の時はまだブロガーも少なく

世界中で誰が見るかわからないのに 大丈夫なのだろうか という不安もありました

それでもなかなか会えないけれど‥ いつも覗いてくれる友人や

見も知らぬ同じ趣味を持った方々へ今の自分を発信したくて

今日まできたのだと思います。

何度か もう止めてしまおうかな と思った時もあったけれど

やっぱり私にはこの時間はとても大切だな と感じております

そして、2006年の5月からお世話になってるココログさんを卒業して

新しいところへ引越ししました。

まずは夏のヴァカンスから すこしづつUPしていきたいと思ってますので

いつも覗いてくださっている方 これからも宜しくお願いします

新しいところでも コメントお待ちしておりますね

ちびた こと くんくん より‥

| | コメント (4)

3代目

ネスプレッソが壊れました。。。

ずいぶん前からおしりから水漏れがしていたのですが‥

ある日 ボタンを押しても珈琲が淹れられず 音だけして

あらっ ともう一度ボタンを押したら

なんと珈琲2杯分の水がおしりから漏れ出し水浸しに‥

きゃあきゃあ言いながら拭き拭きする

だめだねぇ もう と買い換えることに

11_2

いろいろ調べてヨドバシがいちばん安かった

最近のはカラーパネルが取り替えられるらしく選べるのだ

黒とグリーン か 白と赤

12

で、白と赤にしましたが 赤い方のパネルは使わないかも

なんかちゃっちぃ色になった

お値段も1台目に比べたらぐ~んとお求め安くなったよね

音も少し静かになったようだ

| | コメント (0)

8月になりましたね

8月3日(木)

やっとネイルへ行きました (=^_^=)

54

フットは夏らしくマリン!

きたならしいアンヨですが‥ (=^_^=)

52

右の親指がヒトデと巻貝

左が二枚貝とタツノオトシゴです。

53

小さなストーンと 中指には貝のスタッズ

小さすぎてわからないね (=^_^=)

1

ハンドはこの夏フレンチと決めているので

5

ところどころにストーンを乗せて

43

これ2年前にやったデザインで 写真もその時のもの

部屋、散らかってますね (=^_^=)

| | コメント (0)

横浜へ帰ります。

7月30日(日)

早めに仙台の家を出て、お昼は駅ビル内の「すし哲」さんへ

ここんとこ寄ってなかったので久しぶり

って 見たら2年半ぶりだった (=^_^=)

そんなに来てなかったっけ‥

64

それでも大将に「お久しぶりですねぇ」と言われ ちょっとうれしかった (=^_^=)

お昼時なので混んでます

まずは「お疲れ様」の乾杯で‥

71

がぜ雲丹 塩釜産

いやぁ 昨日のお魚屋さんのと比べちゃうと ぷりぷっりですねぇ (=^_^=)

甘くて 美味しい~

いつもはお造り‥と続きますが

今日は時間もなくお腹も空いていたので握り 行きます。

ぼたん海老も美味しそうだけど 今日は車えびに‥

茹でてあるのも美味しいのです。

82

鯵に鰯‥

いくら しんこ

81

ヒラメは身とエンガワと‥

ふわぁふわぁ~

710

本鮪 大とろ 中とろ 赤身

煮たこ いか

83

再び大トロ に 中トロの巻物 これも2本いっちゃいました

712

最後は 北海道産のばふん雲丹

地元のがぜ雲丹も甘くて美味しかったけど

このこんもり軍艦巻きも最高でした

715

最後に桃のシャーベットを頂き

ご馳走様でした

最近、ひと仕事された江戸前寿司にハマってましたが

すし哲さんの新鮮ネタも美味しい

特に鮪は最高です。

前回の訪問は こちら

51

そして、今回も kazunori ikedaでケーキを買って新幹線で食べました。

52

510

お腹いっぱい (=´▽`)ゞ

| | コメント (0)

仙台へ行ってきました。

7月29日(土)

11

一週間遅れてケビンと仙台の実家へ帰りました。

母は木曜日に無事退院し

その時にケビンの入院話を聞いたらしく すっごく心配されて電話がありました

母の体調も心配でしたが元気になったケビンを見てもらいたく

「こなくていいから」と言われましたが行ってまいりました。

母の体調は順調ですが 気持ちの病 というのですか?

年齢的にも気弱になってまして少し困ったちゃんでした

お父さんも、お兄さん夫婦もよくやってくださってて頭が下がります

そして、父がまたひと回り小さくなってしまったのも気がかりではあります。

それでもせっかく私たちが来てくれたからと 喜んでいただき

夕飯はにぎやかになりました。

夕方、お兄さん夫婦と馴染みの魚屋さんへお買い物に‥

23

お魚安いです。

25

22

お兄さん夫婦とケビンが買い物している間 写真撮りまくってしまいました (=^_^=)

24

26

そして天然物のホヤ

21

こんなに立派です。

これは東京ではお目にかかれないですね

それも¥180-ですよ (^。^)

31

家に戻ってさっそくお姉さんがホヤを切ってくれました

最初に包丁を入れると ぴゅ~っ と勢いよく水が飛びでるので要注意です

32

中身をぐりぐりと取り出して‥

34

ほら こんなに立派

お姉さんも「やっぱり天然物は違うわ スーパーで買うのとは‥」って言ってました

へぇ~ そーなんだ

私は毎回 お姉さんにまかせっきりで子供のように眺めてます (=^_^=)

35

食べれないワタ等をとり除き

「これ小さいのはフンなのよ」とか教えてくれます (=^_^=)

36

ほら こんなに綺麗に盛り付けてくれました

これが美味しいんだなぁ。。。 (=^_^=)

病み付きになりますよ

41

今回は雲丹と‥

42

鮪を買いました。

44

こうやって皆で食卓を囲むことが両親を安心させられ私達も幸せを感じる時間なのです

ケビンも倒れてから初めてのお酒でしたが

まったく問題なくワインを飲み干し お母さんも少し安心されたかな (=^_^=)

まだまだ考えていかなれればいけない問題もありますが

個々にそれぞれの今をキチンと生き 支えあう事が大事なのだと改めて思いました。

| | コメント (0)

ケビン入院する。

また長いです。

7月22日(土)

仙台の母が入院したので、少し遅れてお見舞いにと仙台へ向かった

横浜駅行きのバスの中でケビンが

「めまいがする 気持ちわるい」と ぽつりと言う

はっ? 昨日飲み会で飲んで帰ってきたから二日酔いでしょ

と大して気にもずにいた

バスが横浜駅に着いたらふらふらと降りてきて「トイレ」というので地下街へ

あ~ これはまた新幹線乗り遅れるなぁ まっいいか ゆっくり行けば‥

と待っていたら青白い顔で出てきて 一言 「行けない」

はぁ~ そんなに気分悪いの 吐いたの?

「病院いこうか?」と聞くと 「大丈夫」と‥

じゃ 家に帰るか とタクシー乗り場へ向かったけど 「乗れない」と。。。

あらららら~ どうしましょう

10時前だけどすでに気温30℃は超えているだろうし

とりあえず地下街のトイレの前の椅子に休ませて私は新幹線の切符の変更に走った

熱中症かなあ 飲んで帰ってきてたいして水も飲まないで寝たのだろう

切符の変更に並んでてもひとりにしてきちゃった事に後悔する

もしかして意識なくして倒れてたらどうしょう

まぁ 周りに人もいるから大丈夫かなぁ

運ばれたら携帯に電話すれば誰かが出るだろう なんて思いながら走って戻る

どこから出したのかゲロ袋持ってぐったりと椅子に座ってた

何度もトイレに行っては激しい嘔吐してたらしい

後で聞いたけどこの時回転性眩暈もひどかったとか

これは普通ではないと救急病院へ電話してタクシーで向かった

タクシーの中でもビニール袋離せなかった

で、ER(救急救命センター)で診察してもらう

たぶん点滴するから長くなるだろうなぁ。。。 と覚悟してテレビも本もない待合室で3時間

あぁ いつもと反対の立場だわぁ

やっとナースに呼ばれて内科医から説明を聞く

脱水症状はありましたが眩暈を抑える点滴をしても効かないので他に原因があるのかも

頭のCTを撮りましたが脳には異常がなかった とのこと

「今ちょうど神経の先生がみえてるから診てもらいますね」と数分待つと

現れた神経の先生というのが脳神経内科の私の主治医だった

先生とお互い 顔を見合わせて「あっ」と二人同時に驚く

なんだか知っている先生で安心する

けっこう 私心細かったんだ

だって こんなケビンみたの初めてだったから

「私の夫です」と変な紹介をして 先生の診察が始まって

ん~ これは前庭神経炎だな と簡単に病名をつけてくれた

「脳に小さな梗塞があるかもしれないからMRIも撮りましょう」と経過観察も兼ねて入院することになった

まぁ あの状態で家に連れて帰っても不安なので入院させてもらってよかったけれど

それからが忙しく

仙台行きの荷物を持ってタクシーで家に帰り、私の入院グッズを持って再び病院へ

なんだかんだ手続きして足りないものを買いに夕方横浜へ出たら

朝からパン一枚しか食べてなかったことに気づきもう家までもたないと外食する

こんなにお腹減ってたんだ ってがっついた(=^_^=)

疲れた。。。 マッサージいこ

仙台のお父さんやお兄さん達からメールの嵐

すいません お見舞いへ行く予定が余計な心配をかけてしまって‥

たぶん週明けには退院できると思います。。。

この日は疲れているのになかなか寝付けなかった

7月23日(日)

朝、ケビンからラインが

「MRI異常ありませんでした 今日の午後退院します」

えっ 今日?

明日じゃないの?

あわてて洗濯物干してから病院へ

まだ眩暈も嘔吐も少しあるみたいだけど眼振が収まったから退院になったとか。

病名はやはり「前庭神経炎」だそうです

前庭神経炎とは、耳の奥にある平衡感覚をつかさどっている神経で

風邪などのウイルス感染によって炎症を起こし平衡感覚に障害が起こる病気だそうです。

私のメニエールとは症状は似てるけど原因がまったく違うのね

ひどい眩暈は2~3日で治まっても一ヶ月程はふらつくらしいので今は安静にさせたい

思えば、ドイツ出張の帰りの飛行機で耳がおかしくなり風邪の症状も‥

すぐに耳鼻科へ行ったけど「経過観察」と言われ鼻炎の薬をもらってきた

それから調子が悪かったらしい

また飛行機でへんなウイルスもらってきたか (=^_^=)

月曜日は食欲もなくぐったり寝ていましたが火曜日にはだいぶ元気になり

明日の水曜日には仕事へ行くと言っています

もう少し休んでいてほしいけど そうもいかないようです

で、仕事に行って大丈夫だったら今週末改めて仙台へ行きます。

母は明後日の木曜日退院が決まりましたが

いろいろ話し合わなければいけない事もあり課題は多いかな (=^_^=) 

こんなんでヴァカンスにいけるのだろうか。。。

またしてもすったもんだ劇場でした

| | コメント (3)

2017 夏 南仏の旅

長いです。。。

なんだかんだでここ毎年ひとりでフランスへ行っていますが‥

ケビンとの旅行は3年ぶり

前回の旅はプロヴァンス地方のリュベロンとコート・ダジュールと欲張ってしまった

それはそれで楽しかったけれど

ケビンは もう遠くていやだ ったそうだ (=´▽`)ゞ

なので今回はケビンの好きそうな海の見えるテラスでゆっくりの旅にしようと

一年前から計画を練ってホテルを探しまくりました

コート・ダジュールのニースを基点に前回行ってよかったヴィルフランシュ・シュル・メールからサン・ジャン・カップ・フェラやボーリュー・シュル・メールあたりが素敵なんだけど‥

だけどこのあたりはそもそも余り宿泊施設がなくて

超高級ホテル(一度は泊まってみたいけど)と個人の別荘が立ち並ぶだけで手ごろな物がない

ではニースより西 カンヌも高いだろうからマルセイユ方面へ行ってみようと探したら

ちょうどサントロペとイエールの間あたりにいいホテルを見つけたのです。

希望のテラス付きのお部屋からは海が一望

ここでデッキチェアーに座ってケビンはシャンパーニュ飲んでればきっとご機嫌だろう。。

大きなプールに砂浜もある 海沿いのホテル

レストランはみっつ その代わり周りには何もない

ここだ! とケビンの確認も取って予約したのが7ヶ月前

その他にもマルセイユの近郊の漁村に1泊

超ひさしぶりに二人でパリも周りたいね ってパリのホテルも予約した

一ヶ月を切って 本腰入れて計画を見直そうと思ってホテルのサイトを覗いたら

その海辺のホテルがですね

あれっ なんか雰囲気が違うぞ たしか もっと南仏風のインテリアだったと思ったけど‥

おかしいなぁ~ といろいろなサイトからホテルの写真を比べてみる

そしたら そしたらですね~ 今年の3月に大改装したらしく雰囲気がガラッと変わっているではないですか

え~~~~っ やだぁ こんなポップな感じのデザイン

私達にしてみれば決して安くない いや頑張って出そうと決めた価格のホテルだったのに。。。

で、 ケビンに相談してみる

彼もかつて納得したはずなのに

「ここ まわりに何もないじゃん」って え~~~~ だってあなたがホテルでゆっくりしたいからと思って

すんごく探したのに

そもそもコート・ダジュールはホテル代が高い

リュベロンの1・5倍は高いかな?

高級ホテルかモーテルみたいなのか差が激しい

都市部だったら寝るだけなので簡素な宿でも私は一向にかまわないが‥

リゾートしに行くんだもんね

やっぱり少しは頑張ってでも気に入ったホテルに泊まりたいじゃん

とにかくケビンがゆっくり出来るシチュエーション! で、このホテルに決めたのに‥

「どうする?」 と私

「別に海沿いじゃなくてもいいよ」とケビン

もう一ヶ月切ってるのにホテル探しする私。。。

と、ホテルサイトを開いてみると けっこうまだ空いているもんだ

サントロペ (Saint-Tropez)  

ここも高級リゾート地で有名ですが はじめ30km離れたホテルから一日遊びに来るぐらいの気持ちでいたのですが

調べてみるとサントロペってけっこう面白そう

ホテルでゆっくりの旅ではなく ここに宿をとってサントロペで遊ぶのもいいかも

そんなこんなでやっと好みのプチホテルを見つけ予約を取り直しました

プチホテルといってもお値段は前回よりもUP

土地代かしらね (=^_^=)

11

前回予約したホテルのお部屋 なんかベッドヘッドがいやだぁ

Hôtel **** Le Bailli de Suffren

大きなプールもあってエステサロンもあって ここはここでリゾートするには最高だとも思いますが‥

21

予約取り直したサントロペのホテル

私好みそうでしょ (=^_^=)

ここが空いていたのはサントロペの旧市街から2、5km程離れているからだろう

その代わり高台だから海が見える テラスはないけどね(゜∇^*)

そーゆーわけで今年のヴァカンスはサントロペです!

すったもんだの末 今のところ思ったような旅になりそうです

帰国後 泊まったホテルの詳細載せますね。

| | コメント (0)

鎌倉La Vie

7月15日(土)

一週間遅れの入籍記念日祝

11

今年は鎌倉の「La Vie」へ

12

他のお客様がみえる前に写真撮らせていただく‥

素敵な店内

椅子がとても好みでした。

13

元、レストランひらまつ ラ・レゼルヴのグランシェフだった池田さんのお店

彼の前妻が私達の結婚式のコーディネーターでした。

今は新しい奥様とこの鎌倉の地でレストランを始めて一年たったそうです。

14

夜はスーシェフのオーストラリア人のルパートが厨房に入って

池田さんはホールを取り締まっております。

17

今夜は池田さんのスペシャリテのコース La Vie を‥

22

アミューズ・ブーシュ

甘唐辛子の冷製スープ ピーマンの葉

ほんのり苦味があって 甘さがあって 珍しいスープ

美味しいです (^。^)

23

パンも美味しい (^。^)

24

池田シェフ スペシャリテのひとつ

オマール海老のカクテル

下から みかん 茄子のソテー オマール海老 アボカド ビーツ等のムースリースを重ねて

オリーブオイルの泡で仕上げる

この泡が美味しい

ビーツの甘さと重ねて アボガドも‥ 

と一段づつ味見しながら、最後は全部一緒に混ぜて口に運ぶ

美味しい~ オマールもゴロッと入ってるし

茄子のソテーされたペーストも最後にくる柑橘系の酸味も全て計算されてて

見た目も美しい一品 これは召し上がる価値大ですぞ (^。^)

25

もうひとつのスペシャリテは

フォワグラのソテー じゃがいもの軽い泡

このアワアワも美味しい~

26

泡の下には カリッとポワレされたフォワグラが‥

27

そして、ゴロゴロ出てくるお野菜も 食感楽しく お味も濃く

とても楽しめました

31

イラのポワレ イカスミのソース

横須賀市長井漁港に水揚げされたお魚です。

珍しいお野菜もたくさん添えられてて楽しいです

32

黒毛和牛もも肉のロースト 赤ワインソース

こちらにも美味しいお野菜がたくさん

どれもキチンと美味しかった

33

そして、フロマージュ

私は白カビのものを ケビンはコンテをいただきました。

34

白桃のコンポート ヴェルヴェーヌのジュレ

ヴェルヴェーヌはハーブの一種 レモンバーベナのこと

気持ちをリラックスさせたり胃腸の調子を整える効果があります

とてもさっぱりいただけるのですが

いやぁ ここまででけっこうお腹いっぱいに

とっても美味しい桃なのに 1/3でリタイア

残りはケビンが食べてくれました

そして、エスプレッソを頂き

池田さんと懐かしいお話をして

夜の鎌倉の街を少しだけ歩いて帰りました。

35

マダムは夜はお子様がいるからお店にはでられないそう

次回は女友達とランチに来てみたいな

一の鳥居の横道を入った静寂な住宅街

とても丁寧に作られたお料理

お勧めの一軒です。

La Vie

| | コメント (2)

出ました。

21

昨夜 なんとネズミがベランダに出没(早すぎて写真撮れず)

ケビンが「あっ ネズミ!」ってわめいて

うそっ 猫じゃないのぉ と思っていたら

また動いた 黒くて大きいのが

ほんとだ ネズミだ

なんでぇ こんなとこに出るの やだやだ

でも、ネズミは夜行性だから昼間の こんなカンカン照りのベランダにはいないだろうと

洗濯物を干そうと出たら‥

31

え~っ ヘビぃ~~~~

見つけた時は顔も出てて 長い舌をペロペロ出していた

スマホ取って戻ったら さっとデッキの下に入っていった

うそぉ~

これをフェイスブックにあげたら なんと反響の多かったこと (=^_^=)

そりゃそーだよね

ベランダにねずみとヘビ。。。

どっちが食われるんだ

ちなみにネズミはこんなヘビさんではとうてい飲み込めないほど 巨大化しておりました。

もう怖くて洗濯物干せないよ~

ケビンは干支シリーズだと言ってます

次はトラがくるんだ とか …。(^.^;)

| | コメント (0)

«Quatorze Juillet 7月14日 パリ祭